「2017年の振り返り、歯科業界における採用のキーワードとは」|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 「2017年の振り返り、歯科業界における採用のキーワードとは」

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 「2017年の振り返り、歯科業界における採用のキーワードとは」

    2018年03月27日00:01
    カテゴリー:人財採用

    「2017年の振り返り、歯科業界における採用のキーワードとは」

     

    こんにちは。歯科医院経営コンサルティングチームの出口でございます。

    今回のブログは出口が担当させていただきます。

     

    ずばり、

    「2017年の振り返り、歯科業界における採用のキーワードとは」

    と題しまして、昨年度の歯科業界における採用マーケットでのキーワードをずらりと上げさせていただき、かいつまんでお話しさせていただければと思います。

     

    これから並べさせていただくキーワードは、

    「実際に現場で起こっている出来事」「学生の口から出た言葉」「実際に成功している医院でやっていること」などを中心にずらりと並べさせていただきます。

     

    ずばり、

    2017年度における歯科業界でのキーワードはこれだけあったのではないかと考えています。

     

    ・複線型キャリア

    ・教育カリキュラム

    ・教育マニュアル

    ・Under30

    ・スキルバロメーター

    ・就職フェア

    ・indeed

    ・時短勤務

    ・社保完備

    ・ホワイトクロス

    ・管理栄養士

    ・保育士

    ・担当衛生士制

    ・クリーンスタッフ

    ・滅菌・清掃スタッフ

    ・Webライター/Webデザイナー

    ・採用専門サイト

    ・医院見学会

    ・スマホファースト

    ・ヒト求心型採用

    ・ターゲット細分化

     

     

    などなど、振り返ってみるとしっかりとした変化が起きていることがわかりました。

     

    今回はかいつまんでお話をさせていただこうと思います。

     

    「Web・スマホファースト」

     

    この内容についてお話をさせていただきます。

     

    よく、いろいろな先生やメンバーとお話をしていると、

    「人の採用はマネジメント領域で見えにくい」とお言葉をいただきます。

     

    私、個人としては「人材採用」はそうではないと考えています。

     

    「人材採用」という領域は、「マーケティング」と酷似しています。

    ですので、やるべきことも同じなのです。

     

    業界や時流(外部環境)がどう変化しているのか?

    それに合わせて、消費者(ユーザー・求職者)はどういった行動をとっているのか?

    そしてそれがどう変化しているのか?それを見極めることが重要です。

     

    それが今回お話しさせていただく、

    「Web・スマホファースト」という考え方です。

     

    いまやスマホが世界を席巻しています。もちろん日本も同じくです。

    いまや国民の大半がスマートオフォンを所持し、

    「アラームもスマホ」

    「メールも電話もスマホ」

    「ご飯を食べる場所を探すこともスマホ」

    「電車の乗り換えもスマホ」

    「銀行の残高を確認するのもスマホ」

    「日常品を買うのもスマホ」

    「洋服を買うのもスマホ」

     

    このようにすべてはスマホベースの行動スタイル・生活へと移行してきています。

     

    そして、それは“仕事探し”も同じくスマホで行うように変化してきました。

     

    「仕事探しは〇〇〇」

    「バイト探しは〇〇〇」

     

    このフレーズはおそらく聞いたことがあるのではないでしょうか?

    そうですね。Indeed(インディード)の特徴的なCMです。

     

    しかし、これは非常に理にかなっています。

    検索することを誘導するCMと、何をするときに使うのか?が明確です。

     

    結果、CM以降、indeedを使用する求職者は爆発的に増えています。

    なぜ、これほどに伸びたのかは、おそらく「スマホで仕事を便利に探せたら。。。」と考えていたユーザーが多く存在し、その層がしっかりと流れたからです。

     

    こういったように、いまや「仕事探しはスマホ」なのです。

     

    こんな時代にみなさんはどうやって求職者を集める駅でしょうか?

     

    「ハローワークに行くこと?」

    「地域のローカル誌に求人広告を載せること?」

     

    そうでしょうか?

     

    私はそうではないと考えています。

     

    Indeed・グッピーをはじめとした、スマホ対応の媒体に広告を掲載し、

    スマホで見た際に「目立つように」「見やすいように」響く求人原稿を書くことだと考えています。

     

    そして、それを最大化させることができるものが採用サイトだと考えています。

    ただし、これを立ち上げる際には非常に気を付けなければなりません。

     

    ただ作るのではなく、Indeed対応で作ることが不可欠です。

     

    実際に私が訪問している医院様でも、その形で立ち上げることで、

    月3件以上の応募をコンスタントに獲得できています。

     

    これは「Web・スマホファースト」を徹底しているからです。

     

    まだまだ、私の目から見てここをやり切れている医院様は少ないです。

     

    しかし、この少ないときにどれだけ時間とお金を投資して、

    競合医院より先に市場に攻め込めるか。

     

    これが重要です。

     

    みなさまもぜひ、今一度求人の体制を見直されてはいかがでしょうか?

     

    また、今回のキーワードの中でもう一つ面白かったことは、

    「ヒト求心型採用」です。

     

    これは次回のメルマガやブログの時にでも触れようかと思います。

     

    お読みいただきありがとうございました。

     

    出口

     

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから