作成者 眞野 泰一|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 眞野 泰一

プロフィール

眞野 泰一
眞野 泰一

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 眞野 泰一
    眞野 泰一

    マネジメントの重要性を如何に捉えていくか

    2017年03月22日23:52
    カテゴリー:予防

    皆さん、こんにちは。
    船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの眞野泰一(まの たいち)です。
    今まで「予防型歯科医院」について書かせて頂きましたが、

    今回は多くの医院で推進し創り上げていく中で必ずと言ってよいほど課題となる“マネジメント”について書かせて頂きます。
    なぜ、マネジメントが重要なのか、それは『マーケティング施策を最大化させる』ために必要だからです。
    時流である、歯科医院の収益構造を治療型から予防型へシフトさせる施策を講じている場合、
    このマネジメントの重要性を感じる場面がとても多いです。
    ここで考えて頂きたいのですが、

    リスク管理型モデルや予防型への転換を推進する経営者の皆様の中に、
    「歯科医師は治療をする役割、予防は歯科衛生士の役割」と線を引き、
    自らの経営する医院の中にも関わらず歯科衛生士たちの取り組みを無関心に放置してしまうようなスタンスをとられる方はいませんでしょうか。

    ※リスク管理型モデル:
    船井総研が推奨する、唾液検査や口臭検査を受診してもらいデンタルIQ(=「患者さま自身がご自身の
    口腔内に興味・関心を持ってもらう事」)向上を図るモデル
    もし、このように“まかせっきりで成果を待つのみ”となってしまっている場合、明日からでも体制を立て直すべきだと言えます。

     

    何故なら、リスク管理型モデルも予防型への転換も、そもそもは収益性や生産性を向上させる為の
    マーケティング施策であるからです。

    リスク管理型モデルであれば、
    入口商品として低いハードルで検査を受診して頂き、出口商品として設定している自費メニューの成約を促す。

    予防型への転換であれば、
    歯科衛生士のメンテナンス処置で点数を稼ぎ、歯科医師の治療点数に比べて人件費対点数を向上させて生産性
    を上げていく。

    という、いずれも業績を向上させるマーケティング施策のはずです。
    業績の向上を目的にしているにも関わらず「明確な目標を設定しない」「目標達成を目指すPDCA
    サイクルを回さない」というのは、人件費や投資した機材代の無駄となってしまいます。
    では、なぜ取り組みを放置してマネジメントを意識しない状態だと、施策が上手く機能しないのか。

     

    それは、経営者の皆様と従業員の方々との立場の差にあります。

     

    従業員の方々は、月々の給与に歩合の要素をプラスしていなければ「この取り組みは頑張っても頑張らなくても一緒」と考えるでしょう。

     

    ですが、歩合設定をして頂きたいわけではありません。

     

    成果(求める目標や目的)を出してもらう為にはモチベートしてあげたり「この取り組みには目的がある」
    「担ってもらっている役割は重要な事だ」ということを伝えてあげてほしいのです。

     

    従業員の方々は、何もしなければ単なる作業者に陥ってしまいますが、「大事にされいる」「期待されている」という実感が持てて心理的安全性を感じることができれば、自ら考えて改善を図るような人財に成るものです。
    今までの経営の中では、このマネジメントという点を考慮せず、自然体や多少気を使うといった程度で捉えていたと思います。

     

    明日からは意図したマネジメントを効かせて頂きたいですし、どうしても向かない場合はコンサルタントのような第三者を利用するのも手段の一つです。

     

    また、普段聞きにくい“本音”を引き出すために満足度調査といったツールを利用してもよいと思います。

     

    同じ経営者の集まる場所で先行して成功している事例を聞いたり、先駆者に相談する。そして、既にある便利なツールを利用する等して効率的に上手なマネジメントをしていくべきだと思います。

     

    お困りの際は一度ご相談ください。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

     

    眞野(まの)

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    <唾液検査>治療型歯科医院から予防型歯科医院への変革

    2016年12月06日08:00
    カテゴリー:アークレイ

    皆さんのこんにちは。
    船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの眞野泰一(まの たいち)です。
    タイトルにあります通り、予防型歯科医院について書かせて頂きます。

    昨今の経済状況と同様に、歯科医院の経営状態も二極化が進んでおり順調な歯科医院と苦戦している歯科医院とが顕著になっていると感じます。
    苦戦している歯科医院は

    ①患者様には来院頂いているが、売上げを維持するために必死。院長先生を筆頭に疲弊気味。
    ②明らかに純新患が減って、今までの顔なじみ患者様が順繰り治療で来院している。

    といった様子が多いと思いますが、

    ①の歯科医院は、いつまでも同じ状況ではいけないと感じながら日々の診療に追われ、
    ②の歯科医院は日々上下する売上げ金額に大きな不安を感じながら何を対処すればよいか道筋が見えていない。

    といった状態ではないでしょうか。
    そもそも患者数が少ない歯科医院は、増患を目的としたマーケティング手法を試みる必要がありますが、どちらの歯科医院にも言えることは『徐々に予防型歯科医院への変革を図る必要がある』ということです。
    具体的な内容は分かりかねますが、医療費増大を課題として掲げている国はいずれ予防を重要視し“未然に防ぐ”ことを重点施策として掲げることは容易に想像がつきます。(それでも一定数いる治療は大切な事ですので継続していきます)
    そのために歯科医院ができることは、予防型歯科医院として、地域の人々の予防メンテナンス施設といった位置付けになることです。
    自分の歯が減ることのリスクと維持し続けることのメリット、歯周病が進行した場合のリスクと日々のケアの重要性、口腔内環境と生活習慣・食習慣の関連性などをしっかり伝え、自分の歯を守りたいという考えをもったデンタルIQの高い人々が通う歯科医院にしていくことです。

    しかし、既に歯科医院が増えすぎたこの時代、来院される患者様のうちデンタルIQの高い患者様のみを選別して抱えられるほどの来院数は見込めないと思います。

    だからこそ、現在通って頂いている患者様のデンタルIQを高め、育てる感覚で歯科医院を経営する必要があります。

    育てる経営をしていく為にやる事・出来る事は沢山ありますが、変革の一手として分かり易いのは『唾液検査を導入する』ということです。
    活用方法によっては劇的にデンタルIQを高めて、育てる経営の強力なツールとなることは確かです。
    機材は各社から展開されていますが、いずれの製品でも歯科医院の規模や経営状態や人員体制にそって導入することで効果を出せると考えています。

    既に各種唾液検査機器を使われている歯科医院も多くいらっしゃいますが、活用しきれていない場合やこれから導入を考えられている場合は、是非一度ご相談頂ければと思います。
    最後までお読みいただきありがとうございました。

    眞野(まの)

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    Funai Dental Innovation(9月例会)大阪会場 開催のご報告

    2016年09月04日22:27
    カテゴリー:フナイデンタルイノベーション

    皆さんのこんにちは。
    船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの眞野泰一(まの たいち)です。

    初めての投稿となりますので、今後どうぞ宜しくお願いいたします。

     

    今回は本日開催いたしました、Funai Dental Innovation 9月例会について報告差し上げます。

     

    現在はおかげさまで会員様も、毎回お試し参加頂ける医院様も増えておりますので、東京・大阪と
    2日程・2会場で開催させて頂いております。

    ※詳しくはhttp://funai-dental.com/fdi/をチェックください。

     

    午前中にはWebマーケティングの時流と適用方法について、船井総研コンサルタントより紹介させて
    頂きました。

    Webの活用においては、医院のおかれているエリア(商圏)や集患テーマならびにかけられる費用感
    によって手法が変わります。合わせて、競合医院の有無などを考慮したうえで我々コンサルタントは
    最適化を図っており、その内容を少し踏み込んでご説明差し上げました。

    午後はゲスト講座といたしまして、中央タクシー株式会社の会長 宇都宮様よりご講演を頂きました。

    お客様から選ばれる事と社員が働きがいを感じて躍動する事が密接に関係し、そんな企業をどのように
    作り上げていったのかを丁寧にご教授頂きました。大変濃いだったために内容に聴講されたみなさまの
    満足度は高かったと想像しております。

    その後は恒例の会員医院様での取り組み事例共有で、今回もまた興味深く実践的な内容が盛り沢山でした。

    会員様はこの場で得たキーワードを担当のコンサルタントに相談し、医院様環境へ適用し活用するような
    使い方もしており、普段からの経営努力を加速的に飛躍させるのに利用しています。
    来週11日は東京会場での開催を控えています。未だ参加された経験がなく、ご興味のある医院様は
    是非お問合せください。

    【今後のFDI日程】

    9月例会(東京会場):9月11日(日)

    2016年総会:12月11日(日) ※東京・大阪合同開催

     

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    眞野

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから