【歯科】インセンティブ(報奨金)制度の是非について|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 【歯科】インセンティブ(報奨金)制度の是非について

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 【歯科】インセンティブ(報奨金)制度の是非について

    2009年03月19日00:24
    カテゴリー:スタッフ採用・育成ノウハウ

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    以前より、コンサルティングをしていて思っていたのですが、

    いわゆる報奨金制度(○○を達成すれば、○○円のボーナスがスタッフさんがもらえる。EX自費カウンセリングを制約すれば、○%上げる、や一日患者数が○人以上になれば全員に○円上げるなど)、

    は相当難しい、モチベーションアップ手法だということです。


    どういうことかというと、多くの場合、導入しても、スタッフのモチベーションアップにはつながらない、

    場合によっては、モチベーションダウンにもなることもあるということがどうも多いようです。

    というのは、過去にスタッフさんからこのようなことを言われたことがあります。

    「報奨金制度がありますけど、なんだかお金のためにやっているようでいやだ」

    「自分たちの努力がお金の評価で表されているとしたら、その額では少ないと思う。」

    「別にお金のためにやっていませんから。」

    本来、達成したら、モチベーションがあがるだろう、という医院側の発想からの仕組みなわけですが、

    お金を活用したモチベーションアップ手法(つまり自らやろうという自分のここからの動機付けではなく、外的なコントロール)が、本質的なモチベーションアップにつながらないことがわかります。

    その理由としてはこのようなことが考えられます。

    ・お金のためにこの仕事をしているわけではない

    ・一度報奨金制度を取り入れると、お金を期待してしまい、一度あげると、次からはさらに金額のアップをしないとモチベートしなくなる。

    ・そもそも信頼関係がきちんとできないなければ、施策に対して、前向きにとらえてくれない。

    といったことでしょうか。

    逆にうまくいく条件は、医院とスタッフの信頼関係がきっちりできている場合です。

    しかし、このような医院はお金でモチベートしなくとも、既にやる気になっているので必要ないかもしれませんね。

    もし、還元したい場合はお金で還元しなくとも、スタッフルームの設備のグレードアップ(TV、家電関係)、休暇といった面で還元する方がよろしいかと思います。

    いずれにいたしましても、報奨金制度は、慎重に運用することが必要と大変実感しております。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

    matsutani@funaisoken.co.jp

     

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから