器を広げる努力をする|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 器を広げる努力をする

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 器を広げる努力をする

    2012年04月13日20:09
    カテゴリー:歯科医院経営の考え方

    みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

    昨日は徳島県での経営相談、本日は和歌山県のご支援でした。

    ”幸せ”感を高めながら、医院発展していくために、器を広げる必要があります。

    大きく、4つあります。

    1.時間の器を広げる(⇔「時間がない」は禁句)


    2.人財の器を広げる(⇔「人が足りない」は禁句)


    3.場の器を広げる(⇔「場所がない」は禁句)


    4.情報の器を広げる(⇔「知らない」は禁句)

    です。

    おそらく、医院発展において、障害となっている部分は、上記4点のどれかが当てはまるのではないでしょうか。

    たとえば、2番ですと、定番ですが、

    「人が足りない」とおっしゃられることがあります。

    「人が足りない」課題に対して、どう対処すればよいでしょうか。

    大きく2つの取り組みがあります。

    ①採用力強化


    ②定着率強化

    となります。

    「人が採れない」というわりには、あまり積極的に活動されていないケースがあります。

    しっかりと、①もしくは②が整備されているかどうかをチェックしましょう。

    3番ですと、「ユニットが足りない」などの課題です。

    これも2つに取り組みが分かれます。

    ①ユニット増設


    ②ユニットあたりの生産性アップ

    となります。

    ユニットが足りない

    でも、

    ユニットをこれ以上増設できない

    なのに、

    ユニットあたりの生産性が15万点しかない場合があります。

    こうなると、明らかに、生産性アップを検討する必要があります。

    このように、掘り下げると、色々な課題が明確になります。

    ぜひ、どの器が足りないのかを整理してみてください。

    頑張ってください!!

    応援しております!!

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから