歯科医院経営ブログ・自費診療は素材の違いから技術の違いへ|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 歯科医院経営ブログ・自費診療は素材の違いから技術の違いへ

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 歯科医院経営ブログ・自費診療は素材の違いから技術の違いへ

    2013年01月15日22:46
    カテゴリー:自費率向上ノウハウ

    自費診療、特に自費の補てつは歯科医院の自費の中でも大きな割合を占めます。


    また、殆どの歯科医院でメタルボンドや、オールセラミック、ジルコニアを扱っています。


    今まで、自費の補てつを増やすためには、補てつカウンセリングが重視されてきました。


    補てつカウンセリングの重要性は今後も変わることがないでしょう。


    重要なのはそのカウンセリングの中身です。


    今までは自費と保険の違い、メリットであったり、自費の中でも素材の違いを伝えるカウンセリングが行われてきました。


    これは、全ての医院が補てつカウンセリングを行うようになると、患者視点から見ると同質化してしまいます。


    今後は、素材の違いに加えて、治療技術の違いを打ち出す医院が自費の補てつを大きく伸ばすようになるでしょう。


    患者は、審美性も重視しますが、それよりも重視するのが、むし歯が再発しにくいこと、咬合も含めて、耐久性が高いこと、歯周病が悪化しにくいこと、だからです。


    これらは、顧問先の歯科医院での問診表やカウンセリング内容を見ていると明らかです。


    顧問先の歯科医院で自費率が80%程度の医院が数件ありますが、それらの医院のオールセラミックは一般的な相場金額の20%~30%増しの金額ですが、患者が納得してくれるのは、技術料として費用を支払ってくれるからでしょう。


    補てつカウンセリングの内容も今後は変化をさせていく時代に入りつつあると思います。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから