歯科医師の年収はどう上げればいいのか!?|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 歯科医師の年収はどう上げればいいのか!?

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 歯科医師の年収はどう上げればいいのか!?

    2017年08月10日12:53
    カテゴリー:未分類

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    歯科医師の収入は現在どのくらい?

     

    現在の全国の歯科医師の方の年収は厚生労働省のデータから734万円とされております。

    下の推移表を見ていただけるとお分かりになりますが、ここ10年のダウントレンドであった

    歯科医師の方の年収において、現在出ている最新のデータでは若干上向きとなっておりますが、

    700万円前後とみて良いでしょう。

     

    ▼近年の歯科医の方の平均年収の推移

    平成17年 904.8万円 平成22年 581.9万円
    平成18年 549.3万円 平成23年 750.5万円
    平成19年 780.0万円 平成24年 679.4万円
    平成20年 737.9万円 平成25年 620.9万円
    平成21年 724.3万円 平成26年 734.3万円

    (厚生労働省 賃金構造基本統計調査より)

     

    ※あくまで上記のデータは全体の平均年収となりますので、年収数千万円を稼がれる

    歯科医師の方で平均値が上がる一方、5人に1人は年収300万円と言われるほど、
    「ワーキングプア」と揶揄されてしまう歯科医師の方がいらっしゃるのも実情です。

    実際コンサルを受けるような歯科院長の年収はどのくらい?

     

    この点もよく聞かれるご質問ですね(笑)

    全ての医院様の決算書をお見せいただいている訳ではなく、

    正確な平均値を申し上げることは出来ませんので、

    あくまでイメージとしてお伝えさせていただきます。

     

    私たちのクライアント様の平均的な医業収入で大体年間8,000万円程度

    これは年間2,000万円程度~10億円超まで様々なクライアント様が

    いらっしゃる中でのあくまで中心のレンジがこの程度という風に認識しております。

     

    この平均レンジとなる医業収入8,000万円程度の歯科医院様の

    大まかな規模感・数値感をお伝えすると、

     

    ・月間売り上げ700万円⇒保険売り上げ550万円、自費売り上げ150万円(自費率20%強)

    ・レセプト枚数450枚⇒レセプト単価1200点強

    ・1日延べ患者数⇒40人強

    ・チェア台数4台、スタッフ数DR1、DH2、DA受付3(全て常勤)⇒人件費率20%弱

    ・経費率70%⇒人件費20%、テナント代10%、材料技工代20%、減価償却費10%、その他10%

    ・税引き前の院長(歯科医師)年収2,500万円

     

    といったところでしょうか。効率的に経営されている歯科医院様でこのような利益率です。

     

    この程度の年収があれば歯科医師人生としても余裕のある

    人生を送ることができるのではないでしょうか。

     

    でも年収的にもっと上ももっと下もあるよね?

     

    この点においてもどちらのレンジの歯科医院様もお付き合いがあるので存じ上げています。

    例えば年間医業収入2,000万円の医院様で年収400万円程度、

    年間医業収入6億円の医院様で年収1億円程度等々・・・

     

    年間医業収入2,000万円の医院様ですと本当に生活費に困るような状態でしたが、

    お付き合いして2年で年間医業収入1億円突破した年には、

    歯科医師年収が4,000万円程度になりましたので2年で年収10倍!

    とまさに人生が変わったと感謝していただきました。

     

    どうやって歯科医師の年収を上げることができるのか?

     

    開業されている歯科医師の方が「年収を上げたい!」とお考えになった時に

    まず「経費をどう削るか」の方に目を向けられる方が多いように感じます。

    上記のお付き合い当初歯科医師年収400万円だった医院様も

    「スタッフさんが患者さんごとグローブを変えることのイライラしてしまう・・・」

    と仰っていました。

     

    これはひとつの小さな事象ですが、ひいては患者様へのより良い医療を提供する

    ということに反してしまう大きな視点のずれとも言えます。

     

    歯科医師の方が生活に困らず、余裕のある精神状況で診療にあたることができ、

    尚且つ患者様に対してより良い医療を提供するための機材や材料への投資、

    また人財への投資を積極的に行うことで歯科医師(医院)―患者様―従業員の

    3方良しの善循環が生まれます。

     

    具体的には増患とより善い治療(自費診療)の提案

     

    なのでまず目を向けるべきことは経費の削減ではなく、

    医業収入の最大化を目指すことと言えます。

     

    具体的に実施すべきことは増患と自費診療の提案です。

    そのための数多くの施策がありますが、効果が高くぜひ歯科医師の方に

    行っていただきたい施策をいくつかご紹介したいと思います。

     

    ①新患の獲得のためのポータルサイト活用

     

    現在新患を意識的に獲得できるいる歯科医院様の多くがポータルサイトを有効活用されています。

    掲載して効果の高いポータルサイトは皆様の医院がある地域、

    例えば弊社の大阪オフィスがある淀屋橋付近なら、

    「淀屋橋 歯医者」と検索した際に上位にあるポータルサイトです。

     

    ただ掲載を行うだけでは他の歯科医院との差別化が図れませんので、

    ・受け入れ体制の充実

    ・口コミの促進

    を実施していきます。

     

    受け入れ体制に関してはネット予約、電話予約の受け入れ体制によって、

    検索順位の表示が変動するポータルサイトもありますので、

    可能な限り多くの枠で受け入れができることを掲載していって

    いただきたいと思います。

     

    口コミの促進といってもやらせではなく、

    医院に好感を持っていただいている患者様、治療結果に満足いただいている

    歯科医師の方から患者様にお願いすれば無下に断られることはありません。

     

    まずは2桁の口コミ件数、最終的には同エリアで口コミ数1番を目指していきましょう。

     

    ➁月々払いカウンセリング

     

    ①の取り組みである程度新患の方は増えてきますので、

    次に治療提案の段階でのポイントをお伝えいたします。

     

    自費診療を提案する際にポイントは下記の3つになります。

    ⅰ.原則全ての対象患者様に提案を行う

    ⅱ.カウンセリングの時間を設ける

    ⅲ.月々払いを主としたカウンセリングを実施する

     

    ⅰに関してありがちなのが、

    「自費を選んでくれそうな患者さんにのみしかお話しない」

    という歯科医師の方も多いのですが、まずはこれをやめてください。

     

    治療選択肢を平等に提示するという患者様のメリットにもつながりますし、

    話してみると「前から気になっていたのよね・・・」という患者様も

    自費診療を選択すると思ってなかった患者様が歯科医師の方の積極的な

    提案より選択されるケースも少なくありません。

     

    ほとんどの歯科医院様でこれを徹底するだけで間違いなく自費診療が伸ばせます。

     

    ⅱはⅰの内容につながりますが、

    「カウンセリングする時間が取れなくて・・・」

    とついつい後回しになってしまい、患者様に提案もしないままで

    保険治療を実施してしまうというケースが普段ご相談をいただく

    医院様においても非常に多いです。

     

    例えば

    ・資料取りの終わった二回目の治療計画説明の際に話をして、

    三回目の治療の時に選択結果を聴く

    ・根充のタイミングでお話をする

    といったように、どのタイミングで話をするか、

    またそれはどこで行うのかを決めることから始めていきましょう。

     

    最後のⅲに関してですが、自費診療はどうしても技工料や歯科医師の方の

    時間のかけ方からして一般的な患者様にとっては手の届きづらい金額となってしまいます。

     

    そこで“支払い方の選択肢”を提示することが求められます。

    1本10万円のセラミッククラウンも一般的な感覚からしたら

    「高い!」となってしまいますが、“月々4,500円”(24回払い)で、

    と表現すれば、「それなら私でもできるかも!」と思っていただける

    患者様は非常に多いです。

     

    特に複数歯の修復やインプラント等の高額治療であれば、

    数十万円という金額を見ただけで、治療の価値を歯科医師の方が

    伝える前に患者様は情報をシャットアウトしてしまいます。

     

    また数十万円以上の料金をお支払いいただく際に現金のみ、

    もしくは現金かカード支払いしか受け付けないという業種は

    BtoCにおいて歯科医院くらいと言えるほど、一般的な消費者の

    間隔からはズレてしまっています。

     

    このズレを解消して、支払い方法の選択肢を提示することで、

    患者様の負担も少なく歯科医師の方としても受けていただきたい

    治療を受けていただくことができるのです。

     

    ここまでお読みいただいた熱心な歯科医師の方へ

    上記の月々払いといった支払い方法の選択肢を提示し、
    更に多くの方により善い治療を受けていただく社会を創りたい
    という私たちとしての考えに賛同していただいた企業様と
    共同開発でシステムを開発しました。
    通常導入に数十万円~かかるようなクオリティの治療見積もり
    ソフトを0円で導入していただけます。維持費もかかりません。
    ぜひ導入いただき、貴院の発展の起爆剤にしていただければと思います。
     banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから