新人スタッフの教育について(3)|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 新人スタッフの教育について(3)

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 新人スタッフの教育について(3)

    2009年04月19日21:16
    カテゴリー:スタッフ採用・育成ノウハウ

    こんにちは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    (前回の続き)

    マンツーマン教育とはすなわち一人の新人に対して一人の教える先輩をつけるということです。

    この1対1というところがポイントです。

    みんなで教えよう、や教える人をもうけないというのはかなりの確率で教えるということに関して失敗します。

    理由は責任を持って教えることができないからです。

    先輩は3ヶ月チェックリストに基づいて教え、1ヶ月分できたら院長にチェックしてもらいます。
    院長はできていない点があればその教える方に、こことここができていないよ、ということをお伝えいただくとよいでしょう。

    直接言ってしまうと本人がショックを受けてしまうことがあるからです。

    また真の目的はその教える方自身が、十分に理解していない、すなわち教える内容を間違って教えているという可能性があるからです。

    それを正したいわけです。

    また、複数名メンバーがいる医院さんは、教える方を1ヶ月交代にしてもよいでしょう。

    なぜなら教えるメンバーも教える練習をする必要があり、教える能力を鍛えることも大切な先輩の役割でもあるか

    らです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記アドレスまでお願いいたします。

    matsutani@funaisoken.co.jp

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから