先を読む院長|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 先を読む院長

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 先を読む院長

    2010年01月02日23:38
    カテゴリー:優れた院長の思考

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    顧問先のある医院は、開業10年程度で、毎年患者数が増え続けていたそうです。

    チェア3台に対し、月間平均レセプト枚数が500枚、と明らかに多かったようです。

    (弊社の提案している適切なレセプト枚数80枚~100枚)

    そこで考えておられたのが、患者数は減らしても良いので、自費診療へのシフトを図ること。

    自分の体力の低下と歯科業界の時流を考えると、そのような方向に考えた方がよいと判断されたそうだ。

    それを考えられたのが、今から7年ほど前。

    実際現在は、患者数は減らしつつも、カウンセリングする時間を意図的に増やし、自費率が数倍に増え、トータルで利益率は高くなり、理想の診療に近づいています。

    先生がおっしゃるに「昔から自分なりに業界の方向性がどうなるかを考えるようにしています」ということでした。

    常に自分なりに業界の方向性を考え、医院の方向性を定めている院長は成功する確率が高いように思います。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから