歯科医院の賞与はどの程度が適正か?|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 歯科医院の賞与はどの程度が適正か?

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 歯科医院の賞与はどの程度が適正か?

    2009年12月12日01:13
    カテゴリー:スタッフ採用・育成ノウハウ

    こんにちは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    先日、ブログをお読みいただいている知り合いの先生より、年末の賞与についてのご質問を頂きました。

    ご了解の上、内容を記してみたいと思います。

    Q「松谷さん、いつもブログを拝見しています。この度はご相談がありメールいたします。

    勝手な質問で申し訳ありません。

    当院では、おかげさまで、患者数が増加し、そのためスタッフ数も増加していて、年末の賞与の総金額も比例して増加しつつあります。(当院は夏1.2ヶ月、冬1.5ヶ月出しています。)

    そのため、医院の利益を圧迫し、利益がかなり出にくい体質になりつつあります。そこで、一部賞与を減額しようか迷っています。しかし、無理をすれば出せないこともないので、減らすのもスタッフに申し訳ないと感じています。

    どのように思われますか?」

    皆様ならどのようなご対応を考えられますでしょうか?

    私はこのようにお返事させていただきました。

    「○○先生

    この度はご質問のメールありがとうございました。ご心情お察しいたします。

    ボーナスの件ですが、この場合、正解はないかと思います。

    減らしてもよいし、現状維持でもよいと思います。
    それぞれの、メリット、デメリット、対応方法を考えて見ましょう。
    減らす場合は、まずスタッフに今年が昨年に比べて、何パーセント売上が減っているか、収入より支出が多く、いくらくらい赤字なので、ボーナスを減らさせてほしい、ということを説明を20分くらいかけてすることが前提となります。
    そういう状況なら仕方ないな・・・、と思ってもらうことが必要になります。
    そうでなく、説明無しに、いきなり減らしてしまうと、不満が出てしまいます。

    メリットは、支出を減らせることですが、デメリットはどうしても、モチベーションが下がってしまうことです。
    特にこの時期ですと、ボーナスの出る、ぎりぎりの時期なので、本来なら、夏頃から、「厳しいので、ボーナスがあまり出せないかもしれない・・・」ときちんと事前になぜ減るのかということをお伝えしておくことが大切です。
    現状維持でいつもどおり出す場合も、医院の状況は、きちんと説明するべきでしょう。
    しかし、経営が厳しい状況なので、本当なら出すのをやめようと思っていたが、みんな頑張ってくれているので、何とか出します。といって出すのがよいでしょう。
    その事に関して感謝を感じてほしいからです。
    しかし、仮に減額した場合、トータルどれくらいの額になるでしょうか。おそらく数十万~百万かと思いますが、その金額をとるか、モチベーションの低下をとるかと考えると、出した方が長期的に見てよいと私は考えます。

    これは、私の考えですが、従業員の給与・賞与を減らすのは本当に最後の最後の方法だと思います。

    その前に、材料費、技工費、家賃、広告費の見直しをして最後の最後にどうしようもなくなったら、スタッフの給与を下げるべきだという考えです。

    先生はお気づきだと思いますが、医院が繁盛する最大、最後のポイントは、院長とスタッフの対応力、レベルです。

    機材や医院が素晴らしくても、対応がいまいちであれば、患者は来ません。

    ハードよりもソフトの重要性です。

    ソフトとは人への投資で、賞与もそのひとつと思います。

    不明点あればご連絡ください。

    よろしくお願いいたします。」

    ご参考になればと思い、紹介をさせていただきました。

     

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

    matsutani@funaisoken.co.jp

     

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから