”働きがい”ある職場は、幸せがやってくるその1/7|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > ”働きがい”ある職場は、幸せがやってくるその1/7

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • ”働きがい”ある職場は、幸せがやってくるその1/7

    2011年08月16日13:34
    カテゴリー:働きがい特集

    みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

    働きがい日本一を目指す歯科医院幸せ組織経営^DVDを発売しましたので、

    その内容にちなんで、”働きがい”ある職場が、なぜ幸せ組織経営ができているのか、

    7連続シリーズでお伝えしていきます。

    幸せその1


    院長先生が1人でも多くの患者様を診ることができる



    私は、コンサルティングでマネジメントを中心軸においていますが、

    よくマネジメントの意味を誤解されます。


    マネジメントとは、スタッフモチベーションを高めるものだと。。。


    全くちがいます。


    そして、歯科医院におけるマネジメントの最終系は、”働きがいある職場”です。


    よって、”働きがい”の意味は、モチベーションの高いスタッフがいる職場ではありません。


    では、何でしょう。


    人によっても、定義は異なるでしょうが、

    私は、”働きがい”とは、”収益性が高い職場”であると定義づけています。


    ”働きがい”があると、幸せがやってきます。


    まず、幸せその1


    院長先生が1人でも多くの患者様を診察することができるようになるわけです。


    私は、ドクターには、ドクターとして専念していただくことを1番望みます。


    しかし、現実問題、院長であったり、ドクターが、ドクターでなくてもよい仕事をしているケースが多々あります。


    ”働きがい”がある職場を作るためには、自分の業務領域を、明確にしていかなくてはなりません。


    つまり、ドクターがドクター以外でできる業務を、ドクターでない人がどれだけドクターから仕事を奪うことができるか


    これがポイントです。


    しっかりと、実現すると、


    院長先生やドクターに新たな時間ができ、診療の器が広がり、1人でも多くの患者様を診ることができるようになります。


    売上があがり、収益性につながりますね。


    次回は、



    幸せその2:歯科衛生士が1人でも多くの患者様を施術することができる


    について、詳しく触れていきましょう。


    では、頑張ってください!!

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから