歯科医院の面接で必ずしていただきたい質問|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 歯科医院の面接で必ずしていただきたい質問

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 歯科医院の面接で必ずしていただきたい質問

    2010年09月08日20:50
    カテゴリー:ブログ

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    皆さん、こんにちは。

    船井総研 メディカルグループ 医療コンサルタントの戸澤良親です。

    昨日、東京のクライアント様で分院長が開業するので分院長探しで、ドクター面接を3名しました。

    私は、ドクターではなくても、歯科衛生士、歯科助手を面接するとき、一番重要視することは

    「歯科医院で勤めたいではなく、○○歯科医院で勤めたいかどうか」です。

    ドクターや歯科衛生士は、採用が困難ですので、ある程度妥協する部分も出てきますが、

    歯科助手に関しては、圧迫面接をすることが多いです。

    応募動機として、

    「歯科医院で勤めたい」という意思しか伝わってこない場合は、見送ります。

    「○○歯科医院の考え方に共感し、○○歯科医院で勤めたい」という人を採用します。

    そのような方は、私の経験上、帰属意識が高く、一生懸命努力をします。

    では、そのような考え方の人を募集で集めるためには、どうすればよいか?

    ホームページでしっかりと考え方、コンセプトを打ち出すことです。

    つまり、共感できるだけの情報を公開しているかどうかです。

    「○○歯科医院で勤めたい」という考え方の募集者が少ない理由は、

    情報がないからです。

    いわば、当たり前の話ですね!

    新聞折込でも、求人票でも、載せる情報量は限られます。

    唯一、無制限で情報発信ができるホームページを上手く活用していってください。

    本日もお読みいただいた方、本当にありがとございました。

    心より感謝しております。

     

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから