歯科医院経営ブログ・「素直さ」は院長を成長させる武器である|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 歯科医院経営ブログ・「素直さ」は院長を成長させる武器である

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 歯科医院経営ブログ・「素直さ」は院長を成長させる武器である

    2012年10月19日22:55
    カテゴリー:優れた院長の思考

    今日は大阪の歯科医院にコンサルティングに伺っていました。


    船井総研の創業者の船井幸雄は成功する経営者の3条件として、「素直、プラス発想、勉強好き」という3点をあげています。
    個人的には、成長している院長は「素直」である方多いように思います。
    素直な先生は、私ばかりでなく、誰の話でも何か参考になることはないか、という視点で話を聞かれています。
    船井総研で、定義している、素直とは、Aという情報をAと受け取ることを素直と言っています。
    その上でAという情報が正しいのか、今の自分にとって必要なのかという判断をすることを素直と言っています。
    素直でないとはAという情報をBと捉えることです。
    例えば「こういうリコールの方法を用いてうまくいっている医院があります」と話すと素直な人は「それはいいですね!具体的にはどうやっているんですか?」と踏み込んでこられます。
    そうでない方は「それはその医院だからうまくいったんですよね」「この辺りの土地柄は違うんですよ。」という話しをおっしゃられます。
    まずやってみて、その上で障壁を予測し、上手くいかせるにはどうしたらよいかという視点を持っている人は成功します。
    もう少し突っ込んで言えば、明らかにうまくいかなさそうな方法論も素直にやるべきなのか?ということを思われた方もいると思います。
    私の見るところ、常に素直に取組を継続することで得られることは、「何をすればうまくいき何をすればうまくいかないのか」という自分なりの感覚や見るべきチェックポイントが研ぎ澄まされていくことです。
    本当に重要な判断をする時、素直な人は圧倒的な経験値を積んでいるから成功しやすい方を選択できるんですよね。

    そうでない人は経験値が少なく、理論的に考えるとどうしてもリスクを避けた判断しか取ることができないので、結果は平凡な結果にななるか結果自体出ません。
    例えばある先生は訪問歯科の営業代行の会社と何社も付き合いメリットとデメリット、良い会社悪い会社を知りつくしています。それは付き合って成功と失敗を繰り返し、最終的にリスクヘッジしながらリターンを得られる会社と付き合って成功しています。
    これは素直に取り組んで経験値を積み上げたからこそできた選択だと思います。
    普通ならリスクの判断自体ができないので取り組むことすらできないので結果はゼロかマイナスでしょう。


    これは、リスティング会社やデザイン会社、建築系、医院の方向性の判断に至るまで同じだと思います。

    私は毎日、個性的な院長と会いますがその点は皆様に共通しているように思います。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから