治療内容を理解してもらうことの重要性|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 治療内容を理解してもらうことの重要性

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 治療内容を理解してもらうことの重要性

    2011年07月11日23:53
    カテゴリー:増患ノウハウ

    本日は大阪の医院に伺ってきました。


    口腔内の状況によっては、治療の回数や期間が大幅に長くなることがある。


    例えばむし歯が1本でも根管治療が必要なケースであれば、通院回数は5回以上かかってくる可能性がある。


    P治療も同時平行で進めるのであれば、もう少しかかるかもしれない。

    P治療も6ブロックに分けて行うのであれば、最低6回は必要になる。


    そのような場合にポイントになるのが、患者さんにそのことを理解してもらうということの必要性である。


    患者はもしかするとむし歯の1本であれば数回で終了すると思っているかもしれない。


    そのような場合に問題になるのが、丁寧な治療を行っているのに、患者は「なかなか終わらない」と感じている可能性があるということである。

    これではマイナスの口コミが発生してしまう


    そのギャップを解消するためには、治療前におおよその治療の見通しと、毎回の来院時に口頭でも構わないので、治療の進捗の振り返りと今日の内容を説明することである。

    説明ツールを用意すると尚よいだろう。


    そうすることで、「あの医院は丁寧でしっかりと治療をしてくれる医院だ」というプラスの口コミが発生するのである。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから