作成者 松谷 直樹|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 松谷 直樹

プロフィール

松谷 直樹
松谷 直樹
売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 松谷 直樹
    松谷 直樹

    働きがいのある歯科医院×働きやすい歯科医院が強い歯科医院となる時代

    2017年09月07日22:53
    カテゴリー:歯科医院経営

    本日のブログは松谷直樹が担当させていただきます。

     

    歯科医院経営において重要なことは、「強い歯科医院づくり」と言えます。

    それでは、「強い歯科医院」とはどのような歯科医院でしょうか?

     

    それは、地域の患者様に支持され続けること(患者満足度が高く、患者様が常に来院される)と言えます。

     

    一時的、短期的に支持されても、

    長期的に支持されなければ、その医院は衰退してしまいます。

    なぜなら、歯科医院は地域密着型の業種であり、

    少なくとも今後、数十年単位でそのエリアで運営を続けていく必要があるからです。

     

    それでは、地域の患者様に支持され続けるために、

    重要なことはなんでしょうか?

     

    それは、先生の医院で働くスタッフさんが、

    一生懸命患者さんのために働いてくれることです。

     

    そのためには、離職率が高いとスタッフ教育が十分にできませんし、

    仕事に興味がないスタッフさんばかりだと、

    患者様に対して

    よい医療は提供できないでしょう。

     

    それでは、

    先生の医院で働くスタッフさんが、

    一生懸命患者さんのために働いてくれるためには何が必要でしょうか?

     

    それは大きく2点あります。

    ①働きやすい歯科医院(勤務時間、給与、休暇等々の労働環境)

    ②働きがいのある歯科医院(仕事の内容、スキルの向上、医院の経営方針)

     

    この2点が両立されていることが大切だと私たちは考えています。

    この2点が高いレベルで両立されている組織を船井総研では

    「グレートカンパニー」と定義づけています。

     

    具体的に調べる方法として、船井総研では

    「組織力診断」という診断システムを開発しました。

    これはスタッフさんに50問のアンケートに答えていただくことで

    上記の働きやすさ、働きがいといったレベルがどの程度にあるのか

    点数化してくれる優れた診断システムです。

     

    実際私どもの顧客の一部ではありますが、

    50医院程度(2017年8月現在)の方に受けていただきました。

     

    そうすると結果、4割程度の医院が①働きやすさ②働きがいともに点数が低く

    4割程度の医院が①働きやすさ②働きがいともに点数が高い、

    つまり「グレートカンパニー」ゾーンに位置している

    ことがわかりました。

     

    このことは歯科医院によって、

    組織の力が大きく異なることを意味しています。

    組織の力が低い歯科医院は新しい取り組みや対応がしにくく、長期的には衰退してしまう可能性があります。

    また、人財の採用が常に必要とする可能性が高いので、今後ますます厳しくなる採用難時代に苦労する可能性が高いと言えます。

    組織の力が高い歯科医院は新しい取り組みや対応がしにくく、長期的には加速的に伸びる可能性があります。

    また、人財が安定しているので、採用面でも楽になる可能性が高いと言えます。

     

    よろしければ、下記に組織の力を測定する「組織力診断」についての情報もございますので、

    ご興味ある方は一度ご覧ください。

    http://www.funaisoken.co.jp/lp/lp_esshindan.html

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    歯科医院の事業継承

    2017年05月18日23:25
    カテゴリー:未分類

    本日は松谷直樹が担当させていただきます。

     

    歯科医師の平均年齢は高齢化してきており、
    一方で歯科医師の国家試験の合格者数が減少している傾向を見ますと
    長期的には歯科医院数は減少する可能性があります。

     

    歯科医師の年齢が高くなり、その歯科医院の継承者が決まっている場合は
    スムーズに継承されると思いますが、継承者が決まっていない医院様の場合は
    その歯科医院をどのようにするかを悩まれるケースが多いようです。

     

    継承ということにこだわらず、
    医院運営と観点で考えますと
    医院の長期的な運営、継承という手法は
    大きく3つほどに手法は考えられそうに思います。

     

    まず1点目は、ご自身は診療を行わず、経営に専念し、
    勤務医の方に診療を行っていただくという方法です。
    この場合のメリットは、利益の確保がしやすい一方で
    採用リスクなどは、院長が常に負う必要があります。

     

    2点目は、開設者管理者を完全に他歯科医師に譲り、
    賃料収入という形を取ることです。
    この場合は、医院運営のリスクを減らすことが可能です。
    但し、土地をお持ちの場合などに限定されてきます。

     

    3点目は、純粋に医院を売却するという方法になります。
    これはキャッシュを手に入れることができますし、
    短期的にメリットを得ることができます。
    但し、デメリットは、院長先生のご希望の価格で購入される
    買い手をその時点で探すことができるかという点になります。

     

    いずれにしましても、医院の後継者をどのようにするかは
    一定の年齢に達しておられる方におかれましては
    検討をしておくべき課題かと思います。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    歯科の採用難を乗り切る生産性向上(自費率向上)

    2017年01月11日21:47
    カテゴリー:歯科医院経営

    皆さま、こんにちは。

    歯科医院コンサルティングチームの松谷直樹です。

     

    2016年もそうでしたが、2017年も人財採用が難しい状況は続きそうです。

    2016年の傾向として「歯科衛生士」「歯科医師」といった資格者のみならず、

    歯科助手、受付といったコメディカルの応募数も減少しています。

     

    応募数が少ないということは、優秀な人財を採用することも難しくなりつつあるということです。

    このことから、どのような変化が起こっているかと申しますと、「労働条件の向上」であります。

    具体的には「給与の向上」と「労働時間(診療時間)の短縮」という事象が見られます。

     

    例えば、東京都内における、衛生士の給与相場はおよそ25万円程度が最低ラインの金額になっています。

    また、診療時間も今まで20時まで診療していた医院様が

    19時までに短くする等の変更をされるケースが増加しています。

    いわゆる時短であります。

     

    各種求人媒体を一度ご確認いただければ、終業時間の速さをアピールポイントにした

    医院様が増加していることが見て取れるはずです。
    これらは「採用力」を高めるための、条件面の向上という取り組みの表れだと思います。

     

    このような時流の変化に対して、私たちはどのように考えるべきでしょうか?

    私共からの提案は「生産性の向上」×「人の定着率の向上(退職率の低減)」への取り組みであります。

    仮に、歯科衛生士の給与相場が30万円になったとした場合、

    どのような医院が歯科衛生士を採用できるようになるでしょうか。

     

    それは30万円のお給料を出せる医院しか、歯科衛生士を採用できないということになります。

    歯科衛生士が採用できなくなれば、その医院では予防歯科が患者に提供できない、

    すなわち医院のコンセプトが実践できないということにもなりかねません。

    30万円のお給料が出せる歯科医院は、相応に利益が出せていることが必要になるでしょう。

    そのためには、「ヒト一人当たり売上の向上」や「ユニット1台あたりの売上の向上」、

    すなわち、「生産性の向上」がテーマになると考えられます。

     

    「ヒト一人当たり売上」や「ユニット1台あたりの売上」については後述させていただきます。

     

    もう一つの「人の定着率の向上」が重要な理由ですが、

    改めて述べるまでもなく、定着率が高ければ

    「採用にかける費用が必要ない」「新人を教育する時間が必要ない」「組織の一体化が図りやすい」という

    メリットがあげられます。

     

    どんどん採用できる時代であれば、

    医院に不満があればいつでもやめてもらってよいという考え方も成立したかもしれませんが、

    今後はそのような医院は「患者様はいるが、スタッフがいない」という事態になっていくでしょう。

    この「定着率の向上」のために必要なのは「従業員満足(ES)の向上」

    すなわち「働きがいのある歯科医院づくり」であります。

    従業員満足(ES)の向上方法「働きがいのある歯科医院づくり」については

    今回は割愛しますので、ご興味ある方は別途お問い合わせください。

     

    ヒト1人あたり売り上げ、ユニット1台あたり売り上げの向上は自費率向上から

     

    ヒト1人あたり売り上げ、ユニット1台あたり売り上げを高めて、

    生産性を高めるために必要なことは自費率向上の1手であり、

    船井総研と株式会社アプラス様で下記の自費見積もり

    シミュレーションソフトを共同開発いたしました。

     

    通常導入に数十万円~かかるようなクオリティの治療見積もり
    ソフトを0円で導入していただけます。維持費もかかりません。
    ぜひ導入いただき、貴院の発展の起爆剤にしていただければと思います。
     banner_1200px628px

    <船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
    http://aplus-mitsumori.com/

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    クオキャリア様主催歯科医師合同就職説明会「GRANDE MEET UP」で基調講演をさせていただきました

    2016年11月02日10:00
    カテゴリー:スタッフ採用・育成ノウハウ

    今回は松谷直樹が担当させていただきます。

    去る9月25日(日)クオキャリア様主催歯科医師合同就職説明会

    「GRANDE MEET UP」で基調講演をさせていただきました。

    私は「これからの歯科業界予測」というテーマで

    ご参加された歯科医師向けにお話をさせていただきました。

     

    このような合同説明会もこの1年くらいの間に、

    一般的になりつつありますね。

    参加医院様による参加歯科医師向けのプレゼンも拝見したのですが、

    どの医院様も準備を入念にされていることがうかがえる内容でした。

     

    今後は歯科医師、歯科衛生士の方々が

    このような就職説明会に参加することが当たり前になり

    このような場で勤務先を選ぶきっかけとなる時代がもうすぐそこまで来ていることを感じます。

     

    合同就職説明会というシステムは一般企業の業界では

    当たり前に従来よりあったシステムであり、

    それがようやく歯科業界でも普及しつつあるという

    時代の変化、時代の流れなのだと思います。

     

    今までは媒体のみで、見学先の医院を選び、見学に行き、面接を受けるというルートから

    合同説明会に参加してみて、短時間に多数の医院の方と会い

    コミュニケーションが取れるという参加者メリットは、

    本質的に採用力の高い医院様に取られましては

    よりよい人財を獲得する有力な採用チャネルになっていくと思います。

    3

    %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0

    歯科医院院長の夏季休暇の過ごし方

    2016年07月27日06:53
    カテゴリー:医院理念/医院コンセプト/医院ビジョン

    今回は松谷直樹が担当させていただきます。

    7月も終わりになり、8月に差し掛かろうとしています。

    1月~7月の結果はいかがでしたでしょうか。

     

    今年は8月11日(木)が祝日の「山の日」であることから、11日から夏季休暇とされる医院様も多いようです。

    歯科医院において、大型連休を取れるのは、年間3回しかありません。

    年末年始、ゴールデンウィーク、そしてこの夏季休暇です。

     

    皆さまにおかれましては、この夏季休暇をどのようにお過ごしになるかというご予定は決めていらっしゃる方も多数であることと思います。

     

    例えば、旅行に行かれる方もいらっしゃれば、自宅で時間を過ごされるという方もいらっしゃるかと思います。

    このような行動計画を立てられているついでに、

    この時間を利用されて、9月以降の医院の運営に関して普段まとめて考える時間を取りにくい

    医院の中長期計画を考える時間を取られてはいかがでしょうか。

     

    具体的には

    ・2016年9月~12月の近々の取り組み内容

    ・2017年の目標設定、構想、取り組み内容

    の2点がよろしいかと思います。

    前者であれば、夏季休暇明けから取り組んでいけば10月~12月に成果が上がってくる可能性があります。

    更に具体的な、視点や切り口については前号で、戸澤が記載しておりますので

    こちらもご参考ください。

    【歯科経営】2016年半年を終えて導かれる歯科経営成功方程式

    紙とペンあるいは、スマホをお持ちいただき、メモを取りながら過ごしていただくことで、生産的な休暇となることと思います。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから