人間関係の良さを伝えるためには‐歯科医院経営のツボ‐|歯科医院 経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

トップページ > コンサルタントブログ > 人間関係の良さを伝えるためには‐歯科医院経営のツボ‐

記事カテゴリーで探す

  • 選択してください

  • 人間関係の良さを伝えるためには‐歯科医院経営のツボ‐

    2015年05月24日16:50
    カテゴリー:歯科医院経営

    本日は名古屋で歯科衛生士採用セミナー。

    東京、福岡、大阪に続き、今回の名古屋が最終日。

     

    参加者は愛知県の歯科医院様だけでなく、

    大阪、広島、徳島など全国各地から参加いただいています。

     

    歯科衛生士採用にテーマを絞ったセミナーは、

    次回は、来年の春に実施します。

     

    今後の予定としては、

    秋に歯科医師採用のセミナーが控えていますので、

    歯科医師採用にお困りの院長先生は、 ぜひ、ご参加いただければ幸いです。

    人間関係が良い歯科医院で働きたい

    本日の講座の中でも取り上げさせていただきましたが、

    歯科衛生士が就職の際に重視する条件として、

    「人間関係の良さ」は常に上位としてあがってきます。

     

    ただ、

    「スタッフ同士は仲が良いから心配ない」

    「人間関係の良さは実際に働いてみないとわからないし……」

    と、おっしゃられる院長先生もいますが、

    重要なのは、その“人間関係の良さ”が求職者に伝わっているかどうかです。

     

    確かに、実際に人間関係が良いかどうかは、

    入社してみないとわかりにくい部分です。

     

    ですが、人間関係を重視されている求職者がこれだけ多い中で、

    何も伝える努力をしないのは、本当にもったいないです。

     

    採用が上手くいっている先生は、

    試行錯誤しながら、様々な採用活動を行っています。

     

    「人間関係の良さ」を伝える、

    効果的な方法の一つが、「動画」の活用です。

    採用動画の必要性

    採用に動画を活用されている歯科医院様は、

    まだまだ、割合としては非常に少ないです。

     

    ただ、活用されているという歯科医院様で、

    実際に内容を見させていただいても、

    魅力の半分も伝えきれていない場合が多いです。

     

    「動画」は写真とは違い動きを伝えられる媒体ですので、

    スタッフの雰囲気や院長先生の考え方、話し方がわかるため、

    採用とは非常に相性が良いです。

     

    「あの動画が良くて~」と実際に採用につながった、

    ご支援先もいらっしゃいます。

     

    採用は確率を上げていく取り組みですので、

    母集団を広げることが必要です。

     

    動画を制作することで一人でも応募が増えれば、

    決して、無駄な投資にはなりません。

     

    「目に見えない部分を見える化していく」

    マーケティング、マネジメントにおいても、非常に重要なことになります。

     

    動画を上手く活用して、

    人間関係の良さを見える化していただければ幸いです。

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    • facebook 0
    • はてなブックマーク 0
    ページトップへ
    メルマガ登録
    無料経営相談はこちらからどうぞ TEL:06-6232-0183(受付時間:平日 10:00~18:00)※お問い合わせ・ご質問等、お気軽にご相談下さい メールフォームでのお問い合わせはこちらから