伸びている院長の共通ルールとは|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 伸びている院長の共通ルールとは

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 伸びている院長の共通ルールとは

    2010年07月07日21:07
    カテゴリー:優れた院長の思考

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    毎日、色々な先生からメール等を通じて連絡を頂くことが多いのですが、

    伸びている院長には共通項があると感じます。

    それは、院長の課題発見力です。

    伸びている院長はこういう質問の仕方をしてこられる。

    「ウチの医院は現状が○○で、私としては○○が課題と思うんだが、


    松谷さんはどう思われますか?」


    「ウチの医院はこういうところが課題で、


    今後こうしていきたいと思っているんですが、どうしたらできますか?」


    「現状、こういう数値データが出ているのですが、


    私はこう思うんですが、他の同規模医院と比較して、どう思われますか?」

    とピンポイントで質問をしてこられます。

    自分なりの答えを持っておられて、

    その答えとの差を確認されようとしているようです。

    正しい、間違っているではなく、自分なりの課題発見と解決方法を

    考えるという点がポイントのように感じます。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから