ブログ|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントコラム

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 成長する院長が心がけていること

    2010年06月27日22:23
    カテゴリー:優れた院長の思考

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    先日、顧問先の院長と食事をさせていただだきました。

    その院長は数年で業績を数倍にも伸ばされた顧問先の中でも

    随分成功された院長のお一人であります。

    その際に、「医院経営において気をつけられていることはなんですか?」

    とお聞きさせていただきました。

    そこでの要点はズバリまとめると

    「よいと思ったことは即実行する」ということでした。

    実際、実行量が増えると、その分成果も何倍にもなって出てくる。

    またその成果の出るスピードも速くなる、という事実として表れています。

    何をやるか、という手法の問題ももちろん重要なのですが、実行力を

    どのように高めるか、という点の方が重要だと感じました。

    歯科医院院長という多忙な職種上、周りに先駆けて実行できることは

    大変なアドバンテージになると思います。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    【歯科】職場環境づくりのススメ

    2010年06月26日23:28
    カテゴリー:スタッフ採用・育成ノウハウ

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    先日、ある医院で就業規則、院内勤務規定を作成させていただきました。

    よいスタッフを採用し、定着させようと思えば、

    よい職場にしないといけないと考えます。

    よい職場とは様々な要素が必要と思いますが、

    その一つとして、勤務条件や就業規則、規定が明確なことだと思います。

    きちんとした条件が整っている職場の方が

    働く方としては意欲的に働けると私は思います。

    例えば自分が勤務医として働く場合や自分の子供を働かせるとするならば

    環境が整っている医院を選ぶのではないでしょうか。

    よいスタッフを採用したいという院長は多いと思うが

    スタッフが働きたいと思う職場かどうかということがポイントだと思います。

    よく「歯科医院は小さな家業みたいなものだから

    そんな規則は決めなくてもいいんじゃないですか」という方もいらっしゃいます。

    しかし小規模だからこそきちんとしたルールや条件が定まっている医院であれば、

    スタッフの信頼性や安心感は向上するのではないでしょうか。

    上記の院長は元々は条件や規定は特に決める必要はないのではないか、

    という考えの方であったが、本当にスタッフを大事にするのであれば、

    きちんとした規定を作成することが必要だという考えに至り、

    その必要性やその方がモチベーションが

    向上することを理解され、作成しました。

    より魅力的な職場環境が整ってきたと思います。

     

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    スタッフと歯科医院が一体化している所の共通点

    2010年06月25日19:20
    カテゴリー:スタッフ採用・育成ノウハウ

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

     

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    スタッフと医院が一体化している医院を見ていると共通点があると感じます。

    それは、そういった医院ほど「医院の方向性が明確」だということです。

    「医院の方向性」とはわかりやすく考えると「どういう診療を目指すか」ということでもあります。

    例えば、


    「○○地域で義歯と言えば当院と呼ばれるような存在になる」

    「矯正治療と予防歯科の両立を目指す」

    「総合的な歯科治療が受けられるオールマイティな医院を目指す」

    「最先端の技術を提供する」

    「アットホームな雰囲気とおもてなしの心をもって診療にあたる」

    など、色々なスタイルが考えられますでしょう。

    スタッフさんはこのように医院が、「院長が何をしたいのか、どうしたいのか、」

    が明確であればあるほど、

    何をすればよいのかがはっきりとし、自分達の仕事にも落とし込みやすくなります。

    もちろん、そのことを常にスタッフさんに伝える、情報発信しておくことがあわせて大切です。

     

    自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

    banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    自費診療希望患者に来院いただけるホームページとは

    2010年06月24日23:36
    カテゴリー:広告ノウハウ

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    自費希望患者が来院したいと思うようなホームページを作成しよう

    と考えたとき重要な要素は何でしょうか?

    それは何度も見たいと思うようなサイトかどうかということにあります。

    自費を希望する患者は誤った医院選びをしたくないので

    相当慎重に医院を選びます。

    必然的に複数のホームページを複数回確認することでしょう。

    この時に複数回見たいと思うようなホームページに

    なっているかどうかということが重要になるのです。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    携帯ホームページ

    2010年06月23日20:26
    カテゴリー:増患ノウハウ

    こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

    携帯ホームページの効果が増してきているようです。

    顧問先のデータを見ているとコンスタントに毎月数名来られている医院さんも多い。

    年間では20名は越えると予測される。

    おそらく若年層や主婦の方々などの場合、

    より手軽なネット端末として携帯電話を利用されているようです。

    以前は、将来的には携帯でパソコンホームページが

    見られるので携帯HPは必要ないという意見もあったが

    現状を見る限り、携帯専門ページも必要性が高いだろう。

    複雑なものでなければ10万円以内で作成できるので

    集患対策の一つとしてお持ちでない方は是非検討ください。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから