ブログ|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントコラム

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 生産性という観点で2018年の目標を考えてみましょう

    2017年11月09日23:50
    カテゴリー:目標設定・目標達成しよう

    皆さんこんにちは。
    船井総研歯科医院コンサルティングチームの眞野泰一(まのたいち)です。

    今回は「歯科医院における生産性」について、今一度考えてみたいと思います。

     

    船井総研の経営セミナーに一度でも参加された先生方は馴染みのある概念だと思いますが、聞き馴染みのない方は、この機会に考えてみてください。

    そして、今年の振り返りと共に来年の目標として、この生産性という観点で“業績”をみて頂きたいと思います。

     

    そもそも、この生産性という概念をもつまでは単に売上金額で目標を考えていたと思います。しかし人員体制やユニット台数によって達成の可能性が大きく変わってくる売上金額だけでは自院の目標として適切とはいえないと思います。

     

    そこで、船井総研としては1つの指標値として「ユニット1台あたり生産性」「ヒト一人あたり生産性」という観点をもって考えています。

     

    各内容としては、下記の通りです。

     

    <ユニット1台あたり 年間売上>
    ◎:3,000万円以上
    ○:2,400~3,000万円
    △:1,800~2,400万円
    ×:1,800万円以下

    <ヒト一人あたり 年間売上>
    ◎:1,800万円以上
    ○:1,500~1,800万円
    △:1,200~1,500万円
    ×:1,200万円以下

    ヒト一人あたりとは、職種に関係なく常勤スタッフ1名(約160時間勤務)あたりと考えるので、月間で約80時間の勤務をするスタッフは0.5名とカウントします。

     

    例えば、ユニット4台の歯科医院で、年商が9,600万円だったとするとユニットあたり生産性は2,400万円/台となります。これを稼働人員数6.0名で達成できればヒト一人あたり生産性は1,600万円/人となり、両項目とも〇と〇となります。

     

    さえ、皆さまの医院での2017年実績は生産性で考えるとどの段階だったでしょうか。そして、2018年はそれぞれどの段階を目標としますでしょうか。

     

    医院によって、抱えている課題など様々だと思います。ですが、先ずは両項目〇がつくような段階を目指してはいかがでしょうか。

     

    今後はより医院運営を続ける中で、経費が掛かってくる時代となります。

    設備という点でいえばデジタル化・IT化が進むので、レセコンやCT装置だけに留まらず複数のモニタ設備を設けたり治療シミュレーションを見せるためのVR設備を設けなければならなくなるかもしれません。

    保険制度における施設基準にも、高度医療を提供できる施設か否かで点数配分を付けていくような声(要望)もあるようです。だとするとより高額な投資をしていかないといけない状況になるかもしれません。

     

    未来に備えるつもりでも、生産性を高める意識を持った医院運営を行う必要があるといえます。

     

    眞野

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    採用・求人で押さえておくべきポイント

    2017年11月02日11:00
    カテゴリー:人財採用

    皆様、こんにちは。

    船井総合研究所人財開発チームの水野が担当させていただきます。

     

    今回は「情報のたまり場を押さえる重要性」についてお話させていただきます。

     

    経営の3大資源=ヒト・モノ・カネと呼ばれる時代は終わりました。

    現在では、経営の4大資源=ヒト・モノ・カネ・“情報”となっております。

     

    我々としてもこの情報社会の中で、「いかに最新情報源を押さえるか」が、今後の歯科医院経営の生き残りをかけたポイントになると考えております。

     

    ただ「情報」と一括りに言っても、沢山ありすぎるかと思います。

    今回は「採用・求人関連情報」についてです。

     

    毎年、厚生労働省等から発信される、「有効求人倍率」「新卒衛生士の求人倍率」「歯科医師数」など、様々な情報が飛び交っているかと思います。

    もちろん、5年・10年のスパンで考えた際に、これらの情報や要素は医院経営に大きく関わってくるので見過ごせません。

     

    実際多くの医院様で聞くお声として、

    「いま、人が足りなくて困っている」

    「今年の採用が上手くいっていない」

    「来年の採用が上手くいくか不安だ」

    といった、お悩みを多くお聞きします。

     

    そして、必要な情報の質としては求められるのは“全国を対象としたマクロ情報”

    ではなく、“エリアが限定された、いま身の回りで起きている生の情報”です。

     

    「全国の歯科医師の数が~」ではなく、

    「今年のウチの医院から一番近い大学の歯学部生はこんなところを重視して集客しているらしい」だったり、「近隣の衛生士学校は12月から就活が解禁」といった、情報だと考えております。

     

    実際、毎年、採用を計画的に成功している医院様では、“ミクロな生の情報”を集める手段や、仕組みがしっかりと構築できているケースが大半です。

    つまり、「情報のたまり場を押さえている」ということなのです。

     

    さらに「学校から情報を押さえる」という部分についてお話させて頂きます。

     

    みなさん、学校訪問というものを行ったことがありますでしょうか?

     

    おそらく、この質問ではかなりの数の院長先生が経験ありと答えるのではないでしょうか?

     

    毎年、学校訪問を行って3年以上続いている。

    そして、ヒアリングした情報などはしっかりと紙やデータで蓄積している。

    という院長先生はいらっしゃいますでしょうか?

     

    学校訪問の大きな目的として、

    ①直接的な紹介や採用の接触点

    ②情報を吸い上げ、生の情報を得る

    この②の役割も非常に大きいのです。

     

    しっかりと継続的にデータをためていかないと意味がなくなってしまうも同然です。

     

    そして、得た生の情報はすぐに媒体や求人ツールに反映していく。

    これが採用を毎年成功させている医院様の要素だと考えています。

     

    改めて、皆さんが求人戦争でどういった情報源・拠点を押さえているかで、

    今後の結果は分かれてくるかと思います。

    毎年変えあるトレンドを押さえながら、原理原則は変えないという戦略が必須です。

     

    採用における原則は以下の通りです。

    ①医院の魅力(ここではたらきたいと思う魅力)×②情報発信力(トレンド)×③地域性・時代性=採用力

     

    どれか一つの考え方ではなく、しっかりと3つ押さえて考えて頂くことが重要です。

     

    今回のブログでは③の変容する情報についてお話させていただきました。

     

    ぜひ、こういった原則やトレンドを抑えることに興味を持って頂くのはいかがでしょうか?

     

    何から手を付けていいのか?」

    「採用のトレンドって何?」

    「原理原則について具体的に知りたい」

    そういったお悩みをお持ちの方に、ぴったりのセミナーが開催されます。

    詳しくは下記のとおりです。

     

    【人財採用でお困りの院長先生へ!!重大告知です!!!!】

    こんなお悩みをお持ちの方にお知らせです!!

    「人の離職が止まらない。年間を通してスタッフの採用で悩んでいる」

    「ハローワークに求人を出しているが、反応がなく困っている。」

    「採用に力を入れていきたいが、何から手を付けていけばいいかがわからない。」

    「新卒のスタッフを採用したいが、どうやってアプローチをするのが効果的かわからない。」

    「安定した計画的な人の採用方法を知りたい。」

     

    そんなお悩みをお持ちの院長先生にお届けする特別なセミナー情報をお届けします!!

    今回はいつもとは違ったセミナーとなっております。

     

    講師として、異なる業界より講師を迎えております。

    社会保険労務士法人 総合経営サービス代表社員 白井 章稔 氏より、

    「歯科医院労務トラブル30連発」と題しまして、よくある歯科医院での労務関連のトラブル防止対策についてお話しいただきます。

    また、株式会社船井総合研究所 出口清 より「人財採用で成功するために必要な情報発信の極意」について、トレンドとなっている事例を踏まえてお伝えさせていただきます。

     

    少しでも興味のある方は、人数限定のセミナーのためお早めに申し込みください!

     

    詳しくはHPをご覧ください!!

    https://peraichi.com/landing_pages/view/r8jgs

     

    <開催日時について>

    【日時】

    ・12月3日(日)

    ・13:00~17:00(時間が前後する場合がございます)

    【会場】

    〒114-0002 東京都北区王子2-12-10 総経ビル

    【参加費用】

    3000円

    【各種連絡】

    20名限定のセミナーとなっております。

    ぜひ、参加の申し込みはお早めにお済ませくださいませ!!

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    次世代のTCを育成するTCアカデミーを2018年1月から開催します!

    2017年10月27日15:32
    カテゴリー:未分類

    皆様、こんにちは。

    歯科チームの岡崎晃平です。

     

    様々なクライアントよりご要望いただいておりました、

    トリートメントコーディネーター、いわゆるTCを育成する会員制の勉強会を

    2018年1月から開催することになりました。

     

    詳細は下記バナーからアクセスしていただくか、

    URLからアクセスして頂ければと思います。

     

    TCを育成する勉強会です。

     

    ⇓⇓申込みはこちら⇓⇓

    http://www.funaisoken.co.jp/site/study/024626.html

     

     

    ★TCAのコンセプト

    船井総研の「TCアカデミー」とは、自院のスタッフのカウンセリング力向上を図り、業績アップに繋げることを目的とした「継続型」の集合型研修。知識を得るだけではなく、学んだ「知識」を医院に持ちかえって「結果」に繋げていただきます。

     

    また、本会は社会人となった後の教育機関、特に「大学」をイメージしています。「先生×生徒」の学びだけではなく、「生徒×生徒」から生まれる学びを重視しており、いつまでも学び続けることのできる環境です。

     

     

    ★他のセミナーや研修と「船井総研のTCアカデミー」は何が違うの?

    A:船井総研のTCアカデミーの特徴は3つあります。

    ①一概に「型」にはめ込むことが無いため、「カスタマイズ」されたカウンセリングを落とし込むことが可能です。

    また、入会月ごとに「担当コンサルタントがつくので些細な質問などが可能です。

     

    ②全国各地で活躍するTCが一同に会する勉強会であり、知識・ナレッジが「ストック」されます。

    各医院の「成功事例」を共有することでTC自体の「スキルアップ」「マンネリ感の打破」をする

    ことができます。

     

    ③他のセミナーや研修では踏み込めない「治療計画」「全顎コンサル」などの高度なカウンセ

    リングを取得するためのカリキュラムが充実しています。

     

     

    ★よくある質問

    Q.アドバンスコースに参加させてたいのですが、参加基準などはありますか?

     

    A.参加基準はございます。下記、ご確認ください。

    ①初診、補綴、全顎もしくは治療計画カウンセリングの3点を既に実施していること

    ②アカデミー内で実施するTCAテストで平均90点以上の成績であること

    ③TCの地位向上、本会の発展に対して前向きに活動できていること

     

    Q.アドバンスコースに参加していたメンバーが退職した場合はどうしたらよいですか?

     

    A.別のメンバーが参加していただいて構いません。また、選択できる講座(初診~欠損)に関しても選択が可能です。

     

    Q.FDIに加盟いただいている法人で、分院のスタッフが参加する場合は料金はどうなりますか?

     

    A.法人で加盟いただいている場合、FDI会員価格に参加いただけます。

     

     

    ★年間スケジュール

    1月例会 1/23(火) 13:00~17:00 品川シーズンテラスカンファレンスB

    3月例会 3/6(火) 13:00~17:00 品川シーズンテラスカンファレンスA

    6月例会 6/12(火) 13:00~17:00 品川シーズンテラスカンファレンスB+C

    9月例会 9/4(火) 13:00~17:00 品川シーズンテラスカンファレンスホール

    12月例会 12/2(日) 11:00~17:00 総会会場については別途ご案内差し上げます。

     

     

    ★会場

    品川シーズンテラスカンファレンス
    〒108-0075 東京都 港区 港南1丁目2番70 品川シーズンテラス タワー棟3階

     

     

    ★費用

    FDI会員 180,000円(税抜)

    一般 360,000円(税抜)

     

    ★申込み先

    株式会社船井総合研究所 TEL.06-6232-0188

    事務局担当:小倉花織

     

     

    TCを育成する勉強会です。

     

    ⇓⇓申込みはこちら⇓⇓

    http://www.funaisoken.co.jp/site/study/024626.html

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    年末年始の方針発表会に備えて

    2017年10月26日12:05
    カテゴリー:未分類

    皆さんこんにちは。
    船井総合研究所の許斐です。

    10月も終わりに近づいて参りましたが、

    歯科医院の経営者である院長先生方の中には、

    表題にあるように経営方針発表会を年末年始に実施されているのではないでしょうか。

    船井総研では方針発表会というものを半日、

    もしくは1日診療を切って実施しております。

     

    今回は「経営方針発表化」をなぜ実施するのか、

    のあたりのお話をさせていただきます。

    【目的】

    方針発表会を行う目的は
    ●翌年の所信表明をトップから伝達し、現場に理解してもらう
    ●今年の振り返りを実施し、これからに役立てる
    ●日ごろ支えていただいている方々に感謝をする場を設ける
    ことです。

    【実施するために必要なこと】

    歯科医師経営者は

    ・歯科医師業(本業)
    ・マネージメント業
    ・経営者業
    と3つがありますが、これから5年、10年を生き抜くためには、
    今以上に速くなる変化に順応できる経営者としての時流適応力が必要です。

    歯科医師業は医院にとってど真ん中の部分ですのでこちらの比率は変えないまでも
    これから「マネージメント業比率<<経営者業」と比率を変えていく必要があります。

    ですから、この3年間でマネージメント業を現場中間管理職に委譲できる体制
    を整えられるかどうかが5年後、10年後を生き抜く肝となります。

    □採用が難しい
    □育成が難しい(定着率が低い)
    □患者数が減ってきた
    □保険制度に振り回されている
    □後継者がいない

    今この中から1つでも感じられている方は今後更に実感することになります。
    これは地域特性でも何でもなく、日本全国共通項です。

    今は現状肯定するとして、
    今後も何も対策を練らないとこの悩みに直面することは目に見えているわけですので、
    この悩みに直面しないためにも「今動くことができるか」どうかです。

    この「動き方」が重要でして、

    これから歯科業界がどうなっていくのかを考える機会として、

    弊社の主催しますFDI研究会では、「時流予測」講座を設け、

    12月に”総会”という形で実施しています。

    この日は、来年、再来年、さらにその先のことも含めて、

    これを機会に活用していただければと思います。

    皆様の成長を心から祈願しております。

     

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    FDI10月例会 東京・大阪終了

    2017年10月11日12:00
    カテゴリー:フナイデンタルイノベーション

    皆さんこんにちは。
    船井総合研究所の磯野です。

     

    先日弊社で行われましたFDI経営研究会が終わりまして、
    その様子をお届けできればと思います。

     

    その前にまず、
    メルマガをご覧頂いている方の中には、
    FDI経営研究会をご存知でないもいらっしゃいます。
    また、すでにご存知の方でも、
    「通常のコンサルティングと何が違うの?」という方もいらっしゃるかも知れません。

     

    改めてコンテンツの違いについて以下お伝えいたします。
    すでに会員である方は区別をつけることで是非その効果を最大化してご活用ください。

     

    最も分かりやすいのは動画かと思います。
    それぞれ1~3分程度のYoutubeとなっておりますので、是非。

     

    ↓船井総研の経営研究会↓(1分程度)

     

    ↓歯科コンサルティングチームのFDI研究会↓(3分程度)

     

    ↓船井総研の月次支援コンサルティング↓(1分程度)

     

    ここからは各コンテンツの詳細を述べていきます。

     

    ●FDI経営研究会●
    【概要】
    3ヶ月ごとに開催しております、歯科医院の経営者を集めての事例交換を主とした経営の勉強会です。
    分かりやすい単語で言い換えますと、「塾」がイメージ近しいでしょうか。

     

    FDIは、
    Funai Dental Innovationの略ですが、
    弊社の中でも歯科医院経営に特化した経営研究会になります。

     

    もちろん住宅・不動産、士業、保育・教育・介護・・・といった、
    100以上の業種ごとで経営研究会が存在しており、
    FDIにご参加される医院様の中でも、「高収益経営研究会」など別の研究会にも、
    2つ以上ご参加されている方もいらっしゃいます。

     

    【魅力】
    ①院長同士の事例交換会
    100人近い人数が毎回会場ごとで集まり、
    診療項目や似たテーマで取り組まれている、またはお悩みの院長通しで議論し合う、
    「事例交換会」が大きなコンテンツです。

     

    一方的なのセミナーとは違い、双方向でのコミュニケーションが、
    しかも同じテーマや目線で話し合えることが魅力だと閉会後によくお声を頂きます。

     

    また、ただ話し合うだけではなく、
    3ヶ月ごとの成功事例を出し合って作った「成功事例集」を
    毎回数百ページに渡るものになりますが作成して配布しています。

     

    実際に院内に掲示しているポスターなどそういった現場レベルのものから、
    カウンセリングの具体的なフロー、課題と解決策に結果、
    人財戦略では採用から教育、評価制度に、入社式や経営方針発表会の様子など写真付きで掲載があったりなど、
    後に医院に持ち帰って、スタッフミーティングで議題に挙げる方も多いそうです。

     

    「明日からすぐ使える事例」というのがポイントでしょうか。

    FDI経営研究会①

     

    ②他業種からのゲスト講師セミナー
    今回は医科・介護・福祉・保育・教育と、
    多岐に渡っての法人経営をされているアゼリーグループ来栖理事長をお呼びしました。

     

    来栖宏二様は医科の先生でいらっしゃいまして、
    アゼリーグループ様は、2017年グレートカンパニーアワードでも受賞されました。

     

    このゲスト講師セミナーを
    歯科業界でなくあえて他業種とさせて頂いているのは、
    多角的に自院の経営状況やスタイルを俯瞰して頂くことで気付きを得たり、目線を上げることができるからです。

     

    今回の内容をハイライトで振り返ると、
    ・高齢化とIT普及による時流適応の必要性と、働き方の多様性
    ・4つのじんざい(人財、人材、人在、人罪)と採用・教育戦略
    ・働きがいのある組織創りのために経営で意識していること
    といった話で、聴講されている会員様もメモが多かった印象です。
    閉会後にも満足したとの声をたくさんお声掛け頂きました。

    FDI経営研究会②

     

    ところで、実際にご参加されているFDI会員様のブログもございます。
    こちらご存知でしたでしょうか。
    FDIで得た情報をヒントにし、成功事例にまで昇華し、ご活躍されている方のお声となります。
    こちらも是非どうぞ。

     

    ↓FDI会員ブログ

    成功事例一覧

     

    FDI経営研究会③

     

    ●月次支援(個別コンサルティング)●
    こちらは毎月、各種業種に特化した歯科専門コンサルタントが医院へ直接ご訪問したり、
    最近増えていますがskype、ハングアウト、アピアインで遠隔で対面して、
    施策を直接的に落とし込みにいく、いわゆる業績コミット型の支援です。

     

    研究会を「(集団)塾」と言うならば、
    月次支援は「個別指導塾」の表現が近しい形態かと思います。

     

    基本的には我々としても、
    経営効果を最大化して欲しいので、FDIと月次支援を両方とも受けて頂くことを推奨しています。

     

    もちろん中にはFDIのみ受けられている方もいらっしゃいますが、
    先述の膨大な「成功事例集」などやり切れず消化不良になったり、
    優先順位を誤って、医院スタッフが混乱を起こして組織の雰囲気が悪化してしまうケースも散見されますので、
    診療やスタッフマネジメントなど多岐に渡りながらですから、そこはご注意ください。

     

    いかがだったでしょうか。

     

    FDI研究会や月次支援以外にも、
    全業種が集まる「経営戦略セミナー」ですとか、
    「グレートカンパニー視察ツアー」での海外経営視察など、
    弊社の規模だから実現できるコンテンツも色々とございます。

     

    ↓経営戦略セミナー2017(※今年度は終了)

     

    ↓グレートカンパニー視察ツアー概要(※応募は締め切りました)
    http://www.funaisoken.ne.jp/lp-site/great201710/

     

    できる限り多くの方に情報が届きますよう、
    定期的にお役に立つ情報を発信してまいりますので、
    今後ともどうぞよろしくお願い致します。

     

    磯野

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから