歯科医院の経営のことなら船井総合研究所まで

トップページ > メルマガバックナンバー > 「従業員満足(ES)の向上がスタッフモチベーションの向上につながる」
メルマガバックナンバー

「従業員満足(ES)の向上がスタッフモチベーションの向上につながる」

本日は松谷が担当させていただきます。

院長先生におかれましては、
スタッフ様のモチベーションを向上させるためには
どうしたらよいのか、
ということを日々頭を使われていることと思います。

スタッフ様のモチベーションに大きく影響するのが
ES(従業員満足)です。
ESとはEmployee Satisfactionの略になります。

簡単に言えば、スタッフさん達が、
仕事内容、職場、上司、労働条件に満足するほど
仕事のモチベーションが向上するということです。

船井総研では、この従業員満足に結びつく要素を分解すると、
その要素が9つあると考えています。

1理念・ビジョンへの共感
2仕事への誇りステイタス
3自身の将来像
4社員間の関係性
5上司への信用・信頼
6働きやすい環境
7衛生的な環境
8報酬/評価制度
9理念・ビジョンと合致した採用活動

この9つの項目をさらに細分化し、
細かく49の項目・ポイントを設定しています。

数点ポイント紹介します。

例えば、
「院長や経営陣から会議や研修会などで会社の目指す姿を聞く機会があると思う。」
というポイントがあります。
トップが直接スタッフに医院の方針を伝えることが、満足度の向上につながる要素だということです。
これは「1.理念・ビジョンへの共感」という大項目の中の一つです。

例えば、
「この医院は自分の意見を年齢や役職に関係なく意見が言える雰囲気がある」
という項目があります。
この度合いが高いほど従業員満足度が高くなり、モチベーションが向上するということです。
これは「3.社員間の関係性」という大項目の中の一つです。

例えば、
「この医院・クリニックの上司は、部下の能力をよく理解して仕事を与えていると思う。」
という項目があります。
これは、院長や先輩スタッフが普段からどれくらいそのスタッフのことを気にかけているか
ということが重要だということです。
これは「上司への信用・信頼」という大項目の中の一つです。

船井総研では、このES(従業員満足度)調査プログラムという診断プログラムを開発しております。
この従業員満足度調査は会員様医院やご支援先医院に対して
実施しており、既に先行して、満足度調査を実施させていただいた歯科医院様が
出始めています。

結果を見ますと、その医院の従業員満足度が100点満点で
何点かという数値で結果が出てきますので、
一目瞭然の結果が出てきます。

この調査結果を見ますと、あなたの今の医院のどの点を改善すれば、
スタッフさんのモチベーションが向上するか
がわかることが非常に良い点かと思います。

今までは、感覚で、「クレドをつくるといいんじゃないか」とか「給与制度を作るといいんじゃないか」
と考えていたものが、それが正しかったり、間違っているということが証明されるからです。

このような項目は49あり、
もちろん49全ての満足度を高めることができればよいわけですが
中々実際には難しいこともあります。

船井総研が過去に従業員満足度調査を実施した
企業の中でも特に優れた取り組みを行っている企業の調査結果をみると、
「この医院の社員は自身の職種や業務内容に誇りを持っていると思う」という項目が、
従業員満足度アップに最も影響する項目となっています。
(2016年調査結果)。

その他「意見の言える雰囲気」「医院に必要とされていると感じる」
「チャレンジできる環境」等、
自身の仕事に誇りをもち、主体的に働ける環境の有無が、
従業員満足度を高めるためのポイントとなることがわかってきました。

もちろん、給与も従業員満足には影響するのですが
それ以外の部分の方が、従業員満足に影響するということがいえる
という結果になっています。

皆さまの医院におかれましても、
医院の仕事にどのようなことを
スタッフさまが求めているのかということを考えていただく
きっかけになればと思います。

従業員満足調査にご興味ある方がいらっしゃいましたら
下記までお問い合わせください。
matsutani@funaisoken.co.jp


【執筆者:松谷 直樹】
  • facebook 0
  • はてなブックマーク 0
メルマガ登録