歯科医院における適切な駐車場台数について|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 歯科医院における適切な駐車場台数について

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 歯科医院における適切な駐車場台数について

    2009年01月12日00:30
    カテゴリー:増患ノウハウ

    こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。


    郊外立地の医院の院長から「歯科医院の適切な駐車場台数は何台ですか?」


    というご質問を先日いただいたので、このように回答させていただきました。


    私が、多くの医院を見ていると、「チェア台数×2~2.5倍」が適切だと思います。


    上記の根拠は30分アポで、患者がフルに入った場合、仮にチェア台数が4台だとすると、


    診療台に4名、待ち患者が次の患者4名で8名ということです。


    さらに、新患が入ることを想定すると、10台でもよいかもしれません。


    都心立地、駅前立地の医院の場合は、駐車場はなかなか取れないとは思いますが、


    できれば準備できると良いと思います。


    また、患者さんが駐車をしやすいように、白線を引いたり、ブロックをしておくことも必要と思います。


    よろしくお願いします。


     

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ここで弊社船井総合研究所メディカルグループからのお知らせです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記

    アドレスまでお願いいたします。

    matsutani@funaisoken.co.jp

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから