歯科医院の経営のことなら船井総合研究所まで

トップページ > メルマガバックナンバー > 「OISDE主催 か強診認定セミナーのご案内 10月29日(日)東京開催」
メルマガバックナンバー

「OISDE主催 か強診認定セミナーのご案内 10月29日(日)東京開催」

皆さんこんにちは。
船井総合研究所の磯野です。

今回は10月29日(日)に東京で開催予定の
「OISDE主催 か強診認定セミナー」をご案内させていただきます。

↓セミナー詳細ページ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/oisdeseminar


早速ですが、
皆さんの医院ではか強診をすでに取得されていますでしょうか?

2016年から施設基準として新設導入されましたが、
今年4月時点での申請件数が7,031施設で全国の歯科診療所の約10%とのことです。

これを見るに、あまり導入が進んでいないような印象を受けます。
皆さんの中にも導入したいけれどもお悩みの方はいらっしゃるのではないでしょうか?


少し前の6月20日の歯科新聞の記事では、
か強診の未届出施設の約500施設が回答した結果、
「口腔外バキュームの導入」「訪問診療の算定実績」が困難と回答した割合が
双方とも約36%を占めたという話が挙がっており、
「そこまで無理して取らなくても良い」と考えたり、
「周りがそれほど申請していないので今は必要ない」とお考えになられるケースもあるでしょう。

特に後者はか強診を取得後に、
訪問診療についてレセ枚数の増やし方などやり方が分からず、
結局やらずじまいになってしまうこともよく聞きます。

それではもったいない話ですので今回、船井総研も共同して、
取得したか強診を最大限に活かせるようにするためのセミナーを協同して行うことにいたしました。


対象者は、まだか強診を申請されておらず、
医療安全などを始めとする各研修を未受講の方としています。



今回主催するOISDEですが、
Organization of International Support for Dental Education、
特)歯科医学教育国際支援機構という組織で、
金属回収事業を行い、カンボジアやラオスなどへの歯科教育のボランティア活動をしているNPO法人です。

今回のセミナーでは、
・高山史年/日本有病者歯科医療学会 理事
・宮田隆/明海大学歯学部付属明海大学病院 元病院長
・馬場安彦/明海大学歯学部歯科補綴学講座 非常勤講師
が各研修にご登壇いただきます。


さらに今回、
船井総研が入ることでの開催内容の違い、プラスアルファについてお話します。

上記の「訪問診療の算定実績」が困難であるといった声や、
か強診を取ってからの「訪問診療の拡大方法」や「外来診療におけるSPTⅡの考え方」など、
その後のアフターフォローの環境をより充実させようということで、
今回船井総研がそこを事例セミナーでフォローする形で開催できればと考えています。


実際に、か強診の施設基準を取られた医院様のメリットにあたる声を聴いていますと、
「エナメル質初期う蝕管理」や「SPTⅡ」を主として、
「全体的に点数が1割近く上がった」といった直接的に業績に効果があったという声が比較的多いのですが、
実はそれだけでなく、しっかりと待合室などに標榜すると患者さんが見られるようで、
結果として患者さんの安心感を誘ったり、信頼を得る機会になることがあるようです。

実際にこれも同日の歯科新聞の記事に、
患者調査の結果として、「安心感を感じると回答した方」が90%を超えていました。

か強診の施設基準の取得に関して、
どうしても単に点数だけを追いがちかも知れませんが、
このように患者さんに対して、
その基準を満たした医院であることをしっかりとアピールもしていくことが大切です。
もちろん元来では、このか強診の取得は「在宅医療の充実のための第一歩」という位置づけでもあるので、
今後間違いなく必要である訪問診療のきっかけにもしていただきたいものです。


このか強診の申請に関して、
今はまだ導入期ということで申請の基準もまだ緩いかと思うのですが、
早くて来年4月からもしかすると申請基準が難しく変わるかも知れません。

と言いますのも、来年はご存知の通り医療介護の同時報酬改定ですので、
また大きく在宅医療についても動くことが予想されます。
すでに中医協の議事を追っていますと、かなりの数で在宅医療のテーマは挙がっています。

国としては歯科も医療介護連携を図ってもらうことで社会保障費を削減して欲しい訳ですから、
その連携に係る内容も申請基準にさらに加わり、
今後か強診を取る条件が厳しくなる可能性も十分に考えられます。


是非この機会をお見逃しなく、ご検討ください。



【セミナー開催情報】
<OISDE主催 か強診認定セミナー>
名称:平成30年度同時報酬改定に向けた、か強診・外来環・歯援診・医療安全のための研修会
日時:10月29日(日)13:00~17:00
会場:TKP新宿カンファレンスセンター カンファレンスルーム5C
住所:〒163-0990 東京都新宿区西新宿1-14-11
参加費:撤去冠金属多少に関わらず、金属持参者に限り無料(無い場合は一人5000円)
修了証発行料:金属持参者に限り無料(無い場合は15000円)
申込:https://peraichi.com/landing_pages/view/oisdeseminar

問合せは、
yanogen@gmail.com(担当 谷野)


【当日の講座内容】

第一講座:感染症対策等の医療安全対策に係る研修
第二講座:高齢者の心身の特性、口腔機能の管理に係る研修
第三講座:偶発症に対する緊急時の対応、医療事故、緊急時対応等と食支援に係る研修
第四講座:か強診を最大限に活用する外来メンテナンスと訪問歯科の展開における成功事例の講話



【執筆者:磯野 幸史】
  • facebook 0
  • はてなブックマーク 0
メルマガ登録