自費率を高めるためのステージ|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 自費率を高めるためのステージ

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 自費率を高めるためのステージ

    2013年04月07日21:51
    カテゴリー:自費診療を増やす

    みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

    本日は岡山で歯科医院経営基礎セミナーでした。

    明日は埼玉県ですので、今、東京に向かっています。

    今日の内容は、歯科医院経営における基礎の経営ノウハウでしたが、

    皆さま、課題を見つけることができて、お帰りいただけたようです。

    今日もある医院さんに経営相談でお話していたのですが、

    自費率を高めるためには、各ステージごとでやることが違います。

    もちろん、高くなれば、なるほど、時間も費用もかかってきます。

    大きく分けて

    ①自費率20%を目指す


    ②自費率30%を目指す


    ③自費率50%を目指す

    ①の場合は、

    ・自費診療メニューをしっかりと作り

    ・情報発信物(ポスター、小冊子、模型)を作り

    ・誰もが説明できるくらい、超シンプルなコンサルの流れを作り

    ・全対象患者様へ説明する

    ことを徹底してやっていただけたら、目指せるはずです。

    このステージでは、提案力などはあまり必要ないでしょう。

    ②を目指すと、

    少しずつ提案力が必要になってきます。

    よって、新患カウンセリングやセカンドカウンセリングでいかに患者様の

    情報やニーズ、生活習慣をキャッチし、いかに提案に結びつけることができるか

    が決め手ですね。

    ですので、このステージでは、ある程度コンサルティングに向いている

    適任者を数名に絞ったほうがよいでしょう。

    ③の50%では、専門性の追求といったステージです。

    よって

    ・価値が伝わるための治療計画ソフトの導入

    ・安心、安全のための投資

    などコンサル力だけではなく、圧倒的な他院との差別化が必要となります。

    ぜひ、どのゾーンを目指すかを決めていただき、

    こちらの内容を参考にしてみてください。

    応援しております!!

    頑張ってください!!

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから