患者様が増えすぎることによる弊害|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 患者様が増えすぎることによる弊害

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 患者様が増えすぎることによる弊害

    2011年11月05日18:56
    カテゴリー:歯科医院経営の考え方

    みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

    昨日は、静岡県と埼玉県の院長先生にお会いしていました。

    今は、大阪へ向かっている最中です。

    最近、私がお付き合いしている先生方の周りで、このような課題があります。

    患者さんが多すぎることによる弊害

    です。

    患者さんが増えたが故に、

    1日あたりの患者数が1ドクターで60人~70人診ているような状況です。

    二極化が進んでいる今、勝ち組医院さんでよくある現象です。

    このまま、進んでいくと、どのようなことが起こるでしょう。

    1.体力的負担が大きくなる


    2.診療の質の維持ができなくなる


    3.満足度が保てなくなるため、口コミ率が低下する


    4.将来的には自費率が下がる


    5.ユニットあたりの生産性を下げる


    6.カルテ記載する時間がとりにくくなる


    7.スタッフが疲弊する

    もっと色々な2次的マイナス要素はありますが、とにかく悪循環となります。

    どたばた診療を続けていると、5年後、10年後、生き残りに不安を感じます。

    上記の1~7は、お分かりだと思いますが、全て連動しています。

    この状況を回避するためには、抜本的な見直しが必要となります。

    私のコンサルティングテーマは、院長先生、患者さん、スタッフさん、関わる方全ての人が幸せを感じることです。

    どたばた診療をしていても、「時間がない」、「忙しすぎる」と院長先生やスタッフさんからはいわれ、

    患者さんからは「待ち時間が長い」、「予約が取りづらい」などと不満の声を口にします。

    売上は上がっても幸せからは程遠いです。。。

    ぜひ、歯科治療の質の確保をするためにも、

    患者数を絞り、

    しっかりと時間を取り、

    結果として収益性を落とさない、高める診療スタイルに切り替えていってください。

    応援しております!!

    頑張ってください!!

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから