セミナーで学んだことを活かす方法|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > セミナーで学んだことを活かす方法

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • セミナーで学んだことを活かす方法

    2010年07月10日21:43
    カテゴリー:優れた院長の思考

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    今日は船井総研の大阪事務所でチームミーティングをしていました。

    よくご相談いただく内容として、院長がセミナーに参加した内容を

    実際に医院で活かすことが難しいということがあります。

    確かに、院長一人で技術セミナーに参加した場合、取り入れようとしても

    スタッフさんはわからないので、まずその部分でハードルができます。

    解決にするにはこのようなステップが有効です。

    1、まず院長がミーティングで学んできた内容を皆の前で発表し

    何を取り入れたいかを話す。

    2.具体的に、医院に落とし込むにはどうすればよいかを話し、

    スタッフにできるかどうかを確認する

    3.実際に診療で必要となる、患者に説明する資料、流れ、などを

    作成する担当者をひとり指名して決める。

    4.そのスタッフさんに次のミーティングやそれまでに皆に説明してもらう。

    このようなステップで考えれば、より医院に落とし込みやすくなります。

    明日は、弊社の東京事務所で3ヶ月に1回の定例勉強会

    「歯科医院業績アップ実践倶楽部」の例会を行います。

    ご参加される先生方よろしくお願いいたします。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから