歯科医院の経営のことなら船井総合研究所まで

トップページ > メルマガバックナンバー > 「メンテナンス厳格化に伴うSPTⅡ・自費メンテナンス」
メルマガバックナンバー

「メンテナンス厳格化に伴うSPTⅡ・自費メンテナンス」

皆さん、こんにちは。
歯科経営コンサルティングチームの辻です。

本日は「メンテナンス厳格化に伴うSPTⅡ・自費メンテナンス」についてお話致します。

現在、保険の厳格化でメンテナンス領域の算定が厳しくなっていると言えます。
事実、そうなっております。
私がお手伝いしている歯科医院様でも昨年の1年間の間で、
3ヶ月の間隔でのメンテナンスの算定が厳しくなり、
6ヶ月の間隔に変更致しました。
それはこちらの医院に留まらず、
各地で徐々にですが、そのような流れになっております。
恐らく都心部でもそうなる日は近いです。

ではそうなる前にどうしたらいいかという疑問を抱くかと思います。

今、大きな選択肢としては、
SPTⅡ・自費メンテナンスといった2点の強化が生き抜くコツだと思います。

SPTⅡは既に算定している医院様もおられるかと思います。
算定出来る金額もSPTⅠよりも高いので、
しっかりと生産性が取れている医院様も多いのではないでしょうか。

ただここで留意して頂きたい点が、
SPTⅡに頼り過ぎては危険だと言うことです。
もし保険の改正が実施され、SPTⅡの点数が大幅に減ってしまう、
算定出来なくなるといった可能性があるからです。

そのため、やはり自費メンテナンスという比率を少しでも上げていくのが望ましいです。
自費メンテナンスの受診が多い医院様はデンタルIQの高い患者様が集まるようになり、
自然と自費率も上がっていきます。
また保険に振り回されないので、安定的な経営基盤を築けるとも言えます。

このSPTⅡと自費メンテナンスをうまく使いこなすこと、
バランス良く適応していくことが今後の流れと言えます。


と言っても
何からはじめたらいい
もっと自費メンテナンスの比率をあげたい
メンテナンスの体制を変えたいけど、どうすればいいかわからない
治療中心の体制から脱却したい

そんな方のために、SPTⅡ、自費メンテナンス両方の内容・導入から定着までの
【自費メンテナンス導入成功セミナー】を実施します!!



~~~~自費メンテナンス導入成功セミナー~~~~~

☆★無料レポートダウンロードはこちらから☆★
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/013414.html

詳細とお申込みは下記からお願い致します!
東京・大阪・福岡3会場!席も限られてますので、お申込みはお早めに!!
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/013414.html


日程が合わない方はDVDの検討を!!


~~~~予防革命DVDのご紹介~~~~~

【予防革命】
なぜあの医院は患者様が30年通院し続けるのか?
あなたの医院に健康意識の高い患者様が集まる予防診療の極意DVD

第1巻:歯科医院マル秘リコール92%の極秘
第2巻:「歯周病専門外来」の立ち上げ方
第3巻:「予防革命」自費メンテナンス編

全巻セットでお得!!
全て効果実証済みのツール・テキスト付き!!
船井総研歯科チームが総力を挙げて集めた最新事例!!

↓↓詳細・お申込みはこちらから↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/goods/616015.html


【執筆者:辻 建三】
  • facebook 0
  • はてなブックマーク 0
メルマガ登録