増税対策はできていますか?|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 増税対策はできていますか?

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 増税対策はできていますか?

    2013年10月23日18:52
    カテゴリー:歯科医院経営の考え方

    みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

    本日は北海道のご支援先の支援でした。

    北海道では、紅葉の季節となっており、とっても綺麗ですね。

    それでは、本題です。

    モノクロという雑誌にこういったランキングが出ていました。

    戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記

    増税対策。

    歯科業界にとって、重要な問題です。

    皆さまもご存知であると思いますが、

    来年4月以降に自費診療を予定している場合は、

    9月までに契約していたら5%、10月以降は8%となります。

    もう既に10月ですから、4月以降の自費治療を受ける場合は、8%となります。

    来年の2月、3月は、高額診療などの駆け込み需要は、高まるでしょう。

    一番問題であるのは、来年4月以降の自費診療の買い控え現象ですね。

    セミナーでもずっと伝え続けておりましたが、

    増税をすることで

    プチ贅沢治療の減少が予想できます。

    プチ贅沢治療とは、


    審美治療であったり

    メンテナンスや歯周病治療ですね。

    今まで3ヶ月に1回必ず来てくれていた患者様も

    「こちらからこれからは連絡するわ」とか

    「6ヶ月に1回にならないかしら」ということが出てくるでしょう。

    このようなことは

    デンタルIQや健康の意識<<<買い控え

    となるため、起こるわけです。

    そうならないためにも、今のうちに

    しっかりとした価値を今まで以上に伝えるようにしてください。

    口腔内予防などのアプローチだけではなく

    全体疾患との関わりや金属アレルギーの重要性など

    多角的な視点からアプローチすることで、意識をもう一度きゅっと

    引き締めなおしていただくことが大切ですね!!

    ぜひ、今からお取り組みください!

    頑張ってください!!

    応援しております!!

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから