成功する歯科院長のマインド|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 成功する歯科院長のマインド

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 成功する歯科院長のマインド

    2008年06月20日09:21
    カテゴリー:優れた院長の思考

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    こんばんは。

    株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    私は大学を卒業後、すぐに今の会社船井総研に入社し、歯科関係の仕事に携わるようになり、6年くらいになる。

    会社、仕事では様々なことを学ばしてもらったがその中でも特に重要で、良かったと思うことがある。

    それは、「プラス発想」で仕事をする、ということだった。

    (ちなみに船井総研では成功の3条件というものがありまして、素直、プラス発想、勉強好き、この3つをそろえることが成功への近道だとルール化している)

    これについては仕事の中で徹底して仕込まれたように思う。

    プラス発想とは具体的に言うとこういうことだ。

    例えば、朝、家から仕事に出るとき、持っていたかばんの取っ手が取れてこわれたとしましょう。

    このときにどう思うか、がプラス発想かどうかを試される場面である。

    普通であれば、「急いでいるときについていない」「そろそろ寿命かな」などと考えるかもしれません。

    プラス発想の考え方で言うと、「あ、外で、仕事で持ち歩いているときに壊れなくて良かった。自分はついている」

    という考え方が出来るかどうか、これがプラス発想の考え方だ。

    私は、会社に入る前は、どちらかというとマイナス発想の癖があったが、

    会社に入って、あるいは優れた院長、経営者様と仕事をさせていただき、随分プラス発想になった。

    これは、人生にとってもプラスだったと思う。

    歯科医院の現場に置き換えて考えて見ましょう。

    ×「スタッフがなかなか仕事を覚えず、同じ間違いをする」

    ○「教育のシステム化をするチャンスだ」


    ×「自費率が5%しかない」×「自院の診療エリアは自費の出ない地域だ」

    ○「今後十分延びる余地がある」


    ×「あのスタッフはどうも自分とタイプ的にあわないような気がする」

    ○「あのスタッフは、自分と違うタイプだ。自分のスタッフに対する対応力を広げるチャンスだ」


    ×「講習会や診療に忙しくて、何もする時間がない」

    ○「効率的に仕事が出来るよう自分の能力を伸ばすことができる」

    このように発想を持てるかどうかが、上手くいくかどうかの最初の分岐点である。

    顧問先の院長先生は皆様プラス発想になっておられる方が多い。

    既にこの時点で大方上手くいっているのだと思う。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    経営のご相談ご質問、、コンサルティングの質問等ありましたらmatsutani@funaisoken.co.jp

    ㈱船井総合研究所 メディカルグループ 松谷直樹あてまでお願いいたします。

     

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから