月間純新患数が20名以下になると要注意|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 月間純新患数が20名以下になると要注意

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 月間純新患数が20名以下になると要注意

    2011年01月07日23:18
    カテゴリー:歯科医院経営

    船井総合研究所  歯科経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    先日ある医院様からご相談を頂きました。

    月間の純新患数が20名以下になってきているということでした。

    今までは30名以降来られていたそうです。

    コンスタントに来ていた新患数が減少してくる場合、特に20名以下になりだすと

    数ヵ月後にはレセプト枚数が減少してきます。

    (ただし、予防での来院患者が月間150名以上いらっしゃるようであれば

    レセプト枚数が減少する可能性は少ないでしょう。)

    先生の分析によると、勤務年数の長いスタッフが中心となってきており、

    スタッフの対応力が下がってきている、ということでした。

    詳しく調べて見ませんと即断できませんが、患者数が減ってくる場合、

    患者対応力が近隣他院と比べ、下がっている、低いことにより、

    近隣他院に流出しているという可能性は高いと思います。

    このような場合、大切なポイントは、「何をするか」を一点に絞ることにあります。

    苦戦している場合、あれもこれもやろうとしようとしてしまうのですが、

    最も優先順位の高い取り組み事項に集中することで、

    近隣他院よりもその部分について圧倒的に勝るような自院の長所を作り出すのです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ブログ内容へのご質問、歯科医院コンサルティングの質問等は下記アドレスまでお願いいたします。

    matsutani@funaisoken.co.jp

    (セミナー・研修情報)

    「真の医院ブランドの作り方公開セミナー」

    ~ブランド作りのプロ2名と船井総研歯科コンサルチームが初のコラボレーション~


    日時:2011年2月11日(金・祝)大阪会場 船井総合研究所大阪本社 13時~17時

    ゲスト講師:

    株式会社HAYASHIDAーCS総研 代表 林田正光 氏

    有限会社香取感動マネジメント 代表 香取貴信 氏

    詳しくはこちら

    http://www.funaisoken.co.jp/site/seminar/semina_1294851758_4.html

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから