成長する院長の共通点|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 成長する院長の共通点

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 成長する院長の共通点

    2010年09月18日21:13
    カテゴリー:優れた院長の思考

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    最近、経営相談を依頼いただくことが多いのですが、

    多くの場合、医院の調子が悪いので経営相談されるのではなく、

    今調子がよい方が相談に来られることが多いです。

    例えば、

    「患者数が増えてきているが、増えた患者数に

    より高いクオリティの診療を提供したいがスタッフ

    をどのように活用していけばよいか。」


    「訪問診療をしているが、患者さんの希望で

    介護施設を一緒に併設したいと考えているが

    どうするのが良いのか」


    「義歯で市内で一番のクオリティの診療を提供する

    医院になりたいが、何をすべきか」


    「とにかく患者には県下で一番の治療を、

    スタッフにも一番の雇用体制を作りたい」

    という前向きな内容が多いのです。

    歯科業界は二極化していると言われますが、本当にそうなのかなと思うことがあります。

    私なりに考えて見ますと、単純に、好調な院長は現状に満足せず、常に向上しよう

    医院を良くしようと考えている、ということです。

    そしてそのためには必要な投資をする、というスタンスです。

    私たちのような情報に対する投資もそうですし、技術セミナー、機材への投資、

    スタッフへの投資(セミナーに行かせるなど)などです。

    好調だから、次への投資を行い、更に医院が成長していく。

    この好循環を作ることが好調な院長に共通している点と感じています。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから