歯科ドクターの応募者層の変化|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 歯科ドクターの応募者層の変化

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 歯科ドクターの応募者層の変化

    2010年09月10日20:59
    カテゴリー:ブログ

    皆さん、こんにちは。

    船井総研 メディカルグループ 医療コンサルタントの戸澤良親です。

    今日は、大阪で2件の歯科医院さんにお邪魔させていただき、

    様々なお話をさせて頂きました。

    先日、ドクター面接をしたとお伝えしました。

    ここ3ヶ月で、そこの医院も含め、合計10名くらいの面接をしましたが、

    数年前では考えられないことが今では起こっています。

    10名のうち、4名は40代以上なのです。

    そして、3名は50代なのです。

    この状況もまさに、今の歯科業界が厳しいことを意味しています。

    募集動機を聞くと、

    2名の方は「開業医をしていて、売上が下がったから、閉院して勤務医になりたい」

    1名の方は「勤務医として長年勤めていたが、売上が減ったことで辞めてくれといわれたから」

    とのことです。

    ついに歯科業界でもリストラが徐々に起こるようになってきました。

    こんな状況もあり、東京都内のような都心部では非常勤ドクター、分院長は大分昔に比べて採用しやすくなりました。

    郊外エリアでも、3年後、5年後には、この動きが現れるでしょう。

    私は関東での実体験としてお話しておりますが、本日お話させて頂いた院長先生も、

    同じようなことをいっていましたので、関西でも近い状況であるかもしれません。

    本当に、時代の変化は早いものです。

    本日もお読みいただいた方、本当にありがとございました。

    心より感謝しております。

    ■□■□■お知らせ情報□■□■□■

    ●第3回泌尿器科医院経営活性化セミナー

    ~歯科医院のコンサルティングノウハウをある泌尿器科医院でやったら大成功!!~

    日時:2010年10月31日(日)13:00~17:00

    開催会場:船井総合研究所大阪本社にて

    詳細内容

    □経営状況を1枚のシートで管理できる把握シート

    □患者さんがアクションを起こすホームページの作り方

    □待合室を有効的な空間にするためには

    □待ち時間が長くても不満にならないようにするためには

    □患者が納得する・満足する・そして診療時間が短縮する魔法のカード「治療カード」を紹介

    □看護師の生産性を高めるためには

    □ミーティング価値の高め方

    ・・・などなどノウハウ多数大公開!!

    ⇒お問合せ・ご相談は、こちらから⇒
    yoshichika-tozawa@funaisoken.co.jp
    担当:戸澤良親

    ●出張研修承ります!
    □メンテナンス患者を増やしたい方のためのリコール率アップ出張研修
    □デンタルIQを高めていきたい医院向けの新患カウンセリング導入出張研修
    □自費率を上げていきたい医院向けの補綴コンサルティング出張研修
    と3企画ご用意しています。
    ⇒お問合せ・ご相談は、こちらから⇒
    yoshichika-tozawa@funaisoken.co.jp
    担当:戸澤良親

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから