例えばスタッフとの関係改善をする方法|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 例えばスタッフとの関係改善をする方法

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 例えばスタッフとの関係改善をする方法

    2010年01月03日21:12
    カテゴリー:松谷読了本

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    お正月に読んだ本をご紹介します。

    「ホ・オポノポノ」という言葉をご存知でしょうか。

    ハワイに昔から存在する問題解決技法だそうです。

    具体的には、問題点に対して、「ごめんなさい」「許してください」「ありがとう」「愛しています」というコトバを心の中で話すことで問題が解決するそう。

    例えば、「スタッフが思い通りに仕事をしてくれない」という場合、それは院長の潜在意識の中の過去の記憶が再生されているのが原因だというそうです。例えば、過去にした様々な経験など。

    解決法としては自分自身に対して「自分の潜在意識の中のどの情報に原因があってスタッフが思ったとおりに動かないのだろうか」ということを問いかけてみる。

    そして、その情報に対して、上記の4つのキーワードを、「ごめんなさい」「許してください」「ありがとう」「愛しています」話すことで、問題が解決する方向に向かう、というものでした。

    私なりに解釈しますと、自分の中に問題を起こしている要因があり、自分自身を改善することでしか、解決をすることができないというように捉えました。

    一般的なビジネス書に書いてある内容と異なる部分もありますが、有益な部分も多く、興味深く読ませていただきました。

    豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換/イハレアカラ・ヒューレン
    ¥1,500
    Amazon.co.jp
    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから