2:6:2の法則|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 2:6:2の法則

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 2:6:2の法則

    2011年01月15日19:21
    カテゴリー:スタッフの能力を高める教育

    皆さん、こんにちは。

    船井総研 メディカルグループ 医療コンサルタントの戸澤良親です。

    昨日は、大阪事務所で、社内勉強会をしました。


    コンサルタント10人程度で、ノウハウの情報交換会です。


    いいもんですね。充実した1日でした。


    先週お伺いした医院で、書初めを待合室に貼り出しておりましたので、

    思わず、写真をとりました。


    戸澤良親の医療コンサル珍道中日記-書初め

    いいですね。こういった取り組みは、個人的に大好きです。


    患者さんからの受けも、いいそうです。


    ちなみに、待合室も、毎月環境を作り変えています。


    季節感を出すことも、患者さんを満足させる1つです。


    今日は、「2:6:2」についてお話します。


    皆さん、2:6:2の法則は、ご存知のことだと思います。

    2(優秀な人材):6(そつなく仕事をこなしている人材):2(足をひっぱる人材)

    ですね。

    皆さん、教育の仕組みを作ろうとされていると思いますが、

    上のどの人材を伸ばそうとされていますか?

    医療マネジメントでは、

    絶対的に6(そつなく仕事をこなしている人材)が伸びる仕組みを作らなくてはなりません。

    そのために、マニュアル化が必要になるのです。

    よく、先生方とお話していると、

    「あの子は、優秀だよ」。あの子のように他の子もならないかなとか

    「あの子は、何回いっても、だめ!」

    などと、上位と下位のスタッフばかり、考えてしまい、

    意外と、中間層の”6”を置き去りにしているケースがあります。

    ぜひ、そつなく仕事をこなすスタッフともっと向き合ってみてください。


    お読みいただいてありがとうございました。



    ■□■□■お知らせ情報□■□■□■

    (セミナー・研修に関わる情報)

    ●真の医院ブランドの作り方公開セミナー

    ~ブランド作りのプロ2名と船井総研歯科コンサルが初のコラボレーション~

    日時:2011年2月11日(金・祝)大阪会場 船井総合研究所大阪本社 13時~17時

    ゲスト講師:

    株式会社HAYASHIDAーCS総研 代表 林田正光 氏

    有限会社香取感動マネジメント 代表 香取貴信 氏

    詳しくは、下記URLからアクセスしていただき、ご関心ある方は、FAX用紙をダウンロードの上、FAX送信してください。

    http://funai-medical.com/seminar/dental/2011/01/post-2.html

    (コンサルティングに関わる情報)


    ●院長の想いを組織に落とし込む評価制度構築コンサルティング

    以下の項目に貴院は当てはまってはいませんか?
    □経営理念が明確に定まっていない
    □経営理念はあるが、スタッフが理解していない
    □経営理念に基づいた育成プログラム(評価制度)がない
    □評価制度はあるが、業者のものをそのまま使ってしまっている
    □教育システムがない

    1つでも当てはまる医療機関さんで、「組織力を高めたい!!」と強い要望をお持ちの方は、ご相談ください。

    ●出張研修承ります!
    □メンテナンス患者を増やしたい方のためのリコール率アップ出張研修
    □デンタルIQを高めていきたい医院向けの新患カウンセリング導入出張研修
    □自費率を上げていきたい医院向けの補綴コンサルティング出張研修
    と3企画ご用意しています。


    《《お問合せ・メールでのお申込みは、こちらから》》

    (メールでは、医院名、お名前、ご用件を御記入ください)
    yoshichika-tozawa@funaisoken.co.jp
    担当:戸澤良親

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから