ブログ|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントコラム

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 訪問歯科の始め方

    2018年04月25日11:09
    カテゴリー:未分類

    皆さん。

    こんにちは。船井総研の松岡佑磨です。

     

    最近弊社への問い合わせでも訪問歯科参入に関するご相談が激増しています。

    やはり、皆様口をそろえておっしゃられるのが、か強診算定に向けて訪問歯科の実績がネックになるという事です。

    か強診算定の有無で弊社のクライアントでも、訪問歯科×SPT(Ⅱ)中心で、か強診届け出後、人数変わらず売上1.5倍になる様な、算定により得する医院様の事例も出て来ております。

     

    そこで本日は、訪問歯科参入拡大についてお伝えさせて頂きます。

     

    現在、既に訪問歯科を行っており、より拡大していきたい医院様から、今後参入していきたい医院様まで様々な状況の方がいらっしゃるかと思いますが、訪問歯科参入拡大には大きく分けて、3つのステップがあり、以下になります。

     

    ステップ1:参入の準備

    ステップ2:居宅シェア拡大

    ステップ3:施設案件獲得

     

    ステップ1と2が主に新規参入していく医院様向けであり、ステップ3が拡大していく医院様向けとなっております。

     

    今回は、ステップ1の訪問歯科実績0件の方向けに書かせて頂きます。“か強診”を算定していくために、5回以上の実績が欲しい方には是非ご覧いただきたい内容です。

     

    まず、訪問歯科を始めるにあたって必要な事は、主に以下5点になります。

    ・介護業界および保険の理解

    ・申請関係の準備

    ・訪問器具の準備

    ・診療の流れの確認

    ・訪問歯科マーケティング初級編

     

    それぞれ簡単に以下にて解説させて頂きます。

     

    ■介護業界および保険の理解

    外来と訪問歯科の異なる点として、共に働く方々が変わるという部分があります。

    中でも、ヘルパー・看護師・ケアマネ等との多職種連携は大変重要になります。

    多職種連携を行う上で大切な事は相手を理解することです、例えば、業界背景や仕事内容等になります。ここを理解しているといないとでは、仕事のやりやすさなどが変わってきますので、是非知っておいて頂きたい部分になります。

     

    ■申請関係の準備

    訪問開始前に届け出が必要な書類から、訪問時~訪問後に必要な書類まで、多岐にわたります。訪問先は居宅なのか施設なのか?保険も医療なのか介護なのか?対応者も歯科医師なのか歯科衛生士なのか?正しく理解し、きちんと進める必要があります。

     

    ■訪問器具の準備

    たまに頂くお声の中に、「何百万円もする機器を購入しないと訪問って始められないのか」というものがあります。答えとしてはNOです。確かに、必要になるステップはありますが、少なくともこの参入の準備段階ではまだ不要です。訪問初期は、入れ歯調整が主になる場合が多いです。よってまずは、エンジンとダストガードをご用意頂き、他必要な器具は院内で既に使用している物を流用するかたちで、かかる費用としては、状況にもよりますが約5万円位から訪問は始められます。

     

    ■診療の流れの確認

    歯科検診をはじめ、契約時の確認物から、訪問時の歯科医師と歯科医師の業務の流れまで、未実施の場合だとイメージが中々難しい場合もあるかと思います。また、歯科検診は治療や口腔ケアにつながる活動なので、他院と差別を図った手法や患者化し易い流れを抑えた上で臨むことが必要です。

     

    ■訪問歯科マーケティング初級編

    参入の準備段階では、医院側で慣れない部分が多くなるので、既存の患者さんから始めることがベターです。つまり、外来の患者さんです。今回の改定でもありました、“訪問歯科移行加算”からも外来から訪問への誘導は必要なことが分かります。多くの患者さんは通院できなくなったら、終わりと思われている方もいらっしゃいます。そんな方に対し、問診票の変更をはじめ、ポスター、動画、三つ折りパンフレット、声かけを通し計画的に認知および訪問歯科の利用を促していくことが重要です。

     

     

    コチラの内容に関してより詳細情報をご希望されます方は、以下URLより、ご相談および無料ダウンロード資料による訪問歯科に関する情報発信も行っておりますので、ご確認頂ください。

     

    http://funai-dental.com/lp/houmonshika/entry/

     

    居宅シェア拡大編や施設案件拡大編も追って、発信させて頂きます。

     

    ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    新しいコンセプトの小児矯正

    2018年04月21日11:09
    カテゴリー:未分類

    【新しいコンセプトの小児矯正】

    いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。歯科矯正チームの中村大地でございます。

    今回は、現在、新たな市場として成長している予防矯正という存在についてお話しようかと思います。

    もちろんご存知の方もいらっしゃると思いますが、「なんだそれ?」と
    思われる方も多いかと思います。

    しかしながら、その予防矯正のご質問や予防矯正をやってみようという
    医院様が増えてきていることも事実です。

    まず、何事も、どこの市場でも流行が起きるにあたって
    その源流=原因はあります。

    今回のメールマガジンでその原因を探りつつ、どのような治療であるのか?
    という部分まで触れさせていただければと思います。

    予防矯正とは既存の治療でいうのであればMFTなどの口腔機能訓練に
    近い存在となります。口腔機能訓練といえば診療報酬改定により
    小児口腔機能管理加算が起こりましたね。

    いわゆる、従来のようなワイヤー矯正も正しい治療ですが、
    歯並びが悪くなる原因である口呼吸などの呼吸異常や嚥下異常など
    口腔機能異常をお子さまの頃から治療することで悪い歯並びを予防しよう
    という治療となります。

    この治療の特徴と致しまして、審美面だけでなく、お子さまの成長に関わる
    異常を予防することになりますので、健康的な正しい成長を促す事もできる
    非常に社会性の高い治療となっていることです。

    矯正器具だけではなく、口腔機能訓練を織り交ぜたアクティビティを
    一緒に行うこともこの治療の特徴となります。

    正しい訓練で悪習癖を取り除き、歯並びと成長、いわゆる「審美・健康」を
    治療し、正しい未来に導こうという治療でございます。

    このような治療が存在したとしても、患者さんから求められている
    治療なのか?ニーズに正しくあてはまるのか?という疑問が
    生じること思います。

    少し市場背景を見つめつつ、ニーズの確認をしてみましょう。

    ◆少子化・共働き・小児のカリエス減少によって起こる市場の変化
    現代では、昔といわずに、つい10年、20年前と比較してもカリエスの
    割合が大きく減少したと実感されている医院様も多いかと思います
    そして、カリエスの減少だけでなくその他の要因として、少子化や共働きと
    いうワードが市場の変化を感受できる背景となっております。

    1.少子化・共働きによる1人当たりの子どもにかける金額面の増加
    現在、人口減少により日本全体が悩まされていることは周知の事実です。
    その影響で、少子化・共働き・女性の働き手増加などの要因が多くなり、
    それにより子供にかける育成金額の増加(正常財)が見られます。
    もちろん、両親だけでなく団塊の世代である祖父母までもが財を育成費用に
    かける傾向が強く見られるようになっていることも言うまでもありません。

    2.小児のカリエス減少による「予防の意識」増加
    現在、小児(5~12歳)のカリエスが減少しており、この24年間で
    割合を見てみると半分にもなっているというデータがフィリップスからも
    出ております。
    そして、歯科へ通う治療内訳を見てみるとサンプル数3,000強もの割合で
    見ても定期健診が85.4%、そしてフッ素塗布(これも定期健診に含まれる
    かもしれません)が次いで54.0%。むし歯治療は23.9%とかなり減少しており、
    その代わりに予防治療の割合が大きく増加していることが分かります。
    今後もこの割合は増加していくと予想されております。

    3.マスメディアの報道&消費者行動の変化
    現在、私たちの生活はマスメディアやインターネット抜きでは語れない存
    となっており、スマートフォンをはじめとした電子機器媒体で情報を
    仕入れる消費者がほとんどとなってきました。

    今日、マスメディアにおいて『口呼吸』『歯並びは審美要素だけでなく
    健康にも影響』といったような審美に留まらない口腔への危機訴求により、
    消費者の中でより一層、子どもの歯並び・健康への危機感は強まって
    きています。
    また、インターネットの普及により、今日のような受信情報だけでなく、
    自らも子どもの審美・健康治療に興味を持った際に、気軽に矯正の金額や
    内容などを比較できるようになりました。

    その結果、消費者の中での矯正分野の敷居が低くなり、
    矯正分野の市場の拡大への影響を与えることとなりました。

    以上だけではありませんが、時代の変遷によって小児の
    「予防」「矯正」「健康」という分野の需要拡大に影響を与えている
    ことが分かります。
    だからこそ、「予防矯正」「口腔筋機能訓練」というワードが
    歯科市場の中で飛び交うようになり、類似したメカニズムの
    小児口腔機能管理加算という報酬改定が今、起きた事実である
    のではないでしょうか。

    ◆予防矯正の今後と医院と患者さんのメリット
    以上までで、予防矯正の市場背景というものは意識していただけたか
    と思います。
    そして、その上で実際に患者さんのニーズが高いことも背景からも
    読み取ることができます。

    こちらの矯正の内容に関してはまた次回の私のブログ、しばらく空きますが書かせていただきたいと思います。

     

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    「2017年の振り返り、歯科業界における採用のキーワードとは」

    2018年03月27日00:01
    カテゴリー:人財採用

    「2017年の振り返り、歯科業界における採用のキーワードとは」

     

    こんにちは。歯科医院経営コンサルティングチームの出口でございます。

    今回のブログは出口が担当させていただきます。

     

    ずばり、

    「2017年の振り返り、歯科業界における採用のキーワードとは」

    と題しまして、昨年度の歯科業界における採用マーケットでのキーワードをずらりと上げさせていただき、かいつまんでお話しさせていただければと思います。

     

    これから並べさせていただくキーワードは、

    「実際に現場で起こっている出来事」「学生の口から出た言葉」「実際に成功している医院でやっていること」などを中心にずらりと並べさせていただきます。

     

    ずばり、

    2017年度における歯科業界でのキーワードはこれだけあったのではないかと考えています。

     

    ・複線型キャリア

    ・教育カリキュラム

    ・教育マニュアル

    ・Under30

    ・スキルバロメーター

    ・就職フェア

    ・indeed

    ・時短勤務

    ・社保完備

    ・ホワイトクロス

    ・管理栄養士

    ・保育士

    ・担当衛生士制

    ・クリーンスタッフ

    ・滅菌・清掃スタッフ

    ・Webライター/Webデザイナー

    ・採用専門サイト

    ・医院見学会

    ・スマホファースト

    ・ヒト求心型採用

    ・ターゲット細分化

     

     

    などなど、振り返ってみるとしっかりとした変化が起きていることがわかりました。

     

    今回はかいつまんでお話をさせていただこうと思います。

     

    「Web・スマホファースト」

     

    この内容についてお話をさせていただきます。

     

    よく、いろいろな先生やメンバーとお話をしていると、

    「人の採用はマネジメント領域で見えにくい」とお言葉をいただきます。

     

    私、個人としては「人材採用」はそうではないと考えています。

     

    「人材採用」という領域は、「マーケティング」と酷似しています。

    ですので、やるべきことも同じなのです。

     

    業界や時流(外部環境)がどう変化しているのか?

    それに合わせて、消費者(ユーザー・求職者)はどういった行動をとっているのか?

    そしてそれがどう変化しているのか?それを見極めることが重要です。

     

    それが今回お話しさせていただく、

    「Web・スマホファースト」という考え方です。

     

    いまやスマホが世界を席巻しています。もちろん日本も同じくです。

    いまや国民の大半がスマートオフォンを所持し、

    「アラームもスマホ」

    「メールも電話もスマホ」

    「ご飯を食べる場所を探すこともスマホ」

    「電車の乗り換えもスマホ」

    「銀行の残高を確認するのもスマホ」

    「日常品を買うのもスマホ」

    「洋服を買うのもスマホ」

     

    このようにすべてはスマホベースの行動スタイル・生活へと移行してきています。

     

    そして、それは“仕事探し”も同じくスマホで行うように変化してきました。

     

    「仕事探しは〇〇〇」

    「バイト探しは〇〇〇」

     

    このフレーズはおそらく聞いたことがあるのではないでしょうか?

    そうですね。Indeed(インディード)の特徴的なCMです。

     

    しかし、これは非常に理にかなっています。

    検索することを誘導するCMと、何をするときに使うのか?が明確です。

     

    結果、CM以降、indeedを使用する求職者は爆発的に増えています。

    なぜ、これほどに伸びたのかは、おそらく「スマホで仕事を便利に探せたら。。。」と考えていたユーザーが多く存在し、その層がしっかりと流れたからです。

     

    こういったように、いまや「仕事探しはスマホ」なのです。

     

    こんな時代にみなさんはどうやって求職者を集める駅でしょうか?

     

    「ハローワークに行くこと?」

    「地域のローカル誌に求人広告を載せること?」

     

    そうでしょうか?

     

    私はそうではないと考えています。

     

    Indeed・グッピーをはじめとした、スマホ対応の媒体に広告を掲載し、

    スマホで見た際に「目立つように」「見やすいように」響く求人原稿を書くことだと考えています。

     

    そして、それを最大化させることができるものが採用サイトだと考えています。

    ただし、これを立ち上げる際には非常に気を付けなければなりません。

     

    ただ作るのではなく、Indeed対応で作ることが不可欠です。

     

    実際に私が訪問している医院様でも、その形で立ち上げることで、

    月3件以上の応募をコンスタントに獲得できています。

     

    これは「Web・スマホファースト」を徹底しているからです。

     

    まだまだ、私の目から見てここをやり切れている医院様は少ないです。

     

    しかし、この少ないときにどれだけ時間とお金を投資して、

    競合医院より先に市場に攻め込めるか。

     

    これが重要です。

     

    みなさまもぜひ、今一度求人の体制を見直されてはいかがでしょうか?

     

    また、今回のキーワードの中でもう一つ面白かったことは、

    「ヒト求心型採用」です。

     

    これは次回のメルマガやブログの時にでも触れようかと思います。

     

    お読みいただきありがとうございました。

     

    出口

     

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    無資格のスタッフでもイキイキ働ける歯科医院づくり

    2018年03月15日22:34
    カテゴリー:★セミナーのお知らせ★

    皆さま、こんにちは。

    船井総合研究所 歯科医院経営コンサルティングチームの小川 純平(オガワ ジュンペイ)でございます。

    最近、私のお付き合い先の医院様でよく下記のようなご相談をいただきます。

     

    「無資格(歯科助手・受付)のスタッフの評価制度をどうしていいか分からない。」
    「無資格(歯科助手・受付)のスタッフは、歯科医師、歯科衛生士と違って、できることが限られているので、キャリアアップや将来像を描かせることができない。(それを理由に辞めていってしまう)」 etc.

    といった、”無資格のスタッフに対する評価や扱い”のご相談です。

     

    どうしても、無資格のスタッフは歯科医師・歯科衛生士といった有資格者と違い、
    直接的な収益を医院にもたらさないため、
    どうしても院長先生がマーケティング・マネジメントにおいて、軽視しがちなところでもあります。

     

    一方で、無資格のスタッフさんのキャリアアップについては、
    ひとつにTC(トリートメントコーディネータ)として活躍するというルートがあります。

    ※当院のTCアカデミーについてはこちら
    http://www.funaisoken.co.jp/site/study/024626.html

    しかしながら、スタッフの皆さんが全員TCになることを望んでいるわけではなく、中には

    「あまり患者さまと密にお話しするのが苦手。」

    というスタッフさんもいらっしゃいます。

     

    では、他に無資格のスタッフさんが活躍する手段はないのか?

     

    というところで、現在、弊社が注目しているのが、

    「予防矯正」

    という分野です。

     

    ここで弊社が定義する予防矯正というのは、

    「 成長発育期のお子さまに対し、筋機能矯正システムで、正しい成長に導き、審美と健康の未来を提供する」

    ことを指します。

     

    具体的には、小児用のマウスピース矯正器具の使用と口腔筋機能療法(MFT)で、
    正しい歯列を実現させるものになります。

     

    この口腔筋機能療法の一環となるトレーニングについては、
    無資格のスタッフであっても患者様であるお子様に対して、
    正しい知識を身につければ指導することができ、それによって収益を上げることができます。

    とある医院様では、無資格のスタッフ主導で、
    このトレーニングをすすめており、成果を上げております。

     

    弊社でも5月27日(日)、6月17日(日)に予防矯正セミナーを開催いたします。

    http://funai-dental.com/lp/025971/

     

    こちら、満席が予想されており、
    開催の2ヶ月以上前の現在でも、多数のお申し込みをいただいております。

    是非、ご興味のある医院様はご参加ください。

    お待ちしております。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    Webサイトの流入数を増やすポイント①(概念編)

    2018年03月09日12:00
    カテゴリー:WEBマーケティング

     

    皆様、こんにちは。

    船井総合研究所 歯科医院経営コンサルティングチームの

    谷口 竜都(タニグチ リュウト)でございます。

    本日は、「Webサイトの流入数を増やすポイント①(概念編)」について、

    書かせていただきます。

     

    (※無料サイト分析のお申込も、最下部にあります)

     

    <Webシリーズ>

    ・Webサイトの検索順位を上げるポイント①(概念編)

    http://funai-dental.com/321-63/

    ・Webサイトの検索順位を上げるポイント②(ユーザーファースト編)
    http://funai-dental.com/425-19/

    ・Webサイトの検索順位を上げるポイント③(サイトのレイアウト編)
    http://funai-dental.com/425-31/

     

     

    今までのブログは、いわゆるSEO対策と呼ばれる自然検索で上位表示させる方法に

    ついてでした(検索順位を上げるポイント①~③)。

    今回から記載するのは、より大枠の「流入数を増やす」についてです。

    本日は初回ですので、概念についてまず記載させていただきます。

     

     

    Webサイトを制作する目的は、主に下記の5つです。

    • 患者様を集めるため
    • 自費率を上げていくため
    • 患者様に通い続けていただくため
    • 採用するため
    • ブランディングをするため

     

     

    しかし、どんなに素晴らしいWebサイトを制作したとしても、

    見ている人の数(ユーザー)が少なければ成果は出ません。

    何度もブログで申し上げておりますが、Webサイトは制作して終了ではありません。

    Webサイト制作後は、Webサイトを見る人の数を増やしていく必要があります。これが、流入数を増やす(=Webサイトを見る人を増やす)ということです。

     

     

    流入数を増やす方法は、主に4つあります。

    • SEO対策
    • PPC広告
    • ポータルサイト
    • O2O

     

     

    • SEO対策

    →本項目が最もオーソドックスな流入数を増やす方法です。

    「コンテンツ」を増強していくことがベストなSEO対策です。

    詳しいSEO対策については、過去のブログをお読みください。

     

     

    • PPC広告

    Pay Per Clickの略称で、クリック型課金制のWeb広告です。

    「Google AdWords」「Yahoo!スポンサードサーチ」などが挙げられます。

     

    例えば、「地名 歯医者」と検索した際に、上部に「広告」と書かれたサイトが出てくるかと思いますが、このような広告をPPC広告と呼びます。

    このPPC広告とは、登録は無料で、年会費などもありません。

    ただただ、クリックされた回数分費用が発生する仕組みです。

    (上限額は決めることが出来ますので、ご安心ください)

    簡単に言えば、お金を支払うことで、検索の上位に表示させることが出来るサービスです。

    このようにPPC広告を上手に利用することで、露出の機会が増え、

    結果として流入数が増えていきます。

     

     

    • ポータルサイト

    歯科業界だけではなく、多くの業界で口コミポータルサイトが検索の上位にあります。

    このポータルサイト自体にも、集患や採用の効果が見込めますが、

    このポータルサイトに、WebサイトのURLを掲載しておくことで、

    Webサイトへの流入を増やすことが出来ます。

     

     

    • O2O

    O2Oは「Online to Offline」の略で、ネット上からリアル店舗に来ていただくための施策のことを指します。例えば、飲食店のWebサイトに「クーポン」などを掲載しておき、店舗へ来店していただくなどです。

    しかし、O2Oは「Offline to Onlin」と逆に捉える事も可能です。

     

    歯科医院においては、

    「詳しくはWebで」のような記載と、自院のWebサイトのQRコードなどを添付した

    チラシ、パンフレットなどを配布することで、

    リアルな店舗に来ている患者様を、Webサイトへ流入させることが出来ます。

     

     

     

    このように、Webサイトへの流入を増やす方法は様々あります。

    次回以降は、一つずつ詳しくご説明していきます。

     

     

    以上です。

    あくまで、上記は一部記載したものであり、

    流入数を増やすことは、非常に奥が深いものでございます。

     

    上記も踏まえて、貴院のサイト分析を無料でさせていただきますので、

    下記のURLからお申込ください。

    http://ur2.link/EZRr

     

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    谷口 竜都(タニグチ リュウト)

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから