医院コンセプトが今まさに大切になってきた|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 医院コンセプトが今まさに大切になってきた

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 医院コンセプトが今まさに大切になってきた

    2010年09月05日22:41
    カテゴリー:歯科界の動き

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    本日は中国地方の医院さんに伺っておりました。

    最近感じることは、より医院の特徴、コンセプトを打ち出すことが

    今後の患者に支持されるポイントになってきたということです。

    この10年くらい歯科界は、特に郊外型の医院において

    オールターゲットのフルライン診療メニューを

    持つことが、集患と自費率向上のポイントとなってきました。

    その結果、それに取り組んだ多くの医院はいわゆる勝ち組の医院

    となったように思います。

    しかし、同時に同質化したコンセプトの医院が増えたということもいえるの

    ではないかと思います。

    また、フルラインでそれぞれの診療メニューを深堀りし、

    機材やセミナーに投資をし続けていく

    ことも難しくなってきているような感覚を持っています。

    今まさに、今までのコンセプトをベースにしながら、

    インプラント、義歯、審美、予防、歯周病、矯正、といった切り口での

    あるいはそれ以外でのコンセプトや特徴を打ち出す医院が

    今後の支持されるポイントになっていくのではないかと思っております。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから