作成者 磯野 幸史|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 磯野 幸史

プロフィール

磯野 幸史
磯野 幸史

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 磯野 幸史
    磯野 幸史

    自費メンテナンスの導入について

    2017年02月22日22:00
    カテゴリー:メンテナンス

    皆さんこんにちは。
    歯科経営コンサルティングチームの磯野です。

     

    今回は自費メンテナンス導入について触れたいと思います。

     

    ・「メンテナンスを自費化にすると、離脱が増える」とお考えの方
    ・「保険で算定できる間は、保険で算定しておこう」とお考えの方
    ・「メンテナンスが健康な方の予防と、歯周病予防とが混在してしまっている」方
    このような方はぜひお役立ちする内容です。ご一読ください。

     

    さて、
    自費メンテナンスについては諸説ありますが、
    今後の保険制度を考えるとどのタイミングで導入すれば良いのか、
    移行するタイミングに迷われている方も多いのではないでしょうか。

     

    例えば、
    「定期健診が自費になりました」と患者様にお伝えすると、
    強い拒否反応が出てメンテナンスのレセプトが激減。などと言った声をしばしば聞きます。
    こうしたリスクは怖いですよね。
    この場合の問題点ですが、
    大きな要因として2つ挙げられるのは、

     

    1.患者様へのご説明の仕方
    2.衛生士などスタッフへの教育不足

     

    この点に対して医院の体制を本気で強くしたいとお考えなのであれば、
    診療を切ってでもミーティングの時間を設けるべきだとご提案しています。

     

    その際、何となくミーティングを行うのではなくて、
    ・患者様にどのようにアプローチするか
    ・患者様が満足するためのメニュー組みはどうするか
    この2点について、
    自院に合ったものにカスタマイズできるまで、具体的な内容に詰めることができるかどうかが重要です。
    では、その内容はどういったものなのかが気になってくると思います。

     

    そこで、
    少しでも多くの医院様に、今申し上げた内容についてより具体的に知って頂くために、
    実際の成功事例だけでなく失敗談も踏まえた、
    自費メンテナンス導入成功についてのセミナーを4月に、3会場にて開催します。

     

    セミナーでは実際に自費メンテナンス導入し、
    試行錯誤しながらもチャレンジして成功している、
    医療法人なりとみ歯科理事長成富健剛様にご登壇いただきお話をいただく予定です。

     

    特に導入時の失敗談から導いた成功の形は、
    今後導入していくにあたってのイメージができると思います。
    上手くいく人は具体的なイメージがあるから行動に移せます。

     

    また、
    もうすでに導入されている方でも、
    今一度自院のスタイルで良いのかどうか客観視できる機会にもなりますので、
    ぜひ参加されてからご検討ください。

     

     

    ●セミナー日程のご案内●
    4/2(日)東京、4/9(日)大阪、4/16(日)福岡の3会場にて行います。
    ただ、あいにく今年度は本日程のみしか開催の予定がありません。

     

    お悩みが少しでもある方、すでに行っている自院のスタイルの質をさらに高めたい方は、
    今すぐ以下URLよりお申込み頂き、セミナーにご参加ください。

     

    ↓↓↓セミナーお申込みはこちら↓↓↓
    http://www.funaisoken.co.jp/seminar/013414.html

     

    それでは、会場にてあなたにお逢いできますことを楽しみにしております。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    食支援を始める方によくあるお悩み

    2016年10月05日23:17
    カテゴリー:訪問歯科

    こんばんは、歯科経営コンサルティングチームの磯野です。

    本日は、【食支援を始める方によくあるお悩み】についてお話します。

     

    以前、食支援の内容が好評だった為、
    先月にも弊社で訪問歯科医院経営フォーラムを開催いたしました。
    休憩時間や閉会後に個別での経営相談が非常に多くありました。

     

    相談内容としては、以下の7点が特に多いでしょうか。

    ・摂食嚥下については臨床経験が無いが技術的に実施可能か
    ・良い研修先、参考書籍など何かないか
    ・自院の周りにはどれくらい対象となる施設があるのか
    ・食支援を行うことによって、どれくらい収益性も上がるのか
    ・その他、副次的なメリットもあるのか
    ・よくある失敗談など気を付けるべきことはあるか
    ・今後の地域包括における展望はどのようになるのか

     

    1つ1つ答えると長くなりますので割愛して、要旨だけお伝えできればと思いますが、
    技術的には座学と臨床による地道な経験数がものを言います。
    一朝一夕ではありませんが、早ければ半年も経たずして十分なカンファレンスができて
    いる医院様が多いように見受けられます。

     

    その上で重要なポイントは施設職員との密なコミュニケーションだと感じます。
    信頼関係が構築できていれば、各パートの専門家と一緒に相談し合って、お互いに食支
    援のノウハウを高めることができるでしょう。

     

    他にもやり方次第で、
    私のご支援先で実際に起こった例としては、
    介護施設の組織活性が起こり、
    自院の職員も今までにないやりがいが生まれ、
    さらにそれを活かしたブランド構築を打ち出して人財採用における受け皿ができたりしています。

    そうなりますとメリットは大きいですね。
    介護施設側も新しい取り組みに対して、食わず嫌いであることも多いです。
    まだ実施されていないのであれば、まずは提案をこちらから持ちかけてみましょう。

     

    始めの一歩を恐れず踏み出すことが特にこの事業では大切です。
    失敗することも多く出てくるかも知れませんが、成功されている医院様はそれを失敗と
    思わず、次々と攻め手を立てて乗り越えられています。
    是非、1医院でも食支援に取り組まれる歯科医院様が増えることを期待しています。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    【訪問歯科】介護現場が今、歯科医院に求めていること

    2016年06月29日14:00
    カテゴリー:訪問歯科

    こんにちは。
    歯科チームの磯野です。
    私は訪問歯科に特化したコンサルタントであり、
    その中でも”食支援歯科”というテーマで国が今求めている
    社会性の高い歯科医院を増やしていく活動をしています。

     

    「まずは自分が現場を知らないと・・・」

    ということで、今で100件近くの事業所を訪問し終えたところなのですが、
    本日は介護現場(特に施設管理者)が歯科医院に求めていることを
    お伝えしたいと思います。

     

    まず前提として、
    今やどこの介護施設でも協力歯科医療機関として歯科医院は登録されて
    いることがほとんどです。
    中には3つの歯科医院が施設利用者の治療や口腔ケアに入っている
    ところもあります。

     

    そして一見、
    どこも歯科医院が行っていることは同じと思われるかも
    知れませんが、実は実施内容はかなり異なります。
    実際に100件ほど施設の管理者と話をしていますと、
    訪問歯科のレベルを大きくレベル分けして、

     

    1.治療のみ行っている
    2.口腔ケアも定期的に行っている
    3.施設で勉強会を実施している
    4.食支援を実施している
    5.施設のブランド構築にまで取り組んでいる

     

    という階層になっていました。
    その割合として、

     

    現状は約70%がレベル2までで、その残りでまだ少数ですがレベル3以降の訪問歯科が急速に増えてきていますね。
    国としても地域包括ケアシステムにおいて多職種連携、
    そして介護予防の観点で、食支援が具体的には求められてきています。

     

    今後はこの勢力図も反転するように大きく変わり、
    早ければ2、3年くらいのスパンで食事を診ることができる訪問歯科
    がスタンダードになっていくでしょう。
    業界的に非常に動きが激しくなってきていますので、
    すでに訪問診療を実施されている歯科医院ではまずは
    地域の声に耳を傾けてはいかがでしょうか。

     

    施設で訪問診療はしていて、
    食支援も取り組みたいけれども方法が分からないなどと言った
    お悩みがある場合、無料経営相談もご利用ください。
    直接話し合うことが次のステップへのきっかけとなることは多いです。

     

    最後までご覧頂きありがとうございました。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    食支援(経口維持加算)の取り組みの流れ

    2016年03月23日12:00
    カテゴリー:訪問歯科

    皆さまこんにちは。

     

    船井総合研究所 歯科医院コンサルティングチーム、
    食支援歯科コンサルタントの磯野です。

     

    今日は食支援(経口維持加算)の取り組みに関して、施設での立ち上げに携わることも多く、

    今回はその取り組みの一例をご紹介したいと思います。

     

    「食支援」と一言に言いましても、結局は介護施設側の算定であるので、
    具体的な詳細については分からない方も多いのではないでしょうか。
    実は歯科医院主導の地域包括ケアの取り組みとも言える算定であるので、
    しっかりと歯科医院側から介護施設をリードしていけると、
    介護施設側からは感謝され、入居している利用者とのコミュニケーションが密になることはもちろんのこと、
    日々行っている往診の効果と掛け算になって利用者のQOLも上がるなど、
    収益性のみならず社会性をも包括した、非常に良い取り組みだと言えそうです。
    施設側から声がかかっているなど、食支援取り組みのチャンスがある医院様は是非取り組んでいって下さい!
    超高齢社会を迎えている日本の将来をよろしくお願い致します。
    それでは本題で、食支援の取り組みの流れについて大まかに記載します。
    1.経口維持に係る記録(算定様式)に沿って、利用者の基本情報を入力する
    2.ミールラウンド(食事観察)を多職種にて行う
    3.観察結果を基に、多職種での会議を行い、そのカンファレンスを現場に落とし込む
    以後は、2と3をPDCAで回して、
    いつまでも口から安全に食べ続けることができる体制を築いていきます。

    (書式に関してはインターネット検索で出てきますので、ご存知ない方は確認してみて下さい)

     

    この時に、BMIやアルブミン値など栄養的に異常値になっているだとか、
    食事の五期における障害が見られた時に、既往症や服薬などから原因を辿っていけると、
    敷居は高いですが、かなり質の高いカンファレンスになっていますね。
    老健など、看護師がいるところでは是非会議への参加を促してみてください。
    かなり深い医療の提供へとつながります。

     

    もちろん全身疾患や食事介助など介護領域も含んできますので、
    専門でない歯科医師や歯科衛生士にとっていきなりカンファレンスもできないと思います。
    とはいえ、体位など看護の簡単な本や、認知症などの高齢者特性に関する基本的な本を勉強していくことで、
    話についていくことは十分にできそうです。
    最初は介護施設側の方が詳しい場合が多いので、そこは素直に教えていただく形で取り組む方が良さそうですね。
    4月からはこの食支援に関して、
    「栄養サポートチーム連携加算」として歯科医院側にも点数が付くことで、
    一気に食支援の取り組みも加速しそうですね。

     

    私も個人的に食事が大好きですので、(先日も豚しゃぶをランチでお肉50枚食すなど・・)
    いつまでも美味しく食事を楽しみ続けることができる高齢者が歯科医院の力で増やしていけるといいなと思い、
    より多くの食支援歯科を増やせるようコンサルティング活動を続けていければと思っております。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから