ブログ|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントコラム

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 2025年以降を見据えた2020年までの経営計画

    2018年01月10日12:30
    カテゴリー:未分類

    新年明けましておめでとうございます。

    船井総研の砂川でございます。

    今回のメールマガジンから

    3回連続で砂川が担当させていただきます。(本日、明日、明後日で配信させていただきます。)

    本メールでは、

    昨年末に当社のFDIという歯科医院の経営者向けの経営研究会にて

    お伝えさせていただいた、2025年以降を見据え、

    2020年までに行っていただきたいことという内容を

    発信させていただきます。

    当日は150名程度の院長先生方にご出席いただいた

    ということもあり、かなり気合を入れてお伝えを

    させていただきました。

    会員様におかれましては、後日当日の動画を配信しますので、

    ぜひご覧いただければと思います。

    今回はメールマガジンですので、

    以下の3点を3回に分けてお伝えいたします。

    ① 2025年以降を見据えた2020年までの経営計画

    先日、医療・介護・福祉・教育関係の経営者様向けに

    3日間の経営計画策定に関する合宿を行いました。

    当然弊社もホールディングス単位で経営計画を立てていますし、

    もちろん我々歯科医院のコンサルティンググループとしても

    綿密に立てているですが、

    お客様向けにも経営計画策定のための時間を

    みっちりと取っていただこうといった趣旨で行っているものです

    (当日は弊社のコンサルタントも30名以上参加をしました)。

    もちろん、船井総研のこのような企画に参加をしなくても、

    自社で経営計画くらい作っているので大丈夫です!

    という先生方もいらっしゃるかと思います。

    それであればとても素晴らしいと言えます。

    ただ、日々の仕事が忙しくて、目の前のことをやるので

    精一杯だという先生もいらっしゃるかと思います。

    そんな先生方も多くいらっしゃるかと思いますので、

    この機会にぜひご自身で立ててみていただきたいと考えています。

    なぜこれほど経営計画を立てましょうと言うのかといえば、

    理由はたくさんあるのですがそのいくつかをご紹介します。

    例えば、現在日本の景気動向指数をみてみると、

    戦後2番目に長い広義的に言えば好景気という数字が出ています。

    GDPや実質賃金などをみてみるとほとんど変わりはないため、

    実感が沸いていないというのが現実だと思います。

    しかしこの好景気はいつまで続くのかという観点と、

    現状うまくいっていないとこれからどうなっていくのか、

    という2つの観点を市場に公開されているデータから

    考察すると、2020年までに経営を盤石にしておく必要があり、

    あらためて綿密な経営計画を立てる必要があると考えているからです。

    まず、現在の好景気は2019年の9月頃までが

    一つの区切りだろうと弊社としてはみています。

    言わずもがなですが、増税とオリンピック景気のタイミングです。

    当社の全社会議の中でも、それまでにお客様の会社、

    医院を盤石にしておく必要があるということを強く言われています。

    また、現時点で、医院が伸びていない、

    具体的には(売上ではなく)一人当たりの生産性が伸びていない、

    従業員の定着率が伸びていないという2つの視点で

    見ていただければ概ね間違いないと思います。

    離職率が高く、人の入れ替わりが激しい

    というのはこれからの時代は淘汰されていくというのは

    当たり前の話なのですが(院長だけでできる範囲で診療を

    行うというのもある種の答えという場合も出てくるかもしれません)、

    ここで言っているのは、結婚するから仕方ない、

    子育てがあるから退職は仕方ない、

    といったレベルでは今後は厳しい

    というくらいに考えましょうということです。

    上記の定義で言えば伸びていないという医院さんも、

    そうはいっても多くあると思います。

    該当する医院さんは、

    2020年以降、かなり厳しいと言わざるをえません。

    例えば、2020年には女性の過半数は50歳以上になり、

    出産可能な女性が大きく減り始めるといった時代です。

    2025年には生産年齢人口(15歳〜65歳)が

    58%にまで減少、人手は現在の低成長(0.8%成長)

    でいっても約580万人の人で不足(現在は約250万人の不足)

    になる推計が出ています。

    現在が250万人の人手不足と考えると、

    想像をはるかに超える人手不足に陥ることになります。

    もしかしたら無資格者の給与は都内だと27万〜/月、

    新卒歯科衛生士は30万〜/月などに設定しないと応募すらない、

    という時代がくるかもしれません。

    恐らく結構現実的な数字だと思います。

    それくらい人が足りなくなるということです。

    御多分にもれず、船井総研ホールディングス自体も

    これらの状況を把握しているため、

    たかだかコンサルタント800人程度の会社ではありますが、

    新卒は毎年150名程度入社しています

    (もちろんハードルは年々上がっています)。

    2020年には200人採用をする方針です。

    社員の平均年齢も20代になってきました。

    そのためには、耳にタコができるほど

    お伝えしている内容ではありますが、

    生産性と定着率を上げることをまず前提に考える必要があります。

    そして、それらを前提に、綿密に経営計画を立てる必要があります。

    ひとまずの勝負は2020年までと考え、

    中期経営計画を年始のこのうちにあらためて時間をかけて

    策定していただければと思います

    (日々お忙しいのは重々承知の上でのお願いです…)。

    以下、次号以降にお伝えする内容です。

    ② 来る人口難に備えた生産性向上

    ③ 組織力の向上(会社好き・仲間好き・仕事好き)

    新年早々長くなりましたが、以上になります。

    今年も、歯科業界の成長と発展のために

    少しでもお力添えができればと考えております。

    本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

    船井総研 砂川大茂

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    2018年走り初め!訪問歯科立ち上げを目指す医院様の多くのお声にお応えして

    2018年01月05日18:00
    カテゴリー:訪問歯科

    皆さん。
    こんにちは。船井総歯科コンサルティングチームの若木伸文です。

     

    早くも三が日があけ2018年もスタートとなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

    年末年始のお休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。

    私も岡山、広島、奈良と挨拶や親族まわりをしているとあっとゆうまに時間が過ぎましたが、

    年々こういった集まりの有り難さが身に沁みます。

    健康で美味しいものが食べれて他愛もない話ができること、とても大切ですね。

    気が早すぎますが、来年初もそうあれるように、今年も目一杯走りたいと思います。

     

    さて、『健康で美味しいものが食べれて他愛もない話ができること』と上記でも触れましたが、

    私の所属する船井総研の訪問歯科チームでは、『食支援』というテーマで、

    高齢になってもずっと自分のお口から食べられる=ずっと健康で生きる、という点を

    歯科医院様がサポートしていけることを標榜しサポートをさせて頂いておりますが、

    本年は普及・促進の元年といっていい、多彩な取り組みのご用意を行っております。

     

    その第一弾、走り初めとして、歯科機器のパイオニアとして創業から83年、訪問診療機器の製造販売も30余年、

    医療現場でのニーズにこだわり自社で開発・製造・販売・メンテナンスを一貫して行っている長田電機工業株式会社様と

    セミナーを共催させて頂きます。

    背景として、昨年も相当数の医院様から訪問歯科参入・拡大に関するご相談を頂き、お伺いさせて頂きましたが、

    その中で、

    ・はじめるにあたって機器器具はどこまで揃えればよいか

    ・訪問機器の使い方を具体的に教えて欲しい

    、というお声を多く頂戴していたところ、同社のご担当様より折良くお話を頂戴し、

    本セミナーを開催できる運びとなりました。

     

    —————————————————————————————————-

    ■日時:2018年1月21日(日)13:30~16:40

    ■会場:NATULUCK大宮東口店 大会議室

    埼玉県さいたま市大宮区宮町4-144

    古賀屋SKビル3階 (JR大宮駅より徒歩7分)

    ■参加費:歯科医師         5,000円(税込)

    歯科衛生士・スタッフ  2,000円(税込)

    ※参加を希望される場合、下記メール・もしくはお電話までご連絡ください。

    n-wakaki@funaisoken.co.jp 090-9702-9101

    40限定です。お早めにお申込みください。なお完全予約制の為に

     予約のない当日参加はできませんのでご注意ください。

    スタッフのみの参加は原則できませんので、予めご了承ください。

    —————————————————————————————————-

     

    当日は同社専任担当による機器実践編から、訪問診療のトップランナーのおひとりであられる

    医療法人社団定仁会小貫歯科医院の飯島美智子先生のお話しまで、見逃せないプログラムとなっております。

    また、場所は北関東や甲信越の医院様にもアクセス頂き易いよう、埼玉県大宮を選定させて頂きました。

    東京開催の場合が殆どですので、嬉しい医院様も多いのではないでしょうか。

    もちろん首都圏からのアクセスも容易ですのでふるってご参加頂ければと思います。

     

    来年もそうであったように今年もすぐに過ぎ去ります。決断した場合も、しなかった場合も同様です。

    できれば決めて、やり切って、早かったが良い一年であったと一医院でも多く思って頂けるよう、

    弊方も邁進する決意です。

     

    本年もお付き合いののほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    『矯正に対して成約前の患者様が抱えるニーズ&不安』

    2017年12月28日10:00
    カテゴリー:矯正市場について

    皆様こんにちは、いつもお読みいただき誠にありがとうございます。

    船井総研歯科チームの中村大地でございます。

     

    本日は、マウスピース矯正で成功している医院様についてのご紹介をさせていただきながらタイトルの内容に触れていきたいと思います。

     

    この医院様は開業して2年目の医院様ですが、今話題のマウスピース矯正において驚きの成約件数を出しております。月間での成約件数は平均7件 成約率は70%にも及びます。

     

    では、どのような施策を行っているのでしょうか?

     

    本題に入る前に少し『矯正』について触れさせていただきますが、

    矯正分野の市場が現在とても活性化していると感じる医院様は少なくないのではないでしょうか?

    時代の流れにより、

    ①そもそもむし歯が少なくなる⇒消費者の審美志向が強くなる

    ②共働き・1人っ子が多い⇒金銭的生活に余裕が生まれやすい&こどもにかける金額が少なくなる⇒成人矯正&小児矯正、いわゆる矯正分野(審美的な治療)に投資できるようになった。

    ③マスメディアにおける『口呼吸』『歯並びは審美要素だけでなく健康にも影響』といったような審美に留まらない打ち出しにより、歯並びへの危機感が強まっている

    ④ネットの普及により、気軽に矯正の金額や内容などを比較できるようになり、

    矯正分野の敷居が低くなったことによる矯正市場の拡大。

    ※これからの時代は大前提にHPなどのWebが必須となります。

    早めの対策をおすすめいたします。

    ほんの一部ですが、以上のような要因が矯正市場への活性化影響を与えております。

     

    こちらの医院様では

    以上のことだけでなく

    来院患者さんのニーズに沿い、

    ・矯正っていつまで続くのだろうか?

    ・矯正って高すぎるのではないか?

    ・矯正に興味があるけどやってみる勇気は出ない

    といったような不安を、対策することで爆発的な成約件数を確立しております。

     

    しかしながらこちらの歯科医院様の先生は矯正の専門医ではございません。

    それでも、成約率70%を超え、成約件数も7件出しております。

     

    矯正分野においては現代の時流に沿い、その時代によって変化した消費者の動きに合わせるアクションを取る事だけでも効果はあります。

     

    歯科業界だけでなくても基本的に

    『価値を提供する=不安を解決する&利便性を与えて欲求を満たす』ということになります。

     

    一度、相談の際などに

    ・矯正をする事への不安

    ・いつまでに終わらせたいか

    など何か患者様の不安を無くすような質問を投げかけ、その回答を行い、

    患者様の心の歯止めを無くすことから始めてみてはいかがでしょうか。

     

    御拝読誠にありがとうございました。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    「”たった3つ”の事を実施。  “未経験・後発医院”でもこんなに伸びた!訪問歯科セミナーのご案内

    2017年12月25日09:05
    カテゴリー:訪問歯科

    皆さん。
    こんにちは。船井総歯科コンサルティングチームの川口克洋です。

    さて、年末が近づいて参りました。
    経営者の皆様も今年の振り返りと、2018年度の目標について時間を取って
    立て始める時期に来たのではないでしょうか。

    来年を考えるうえで、重要なテーマは〝変化”ではないかと思います。
    理由は簡単で、世の中が変化しているからです。
    実際に今年起こった変化をマクロな視点で見てみましょう。

    1.人財の獲得競争の激化による、人件費、採用費の高騰
    2.急速なデジタルシフトが顕在化
    3.業界外からの業界破壊者の登場

    が挙げられます。

    最近「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」という方を読みました。
    この本では、仮想通貨、フィンテック、シェアリングエコノミー等の
    「新しい経済」を私たちはどう生きるか。
    について書かれた良書です。

    この中で面白かった内容で
    デジタルシフト社会において、
    視覚、聴覚で感じた事の情報共有(SNS)から
    五感を通じた情報共有(VRを用いて)への転換です。
    例えば、今までは「あそこの歯医者は良かったよ」などの共有で終わっていたものが
    「あそのこ歯科ではこんな体験ができるよ」と言った
    嗅覚、味覚、触覚を交えての共有に変化してくる時代もそう遠くはないでしょう。
    このテクノロジーのスピードは凄まじいものがあります。

    では、皆様の今年行った「変化」は何でしょうか?
    今の質問に即答できない、経営者様はまず、いないと思います。

    もう一つお聞きします。
    ではその変化を「どのようなスピードで〝決断し実施”」されましたか?
    このスピードは人によって全く違います。

    結論から申しますと、
    「変化を受け入れ、スピード感を持った意思決定と実施」が
    今後、歯科医院経営の肝になってくると私は考えます。

    では、どのようにすればそういった考え方になれるか。
    答えは一つです。

    「変化を受け入れ、スピード感を持った意思決定と実施」した方の事例を聞くことです。
    まずは、こちらをご覧下さい。

    http://www.funaisoken.co.jp/file/pdf_seminar_025912_01.pdf#_ga
    =2.110656653.945675937.1513998812-1915685250.1506841584

    そして次に以下をご覧下さい。

    http://funai-dental.com/lp/houmonshika/syokushien/

    表記の理事長は、
    “未経験・後発医院”ながら訪問歯科参入後たった13カ月で訪問レセプト61枚達成
    計6名の採用にも成功されたお方です。

    なぜ、変化を受け入れ、新規ビジネス(訪問歯科)を軌道に載せることが出来たのか?
    この採用難時代に有資格者6名も採用できたのか?

    について、より実践的な内容となっております。
    決断力のある、経営者様、お待ちしております。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    医院改善の優先順位に沿った施策<自費率アップ編>

    2017年12月18日16:51
    カテゴリー:自費率向上ノウハウ

    皆さま、こんにちは。
    船井総合研究所 歯科医院コンサルティングチームの宮長 克成(ミヤナガ カツナリ)でございます。

    前回のブログ(http://funai-dental.com/425-22/)では、

    リコール誘導の体制を整えることの重要性をお話させていただきました。

    簡単に振り返りますと、

     

    ・患者様に定期健診の大切さを伝え切れているか

    ・スタッフの患者様への接客対応はどうか

    ・院内の清潔感は損なわれていないか

     

    といった、基本的な要素を達成できているかどうかを見直しましょうという内容でした。

     

    逆にいうと、こういった「当たり前」をきちんと達成出来ているという、【土台】がない医院さんは、苦労しやすいです。

    思いつきによる施策を打っても、効果はそこまで期待できません。

     

     

    さて、リコール誘導の体制を整えた前提で、今回は、自費率アップの為のお話です。

     

     

     

    自費率を向上させる手法ですが、非常にざっくりと大きく分けて

     

    ①保険診療か自費診療かを選択される患者様に自由診療を選んでいただく

    ②自費診療を受けたいという患者様を直接医院の外から呼んでくる

     

    の2パターンがございます。

    ①はWebサイトを活用した手法が多い為、今回は②のどの医院様でも始められる、自由診療の選択率を向上させるための手法について、お話させていただきます。

     

    そもそも、自費選択率の向上の為に必要なのは、細かい要素を除けば、

    ・自費診療の価値を正しく患者様に伝えられているか

    の1点のみでございます。

     

    ここで一旦みなさまには、現在地を確認していただきたいのですが、

    皆様の医院では患者様に、【自由診療とはどのような診療なのか、価値はあるのか】

    を正しく、丁寧に伝えていらっしゃいますでしょうか。

     

    出来ているかどうか「わからない」という方は是非一度、

    自院の【自費の補綴本数】と【保険の補綴本数】をご確認ください。

     

    自費診療の価値を伝えるという行動がうまく機能しているかどうかは、

    「歯冠補綴の自費診療選択率」に如実に現れます。

     

    この「補綴治療における自費診療選択率」が自費率アップの【土台】となるといっても過言ではありません。

     

    理由は、補綴治療は、ほかの診療と比較して圧倒的に選択の頻度が高いから。

    日々患者様が自費か保険か悩まれるのが、この補綴治療です。

     

    自費率が非常に高い歯科医院は、押し並べて歯冠補綴の自費診療選択率が高いです。

    そして日々、「自由診療の価値を正しく伝える体制が整えている」からこそ、

    補綴治療以外の自費診療の誘導率も高まるのです。

     

    前置きが長くなりましたが、

    【自費の補綴本数】が【保険の補綴本数】よりも下回っている医院様は、

    まずは日々の「補綴治療」で、自費診療を選択していただくことに向けて、動いていくことが必要となるでしょう。

     

    何をしていいかわからない、という医院様は是非補綴治療から、

    自費誘導を始めてみてはいかがでしょうか。

     

    次回は自費補綴が選択される為の

    【必ずやっておかなければならない3つの事】についてお伝えさせていただきます。

     

    ご拝読誠にありがとうございます。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから