人件費バランスの悪い歯科医院が考えるべきこと|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 人件費バランスの悪い歯科医院が考えるべきこと

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 人件費バランスの悪い歯科医院が考えるべきこと

    2011年10月15日09:05
    カテゴリー:歯科医院経営の考え方

    みなさん、おはようございます。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

    今日は、福岡県の医療機関様のご支援です。

    今日は、おそらく、インフルエンザ対策で患者様が多くきている現状があるので、

    オペレーション改善が支援テーマでしょう。

    歯科では、オペレーション改善をテーマにしているところは、多くはないですが、

    最近、売上と人件費のバランスが悪い医院にはよく出会います。

    昨日の熊本県の歯科医院さんもそうでした。

    人件費バランスの悪い歯科医院の特徴は明確です。

    パートさんを中心(5割以上)に運営している医院です。

    パートさん中心ですと、午後夕方以降の時間帯が手薄になったり、土曜日に人が足りなかったりして、結局、また人を入れなくてはならなかったりしてしまいます。

    とても悪循環。。。

    お知り合いの歯科医院さんは、

    午前中だけをパートでまかない、午後は全て正社員にするなど、工夫している医院があります。

    これですと、人件費は高くなりませんね。

    どちらにしても、

    人件費が高いからといって、すぐに辞めさせるわけにはいきませんから、

    売上を上げて収益性を高める

    もしくは

    付加価値を付けて収益性を高める

    ことをはじめに考えてください。

    受付スタッフに、在庫発注管理をしてもらったり、カウンセリングをしてもらったり、

    生産性を高めていかなくてはなりません。

    一度、人件費バランスの悪い歯科医院さんは、業務の棚卸しをしてみてください。

    必ず、業務の無駄があるはずです。

    頑張ってください!!

    応援しております!!

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから