年初めに行うべきこと|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 年初めに行うべきこと

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 年初めに行うべきこと

    2011年01月08日12:12
    カテゴリー:医院理念/医院コンセプト/医院ビジョン

    皆さん、こんにちは。

    船井総研 メディカルグループ 医療コンサルタントの戸澤良親です。

    1月5日、6日と船井総研では、全社研修会というものがありました。

    毎年の恒例行事ですが。


    研修会自体のコンテンツは、2日をかけて多々あるのですが、

    開催における趣旨・目的は、従業員600人の気持ちをひとつにすることです。


    そのために、会長、社長から、今年度の方向性の発表があり、

    今年度の賞与算定に関わる条件など細かい話もあります。


    その他では、表彰状や稼いでいるコンサルタントからの話などがあり、

    情報共有なども行いました。


    何を言いたいかというと、

    皆様の医院でも、このような機会は設けるべきであるということです。


    クライアント様には、年末研修会として、実施しましたが、

    ブログをお読みいただいている方は、淡々と年が明けて診療スタートするのではなく、

    時間をとって、年初めの医院研修会をしていただきたいです。

    (何回も申し上げていますが、年末に実施された方はされなくて結構です)

    経営理念とは、不変的なものですが、

    経営コンセプトは毎年状況に応じて変化していくものです。


    そのコンセプトが今年は何であるのかをスタッフに説明しておかないと、

    結果、各スタッフの意識がバラバラになり、一体感が生まれないのです。


    また、一番スタッフが気にしていることは、昇給や賞与の待遇、給与面です。


    このような具体的な報酬に関しても、今年に関する給与規定を発表することで、

    納得いく部分も出てくるでしょうし、いい意味で諦めがつく部分も出てくるかもしれません。

    はじめから知っておくことと、支給後に知らされるとでは、大きく違います。


    そのほかにも色々なコンテンツを入れていかれてももちろん結構です。


    2011年が始まったばかりですので、まだ間に合います。


    ぜひ、1月中に、少しそのような時間をとってみられてもよいかと思います。


    今年の私が感じる医療機関のテーマは、”一体感”です。

    このテーマに近づけるように、患者さん、スタッフと昨年度以上に向き合ってみてください。

    お読みいただいてありがとうございました。



    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから