評価制度を導入する際に考えておくべき3つのこと|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 評価制度を導入する際に考えておくべき3つのこと

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 評価制度を導入する際に考えておくべき3つのこと

    2017年06月29日23:25
    カテゴリー:人財採用

    皆さん、こんにちは。
    歯科医院経営コンサルティングチームの坂下大樹です。

     

    6月、7月は賞与を支給される医院様も多いかと思いますので、

    今回は、「評価制度を導入する際に考えておくべき3つのこと」をお伝えします。

     

    そもそも、評価制度はどうやって導入すればよいのか?

    どういう考えで設定すればよいのか?

     

    という疑問に対して、1つの指針をお伝えさせていただきます。

    私がお手伝いさせていただく医院に対しては、下記の3つの軸を

    もとに、評価賃金制度を導入させていただきます。

     

    1.個々人の能力に対する還元(定量的評価)

    個人のスキルや資格などに対する還元を示します。

    歯科医師や歯科衛生士であれば月次の点数も指標になります。

     

    (還元方法)

    月々の給与にて還元する制度を導入します。

    医院にあわせてスキル評価を設定し、それに基づいた

    ランク分けを実施し、技能手当などによって手当を付与します。

    資格については、事前に資格ごとに手当金額を設定し、

    その資格を取得した者に対して、資格手当として支給します。

    チーフなどの役職手当などもこちらに準じます。

     

    2.個々人のやる気に対する還元(定性的評価)

    理念に基づいた行動に対して評価を実施します。

    いわゆる評価制度というものがこちらに該当します。

     

    (還元方法)

    賞与にて還元を実施します。

    評価制度の運用を考えると、夏季賞与は一律に設定し、

    冬季賞与にて評価・還元を実施する方が運用しやすいです。

     

    3.医院の数値目標達成に対する還元

    毎年年初もしくは期首に設定した目標に対する達成度合いを

    年間を通じて評価します。

    こちらは、月次の売上目標だけではなく、売上目標を達成するために

    必要であるさらに細かい数値目標を設定することをお勧めします。

    自費売上でなく、自費補綴の本数を月10本、

    1日来院患者数ではなく、キャンセル率10%以下(1日5人以下)、

    のようにより具体的な目標を設定するほうがよいです。

     

    (還元方法)

    1年を通じて評価し、全体に対する還元を実施します。

    例えば、達成度合いに応じて院内旅行の行き先が決定する。

    新年会の食事のグレードが変わる、スタッフルームの設備が変わる、

    といったよう非金銭的な還元方法が良いです。

     

    さて、上記のように評価制度といっても、様々あります。

     

    これらをバランスよく導入することで、スタッフのモチベーション向上や

    組織力の向上につながります。

     

    ただし、以下の3つを導入の前にできていない場合、

    導入をしても運用に苦労し、頓挫してしまうケースが多くなります。

     

    下記の3つを達成できているかを確認した上で、導入を検討してください。

     

    1.業績が昨年対比で110%以上成長している(し続けている)

    賞与にしても給与にしても、還元する原資は限られています。

    業績が成長していない状況で還元を実施すると、全体に対して、

    マイナスの還元をせざるを得なくなり本末転倒です。

    安定的に還元するためにも、売上もしくは利益ベースで昨対110%は必要です。

     

    また、人件費率についても25%に収まっている。

    少なくとも30%以下になっている状態でないと、これ以上の還元は難しくなります。

     

    2.経営理念が明確で、数値目標や行動目標が明確に示されている

    評価制度は前述したように、数値目標や行動目標が明確になっている必要があります。

    またその前提として、経営理念があり、医院がどの方向に向かっているのかを明確に

    させていらっしゃいますでしょうか?

    医院の目指すべき方向性が見えないまま評価を実施しても、うまくいきません。

    経営理念や数値目標などを明確にし、経営方針発表会などを通じて、

    毎年スタッフに示し続ける必要があります。

     

    3.院長もしくは幹部がスタッフ1人1人とコミュニケーションをとることができる

    評価制度の導入後、もっとも失敗に陥るケースが、個々人へのフィードバックが

    できないことに起因します。

    特に定性評価については、不明瞭な部分も多いため、個人個人へのフィードバックが

    ないと、スタッフは院長(医院)に対する不信感が生じ、組織が崩壊することもあります。

    評価制度の導入にかかわらず、組織としてうまくいっている医院は、院長とスタッフの

    コミュニケーションが取れていることが重要となります。

    少なくとも、月に1回は個人面談などの実施をおすすめします。

     

     

    評価制度の導入には、いくつかの方法とその前提となる3つの重要な考え方があります。

     

    導入は比較的簡単ですが、運用が難しいです。

     

    これらを理解したうえで、導入を考える際は慎重に進めていただければ、と思います。

     

    「当院では、導入をしても良いのか?」と気になる院長様は、

    お気軽にご相談くださいね。

     

     

    以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

     

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから