歯科医院での5Sの基礎|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 歯科医院での5Sの基礎

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 歯科医院での5Sの基礎

    2009年01月14日19:54
    カテゴリー:スタッフ採用・育成ノウハウ

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    コンサルティングの中で、よく言われることがあるのですが、それは

    「スタッフが掃除を丁寧にしてくれないのです。何度言っても」

    ということがあります。

    私の感覚ですと、何度言っても思い通りに、掃除を丁寧にしてくれないというのは、

    「丁寧に」という掃除のレベルがどのレベルかが、理解してもらえていない場合があります。

    人それぞれ、生まれ育った環境が違うため、こちらが期待している通りでないということが多いようです。

    従って、「丁寧に掃除をする」というレベルを知ってもらうために、院長自ら、一緒に掃除をして理解してもらうことが良いと思います。

    隅のほうはどのレベルでするのか、棚の部分まで掃除をするのかどうか等々。

    しかし、これでは十分とはいえません。一時的にはしてもらえるようになりますが、

    「なぜ掃除をするのか」という目的が理解されていないかもしれないからです。

    「それは、きれいに医院を保つことが当然のことではないですか?」と言われる院長先生もいらっしゃいますが、

    それでは掃除を継続的に求めるレベルでやっていただくことは難しいと思います。

    例えば、トイレをきれいにしてほしいならば、以下のような掃除をする目的の3点がスタッフさんに理解されているかが、ポイントです。

    ・自分一人が使用するのではなく、メンバー全員が使うものなので、本来であれば率先して気づいたらきれいにしないといけない。自分のためではなく、周りの人に気持ちよく使ってもらおう。自分ひとりのトイレではない。(共有物の観点)

    ・汚れがたまってから掃除すると取れなくなるかもしれないが、まめにすることで、きれいに保てる。(効率性の観点)

    ・患者からみえる部分だけでなく、自分達が使用する部分に関してもクリンリリネスができていなければ、本当に自慢できる医院にはなれない。仮に新人スタッフが入ったり、面接者が借りた場合、がっかりするかもしれない。(医院クレドの観点)

    真の目的を理解してもらえることで、初めて、継続的に掃除をしてもらえるようになると思います。


    よろしくお願いします。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記

    アドレスまでお願いいたします。

    matsutani@funaisoken.co.jp

     

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから