イベントの価値‐歯科医院経営のツボ‐|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > イベントの価値‐歯科医院経営のツボ‐

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • イベントの価値‐歯科医院経営のツボ‐

    2013年09月12日22:30
    カテゴリー:歯科医院経営

    こんにちは

    船井総研の森 太寅(もり たかのぶ)です。

     

    ハロウィーンポスター

     

    イベントは賛否両論

    イベントと聞くと、

    ぜひ、やりましょう!!」という先生と、

    あまりやりたくない……」という先生で、

    意見が分かれてしまうかと思います。

     

    歯科医院の場合、

    イベントを開催するとなると、

    どうしても小児向けのものが多くなってしまうので、

    医院の方向性に合わない場合は、

    私も提案はしません。

     

    ただ、小児メインの歯科医院であれば、

    ぜひやっていただきたい取り組みの一つです。

     

    体験はお金では買えない

    夏休みに初のイベントを開催したご支援先がありますが、

    本当に楽しそうな写真を何枚も見せていただきました。

     

    お金はかけなくても、

    少し工夫するだけで患者様は喜んでくださります。

     

    イベントの効果としては、

    患者様の満足度アップだけでなく、

    スタッフの方の成長にもつながります。

     

    企画の段階からアイディアを出していただくことで、

    普段の業務とは違った刺激が生まれます。

     

    「準備はバタバタしたけれど本当にやって良かった」

    という言葉を先生達からいただきました。

     

    キッズクラブはあるけれど……

    小児メインの歯科医院は、

    キッズクラブ」もある場合が多いのではないでしょうか?

     

    ただ、キッズクラブが名ばかりの会員制度になっていたり、

    会員はいるけれど、結局何もやっていなかったり、

    あまり上手く機能していないように感じます。

     

    上手く機能しない根本の原因は、

    「他の医院もやっているから……」ととりあえず作ってしまい、

    運営のことを後回しに考えるからではないでしょうか?

     

    ですので、

    ニュースレターであったり、

    参加型のイベントを定期的に開催することで、

    つながりを深くしていく必要があると思います。

     

    いつもにぎやかな歯医者

    ただ、イベントを毎月開催するのは、

    スタッフの方にも無理が生じてきます。

     

    そこで、おすすめしたいのが、

    イベントの告知だけではなく、報告をしっかりとやっていくことです。

     

    ご支援先では、

    2ヶ月毎にイベントを開催していく予定ですが、

    現在は、夏休みイベントの報告のポスターを院内に掲示しています。

     

    ポスターには、

    参加者の方の写真を掲載しているので、

    当日の楽しげな雰囲気を伝えることができます。

     

    そして、10月はハロウィーンイベントを企画しています。

    ハロウィーンポスター

     

    内容は今月のご訪問の際に煮詰めるつもりですが、

    1ヶ月間隔を空けることで、

    スタッフの方にも負担をかけることなく、

    良いサイクルが出来ていくのではないかと思います。

     

    スタッフ募集でも活用

    イベントの写真は、

    スタッフ募集をかける際にも非常に有効に使えます。

     

    百聞は一見にしかず

    ということわざがあるように、

    「アットホームな雰囲気です」

    「スタッフで仲良くやっています」

    ということをつらつらと文章で書くよりは、

    写真で視覚的に訴える方が説得力も増します。

     

    本日のまとめ

    イベントは取り組みとしては、

    ハードルの高いもののように感じるかもしれません。

     

    ただ、今まで見れなかったスタッフの方の一面が見れたり、

    患者様との距離が近くに感じられたり、

    手間はかかりますが、プラスの効果も大きいです。

     

    ご支援先では新患数も順調に増えているのですが、

    その来院経路として「紹介」の比率が上がってきています。

     

    イベントでの体験が、

    自然と口コミにつながっているのだと思います。

     

    イベントに否定的な意見を持たれている先生は、

    その価値を改めて考えていただければと思います。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから