歯科医院経営ブログ・補綴カウンセリングのタイミングを医院として決める|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 歯科医院経営ブログ・補綴カウンセリングのタイミングを医院として決める

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 歯科医院経営ブログ・補綴カウンセリングのタイミングを医院として決める

    2014年10月26日20:18
    カテゴリー:自費率向上ノウハウ

    船井総研歯科医院経営コンサルタントチームの松谷直樹です。


    補綴カウンセリングをどのタイミングで行うかということを医院として決めておくことは重要です。


    一般的には根充の日に行うことが多いです。


    根充後にスタッフさんから話をしてもらい返事を次回いただくというスケジュールになります。


    その日に返事をできる方は少ないのでその場で返事をいただくのではなく、次回でよいですよとした方が患者志向ではないかと思います。


    ただし、保険と自費で印象材やアポイントの時間が異なるという方は、根充のさらに一回前までにお話する必要が出てきます。


    あるいは、根充の日にお話し、次回のアポイントを取らずに患者さんから決めた後にご連絡をいただくという形でもよいかと思います。


    いずれにしても補綴カウンセリングをいつ行うかというタイミングを決めることでスタッフカウンセリングのシステム化が行いやすくなるのです。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから