【医療広告】美容医療などの広告規制について|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 【医療広告】美容医療などの広告規制について

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 【医療広告】美容医療などの広告規制について

    2016年09月11日10:00
    カテゴリー:WEBマーケティング

    いつもお読みいただきましてありがとうございます。

    船井総研の許斐が執筆をさせていただきます。

     

    表題にもございますが、先日以下のようなタイトルがヤフーのトップ記事にて話題になりました。

    「美容医療サイトなどで誇大な表示を禁止 国が規制強化」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00000104-asahi-soci
    
    

    今回は美容医療についての誇大広告の禁止となっておりますが、

    美容医療に次いで、広告規制が近年厳しくなっているものが歯科医院のインプラント治療や矯正歯科であったりします。

    実際に弊社でもたくさんのクライアント様でマーケティングを実施しておりますが、

    インプラント、矯正歯科は非常に広告規制が厳しくなっているのは実感値としてもございます。

     

    今回の流れで、たとえばPPC広告(リスティング広告)などはより一層広告の規制が厳しくなると予想されます。

    規制が厳しくなるということは、たとえば今まで黙視されていた比較広告(地域最安値~)や誇大広告(人気N01~治療)などの

    広告が不承認となってしまうことです。

     

    今回は美容医療への言及でしたが、マーケティングが激化しているインプラント、矯正歯科なども

    今後より一層厳しくなる見込みがございます。

    改めて、医療広告ガイドラインにのっとった適正なマーケティング手法が求められているかと思います。

    また今後の動向も本ブログを通してお伝えできればと思います。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

     

    執筆者:許斐

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから