TOPがスタッフに気を使いすぎることによる弊害|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > TOPがスタッフに気を使いすぎることによる弊害

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • TOPがスタッフに気を使いすぎることによる弊害

    2012年07月08日19:09
    カテゴリー:こうすると職場環境は活性化する

    みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

    今日は、大阪のご支援先に訪問です。

    最近、はじめてお付き合いをさせていただいている先生は、

    とても魅力的な方なので、従業員は楽しんで働いているのだろうな

    と思うと、意外とそうでもないことがあります。

    その理由は、

    いい人すぎることで

    スタッフに気を使いすぎる結果によるもののようです。

    TOPである院長先生が、

    気を使いすぎることで、全ての事柄に対して、

    不明瞭な状態になっていることがあります。

    ・給与規定

    ・残業代について

    ・外部講習会などの参加に対するルール

    ・診療の方針について

    ・先生が診療においてスタッフへ求めていること

    など、しっかりと決めていかなくてはなりません。

    以前もブログでお伝えしましたが、

    トップダウンと

    ボトムアップの使い分けは

    とても重要です。

    そうでもないと、

    スタッフの良いはずの自由さが、

    単なるわがままに発展するケースとなります。

    気をつけましょう!!

    では、頑張ってください!!

    応援しております!!

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから