歯科医院の経営のことなら船井総合研究所まで

トップページ > メルマガバックナンバー > 「歯科医院経営研究会レポート」
メルマガバックナンバー

「歯科医院経営研究会レポート」

こんにちは。歯科医院経営コンサルタントチームの松谷です。
今回のメルマガは私が担当させていただきます。

去る6月25日大阪、7月2日東京、9日福岡で弊社で主催しております
歯科医院経営研究会~フナイデンタルイノベーションの
例会を実施いたしましたので
本日はそのレポートをさせていただきます。

この勉強会は、2014年から開始したものですが、
現在では200の歯科医院様に参加いただくようになっています。

この勉強会の目的は、歯科医院としての業績も向上させながら
患者さまにさらに貢献できるような歯科医院を目指す、
そして、働くスタッフさんにとっても働きがいのある歯科医院づくりを
目指していくための勉強会です。

なにか、理想的な話をしているようにお感じになられるかもしれませんが、
実際いらっしゃる会員様を拝見していますと、
単に業績向上だけを目指しているという方よりも、
業績向上を目指しながら、同時に治療のクオリティを高めるための
技術研鑽、最新の機器の導入、スタッフ教育の実践、健全な財務体質への転換など、
医院自体の品質向上を目指している方が
特に多いように思います。

私たちは、上記のような医院を「グレートクリニック」と
定義し、そのような医院づくりを目指していかれる方のサポートをしています。

一方で、業績の向上には熱心だが、
医療品質の向上にはあまり熱心ではない
スタッフさんの労働環境、働きがいの改善には興味がない
といった方にはあまり適していないように感じます。

なぜ、そのようなことを申し上げるのかと言いますと、
今までは後者のようなクリニックでも、率直に言えば、
医院運営には大きな問題はなかったと思いますし、
開業から継承まで30年、40年と安泰に
クリニック運営ができた時代だったと思います。

しかし、現在は後者のような考え方では
クリニック運営を円滑に行うことは
明らかに困難になってきています。

まず、患者様におかれては、ウェブ上の情報収集を行うことは一般的で
そのウェブ上の情報自体も全て正しいものではないということを知っておられます。
従って、ウェブ上の情報に加えてリアルな患者様同士での口コミの中から
信用できる医療機関を探そうとしています。

次に、スタッフ採用という面においても、
今後の労働者人口の減少傾向から採用が困難になりつつあります。
もちろんどのような人でも構わないということなら、
採用は可能ですが、よい医療よい接遇を提供しようと思えば、
優秀な人を確保する必要性があります。
つまり優秀な人財の取り合いといった状況になっており、
そういった人財を確保するためには、
クリニックとしての労働環境の整備は必須の状況になってきています。

現代は既にそういった時代になっています。

具体的に上記の医院を目指していくためには何が必要なのでしょうか?
私たちは

・最新の歯科情報の定期的な収集
・異業種の経営者からのノウハウ
・同業の歯科医院院長からの刺激

といった3点が重要だと思っています。

今回は、最新の歯科情報に関しては、弊社歯科コンサルタントの小川純平より
最新のウェブ広告規制とその対策、ということで、
最新のノウハウと情報を提供させていただきました。

異業種のノウハウに関しては、
今回は弊社財務コンサルタントのメンバーより
・最新の資金調達法
・金融機関とのかかわり方といった情報提供をさせていただきました。

私どもの歯科医院経営研究会~フナイデンタルイノベーションは
そういった仕様にしております。

1回のみお試し無料参加が可能ですので、ご興味ありましたらご検討ください。
お申し込みは下記から可能です。
http://urx3.nu/EGN3

【執筆者:松谷直樹】

  • facebook 0
  • はてなブックマーク 0
メルマガ登録