【歯科】セミナーに参加してもらった内容を現場で活かすには?|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 【歯科】セミナーに参加してもらった内容を現場で活かすには?

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 【歯科】セミナーに参加してもらった内容を現場で活かすには?

    2010年08月05日23:15
    カテゴリー:歯科医院経営

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    今日は弊社大阪事務所 で「医療スタッフ勉強会」という4回連続勉強会の

    最終回でした。

    医療スタッフ勉強会という名のとおり、歯科、医科の現場スタッフの方々の

    その中でも特にリーダー育成を目的とした勉強会です。

    今日のテーマは「クレーム対応」という内容でした。

    このような勉強会を行うと感じることがあるのですが、参加いただくスタッフさんは

    みな真面目で、真剣に仕事に取り組もう、取り組みたいという方が多いのです。

    もちろん、参加することで新たな知識を得ることも目的なのですが、普段と違った

    環境の中で勉強する、あるいは他院のスタッフとの交流を通じてモチベーションが

    向上するということも大きな目的のひとつでしょう。

    問題はこのような勉強会に参加してもらった後、自院に戻り、日々の診療の中で

    そのモチベーションを保ち続けられるような院長との信頼関係を


    築けているかということが重要になります。

    大事なのが院長との関係性です。

    いくらやる気になって帰ってきても、関係性が悪ければ、


    その研修の効果は発揮できないでしょう。


    では、どのようにすれば、よい関係が築けるのか。

    それは、「スタッフが何を考えているかを院長が知ること」に尽きます。

    何を考えて仕事しているのか、医院に対して何をどう考えているのか、

    これを知ることです。

    知っていれば、院長はどのような対処方法も取れるのです。

    例えば、「最近、患者の待ち時間が長くなる傾向にあり、

    受付で文句を言われるケースが増えているため、何とかしたい」

    ということがそのスタッフさんの課題認識だということがわかっていれば、

    それについて一緒に解決策を考えようという対策が取れます。

    これがよい関係性を築く第一歩です。

    この積み重ねが強い信頼関係を作り出します。

    また、この信頼関係を築くためには、労働環境も大切です。

    労働環境の一つとして、雇用条件や、規則が明確になっているか、

    ということも重要です。

    それは、特別優遇された雇用条件である必要はないと思います。

    雇用条件を採用時に明確に伝えておくことが、

    安心して働ける環境作りにつながるのです。

    なぜ、このようなことを言うのかと申しますと口頭で伝えられた雇用条件

    であるばかりに、モチベーションを落とした能力の高いスタッフさんを

    私は多く見てきたからです。

     

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから