10年後、20年後の医院のことを考える|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 10年後、20年後の医院のことを考える

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 10年後、20年後の医院のことを考える

    2010年07月22日22:04
    カテゴリー:優れた院長の思考

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    上手く医院が運営できている院長と話していると、必ず話に出るのが、

    10年後、20年後に医院をどうしていきたいか、という話です。

    例えば、今、インプラントに力を入れられている医院は最低10年前くらいから

    講習会や、機材に投資をしてこられて、今日の医院運営に活かされていること

    が多いです。

    インプラントに力を入れられているある顧問先の先生は、

    「今後はインプラントが歯科界のひとつの主流になっていくだろうから

    自分はその部分に注力した。これが、誰もが取り組む時代になってから

    だととても追いつけなかっただろうから、多分他のことに力をいれていた

    と思います。」というようなことをおっしゃられていました。

    自分なりに将来の歯科界のことや、自分の志向を考えた上で

    10年後の医院のために今取り組むべきことも考えておくことをお勧めします。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから