2011年の歯科業界を予測する(2)|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 2011年の歯科業界を予測する(2)

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 2011年の歯科業界を予測する(2)

    2011年01月02日22:46
    カテゴリー:歯科医院経営

    船井総合研究所  歯科経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    本日も昨日と同様のテーマで業界の予測をしてみます。

    2011年も改めて重要になるのが、「スタッフ力」の向上・レベルアップ

    ということだと思います。

    「スタッフ力」とは、スタッフの仕事に対するやる気、医院に対するロイヤリティ、

    技術技能レベルをどのように上げていくか、ということに尽きると思います。

    歯科医院経営が院長1人で頑張っても上手く行かないこと、チーム医療であることは

    つくづく感じておられることと思います。

    その「スタッフ力」を上げるポイントを一つあげよと言われれば、


    「スタッフに好かれる」ということを上げたいと思います。

    「スタッフに好かれる」というのは何もスタッフを甘やかすということではなく、

    「スタッフとの信頼関係」を作るということです。

    「スタッフとの信頼関係」とはこの人の言うことであれば、ちょっとやってみようか、

    と思われるような関係作りができているかということです。

    では信頼関係を作るためには、何が必要か、それは

    院長が「約束を守る」ということをあげます。

    例えば、「●●をやります」と決めたらいつからいつまで、誰がやるのかということを

    明示し最後までやりきる、ということです。

    中途半端にしない、やめるのならばなぜ止めるのかを説明することです。

    スタッフは院長の一挙手一投足を見ています。

    きちんと言ったことをやるのか、あいまいにしてしまうのか、

    それによってスタッフはきちんと仕事をするのかどうかを見極めている

    と私は思います。

    私はおそらく過去に500人くらいの歯科医院スタッフと面談してきたと思いますが、

    スタッフは院長を映し出す鏡のようなものだと私は思います。

    こちらが嫌えば、相手も嫌うし、好めば、相手も好むと言う現象が

    起こるように思うのです。

    「そうは言ってもウチのスタッフは・・・」と言いたいところだと思います。

    もう一つのポイントは「採用の仕方」にあります。

    多くの医院では採用の仕方を改善する必要があると感じています。

    (続く)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ブログ内容へのご質問、歯科医院コンサルティングの質問等は下記アドレスまでお願いいたします。

    matsutani@funaisoken.co.jp

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから