ブログ|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントコラム

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • か強診の申請はお早めに!!

    2017年06月15日09:00
    カテゴリー:か強診

    皆さん、こんにちは。
    歯科経営コンサルティングチームの辻です。

    本日は『か強診の申請』にお話させて頂きます。

    保険局医療課から最新の【かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の届出施設数】
    が発表させました。
    それによると、平成29年4月1日時点で7,031施設に達しているとのことです。
    平成28年5月1日時点では2,636施設だったので、約1年間で267%も伸びていることになります。

    これは異例な増加だと感じます。

    そして、この結果をどう見るかが大事です。
    か強診の取得する医院様が増えるということは、
    今後か強診を取得しようと考えている医院様の申請が厳しくなっていくと考えられます。

    そのため、私のお手伝いさせて頂いている医院様でもか強診を早めに取得して頂くよう促しております。

    実際、取得されて成功されている医院様もおられます。

    ただ取得しただけでは勿論良くはありません。
    か強診を取ることで、今までの予防体制も変わってくるかと思います。
    そのため、取得してどのような予防体制を築くかが大事です。
    か強診を取得したからと言って、それで一安心という訳ではありません。

    是非、今一度予防体制の見直しを実施して頂けたら幸いです。

    予防体制を見直しを考えている方は下記をご参照ください。

    ・今後の自院の予防体制を考えている方

    ・今の予防体制に悩んでいる方は是非ご参照ください!!

    【SPTⅡと自費メンテナンスに完全対応 次世代型予防歯科の作り方】
    ※か強診の内容も含まれております。

    ↓↓無料小冊子ダウンロード付き↓↓

    次世代型予防歯科の作り方

     

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    P処(糖)から考える「糖尿病と歯周病の関係性」と「医科歯科連携」

    2017年06月02日19:08
    カテゴリー:医科歯科連携

    皆さんこんにちは。

    船井総研歯科医院コンサルティングチームの岡崎晃平(おかざきこうへい)です。

     

     

    今回は次第に話題にあがることが多くなっている、

    「歯周病と糖尿病の関連性」を私の目線からお伝えできればと思います。

     

    歯周病と全身疾患の関係性は既に説明不要であると思いますが、
    その中で昨今、話題になっているのが「歯周病と糖尿病の関係性」です。

     

     

    この分野に関しては、

    既にさまざまなところで研究発表がなされていることは、
    先生方も既にご存知かと思います。

     

     

    ですが、昨年の診療報酬改定において、
    この分野に大きな動きがあったことをご存知でしょうか?

     

     

    昨年の報酬改定を振り返ってみると、
    かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に始まり、
    歯周病安定期治療(Ⅱ)エナメル質初期う蝕管理加算が新設され、
    「口腔疾患の重症化予防」が保険で認めれた、
    歴史的な出来事でした。

     

    これまで予防歯科を推し進めてきた先生方にとっては、
    まさに悲願だったのではないでしょうか。

     

    その一方で、前回改定で生まれながら、
    点数があまりに低いがために多くの歯科医師が見落としているものがあります。

     

    それが「P処(糖)」です。

     

     

    これは「歯周疾患処置(P処)」の2-4に該当する部分です。

     

     

    —————————————————————–

     

    糖尿病を有し、歯周ポケットが4㎜以上の歯周疾患を有する患者に、
    歯周基本治療と並行して計画的に1月間、特定薬剤を注入した場合に算定する。

    ただし、医科の保険医療機関の医師からの診療情報提供の様式に
    基づく診療情報提供を受けた場合に限られる。

    ※医科歯科併設の医療機関の医師からの情報提供でもよい

    ※概要等に「P処(糖)社会〇年〇月〇日」および紹介元の
    医科医療機関名を記載する。

    —————————————————————–

     

     

    このように、国は糖尿病と歯周疾患の関係を認め
    更に歯科のゴールは口腔内だけではなく、
    全身の健康管理までが仕事であるということを、
    改めて示していると考えることできます。

     

    歯科業界において「医科歯科連携」という言葉は、

    まだまだシックリきていない歯科医師の方も多いと思います。

     

    実際に日々お伺いしている医院様でも、

    なかなか出てくる言葉ではありません。

     

    「病院や高度医療クリニックだけの分野である」

    と考えていらっしゃる方も多いと思いますが、

    確実に次回改定、次々改定の2020年まで間には一気に広がってくるのではないかと予想されます。

     

     

    これによって、

    これまで以上に歯科医師・歯科衛生士の役割は重要となり、

    社会的な地位も確実に向上することだと思います。

     

    これは非常に喜ばしいことです。

     

     

    また、視点をマーケティング面に移しても、
    歯科医院にとってもメリットが多いのではないでしょうか。

     

     

    これまではう蝕や欠損、歯周疾患などを主訴とする患者様にご来院いただき、

    治療することで報酬を頂いていました。
    しかし今後は、

    歯科的な主訴以外も、

    患者となる可能性が出ていているわけです。

     

     

    まさにブルーオーシャンとなります。

     

     

    イメージしてみると

     

    10~50年前のターゲット・・・「カリエス・欠損保有患者」
    現在のターゲット・・・「ペリオ・メンテナンス患者」
    5年後予想されるのターゲット・・・「糖尿病などの全身疾患リスクが高まっている患者」

     

    となってくるのではないでしょうか。

     

    また、ここからは個人的な見解ですが、

    今後求められる経営者としての動き方も変化すると考えています。

     

    歯科的な主訴を持つ患者の効果的な集患策は

    「患者紹介・口コミ」、「Web」、「通りすがり」ですが、

    歯科以外の主訴を持つ患者の集患策となると

    「医療機関紹介」、「患者紹介」が占めるようになると考えます。

     

     

    上記のような時代になるにつれて、
    歯科医師・経営者として考えるべきことは、

     

     

    ①競合に比べて圧倒的な技術力の取得⇒技術力

    保険外での歯周病治療メニューの取得・準備⇒差別化

    ③地域の病院や医科との連携構築⇒集客体制

    ④安定的な歯科衛生士の雇用⇒採用力

    ⑤従業員の定着力の向上⇒組織風土

     

     

    と考えています。

     

     

    何度も繰り替えしになりますが、

    前回の改定は日本の歯科医療においては、

    歴史的な出来事です。

     

     

    歯科医師の皆様は口腔ケアだけではなく全身ケアを行う立場です。

     

     

    ぜひ現在来院している患者だけではなく、

    今後求められる歯科医療に向けて、

    今から準備を進めていってください。

     

     

    我々もそのサポートをしていきます。

     

     

    また、弊社歯科チームでは、
    「予防歯科」だけではなく、「医科歯科連携」に関しても、
    これまでに以上に良質な情報提供を実施していきます。

     

    まずはメルマガご登録を!!

    https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-dental/mailmag.html#_ga=2.70416024.927757952.1497168197-455074566.1486447028

     

     

    岡崎

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    新人の成長を記録に残す

    2017年05月29日11:25
    カテゴリー:人財採用

    新卒スタッフが入社した歯科医院様では、

    ちょうど3ヶ月目に入る頃かと思います。

     

    先輩スタッフに指導してもらい、

    そろそろ医院の雰囲気に馴染みはじめ、

    業務で出来ることも増えていっていることでしょう。

     

    初めの内は四苦八苦している新人の方々も、

    ゆくゆくは医院の中心として貢献いただける人財ですし、

    大切に育てていかないといけません。

     

    ただ、診療で直接的な貢献がしにくい新人スタッフの方々には、

    医院で役割をもっていただくためにも、

    ひとつの仕事を担っていただいていることがあります。

     

    それは、「成長日記」や「成長レポート」と題して、

    採用ホームページのブログで記録を残してもらうことです。

     

    実際に入社した際にどのようなことを学べるのか、

    指導の方法、その時に感じたことなど、

    リアルな声として次の求職者に響く内容になります。

     

    ホームページのアクセス解析を見ていても、

    上位の見られるコンテンツに入ってきますし、

    それが決め手となり応募につながるケースもあります。

     

    新人の方々の立場としても、

    教えてもらったことを振り返ることで内容をより深く理解でき、

    後で見返すこともできるので、自分の成長を実感することができます。

     

    ただ、定期的に更新しないと逆効果になってしまいますので、

    重要性を伝え、〆切をしっかり決めておく必要があります。

     

    簡単に実践できることとして、

    ぜひ取り組んでいただけますと幸いです。

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    歯科医師として、経営者として、 幸せを叶えるための6つの問い

    2017年05月19日18:01
    カテゴリー:未分類

    皆さん

    こんにちは、歯科グループの矢田です。
    先日愛知学院大学歯学部OBの方の経営勉強会にお招きいただき、
    若手歯科医師の方向けの講演と集団での経営相談を行ってきました。

     

    昨年開業されて2億規模を目指される医院様
    今月にお父様と一緒に移転開業をされる医院様
    開業をいつのタイミングにするか悩まれている方

     

    様々な方の前で歯科医院経営の実践的ノウハウから
    歯科医院経営者の人生についてまでお話しさせて
    いただいたのですが、中でも私が何百という歯科医院経営者の方と

     

    お話させていただいた中から導き出した「歯科医師として、経営者として、
    幸せを叶えるための6つの問い」の話が一番グッと来ていただいた

    のではないかと思います。

     

    その問いとは以下の6つです。

     

    1.人生ポリシーはあるか?

    ⇒幸せを感じている院長先生には明確な人生ポリシーがあります。

    右に行くのか左に行くのかブレそうな時に自分を導いてくれるのが人生のポリシーです。

    何のために歯科医師を続けているのか、何のために歯科医院を経営し続けているのか、

    おそらくそこにはお金のため、生活のためだけではない皆様のポリシーがあるはずです。

    このポリシーの強さと大きさによって歯科経営者としての幸せは変わります。

     

    2.真剣に欲を洗えているか?

    ⇒これは尊敬する歯科経営者の方から教えていただいた表現ですが、

    車を買いたい、いい家に住みたいという欲はまだ自利の欲であり、

    そういった欲を満たして初めて誰かのために何かをしたい

    といった利他の欲が生まれてくると言います。

     

    まずは汚い自分の欲を満たすだけ満たして、

    欲を綺麗にすることで誰にでも素直に表現できる

    綺麗な欲ができると、その歯科経営者は周りから尊敬されます。

     

    3.腹を割り切って話せる仲間はいるか?

    ⇒自分がつらい時に、しんどい時に助けてくれる人の数が

    人生の価値、経営者の価値とも言えるでしょう。

    愚痴をいうのではなく、腹を割り切ってお互い言い合える

    仲間の数が多いほど歯科経営者の方の人生は裕福になります。

     

    4.経営を楽しんでいるか?

    ⇒好きこそ物の上手なれで臨床もそうですが、経営も同じです。

    ある程度成功体験がなければ上手になれません。

    もちろん売り上げだけがその尺度ではありませんが、

    経営を好きになって、楽しめて初めて歯科経営者として幸せになれます。

     

    5.刺激的な人との出会いがあるか?

    ⇒歯科業界の方の特性として、違う業種の方と接する機会が

    少ないということが挙げられます。

    違う業種の方や同じ業種の中でも尊敬できる方との出会いが

    多ければ多いほど歯科経営者としての価値観・幅が拡がります。

     

    6.自分の意地を貫けているか?

    ⇒1の問いとつながる部分がありますが、自分のポリシーや意地を

    貫けるかどうか、貫くためには自分の利益は度外視できる方が

    歯科経営者として、漢として大きくなれます。

     

    なかなか文章では伝わりづらいところがありますが、

    このような話をさせていただきました。

     

    さて6つある問いの中でいくつの問いにYES!と言えたでしょうか。

     

    歯科経営に悩んだときはこの問いのことを思い出していただければ幸いです。

     

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    歯科医院の事業継承

    2017年05月18日23:25
    カテゴリー:未分類

    本日は松谷直樹が担当させていただきます。

     

    歯科医師の平均年齢は高齢化してきており、
    一方で歯科医師の国家試験の合格者数が減少している傾向を見ますと
    長期的には歯科医院数は減少する可能性があります。

     

    歯科医師の年齢が高くなり、その歯科医院の継承者が決まっている場合は
    スムーズに継承されると思いますが、継承者が決まっていない医院様の場合は
    その歯科医院をどのようにするかを悩まれるケースが多いようです。

     

    継承ということにこだわらず、
    医院運営と観点で考えますと
    医院の長期的な運営、継承という手法は
    大きく3つほどに手法は考えられそうに思います。

     

    まず1点目は、ご自身は診療を行わず、経営に専念し、
    勤務医の方に診療を行っていただくという方法です。
    この場合のメリットは、利益の確保がしやすい一方で
    採用リスクなどは、院長が常に負う必要があります。

     

    2点目は、開設者管理者を完全に他歯科医師に譲り、
    賃料収入という形を取ることです。
    この場合は、医院運営のリスクを減らすことが可能です。
    但し、土地をお持ちの場合などに限定されてきます。

     

    3点目は、純粋に医院を売却するという方法になります。
    これはキャッシュを手に入れることができますし、
    短期的にメリットを得ることができます。
    但し、デメリットは、院長先生のご希望の価格で購入される
    買い手をその時点で探すことができるかという点になります。

     

    いずれにしましても、医院の後継者をどのようにするかは
    一定の年齢に達しておられる方におかれましては
    検討をしておくべき課題かと思います。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから