「ありがとう」を言い合おう!

2011年06月07日 (火)

コラムテーマ:
こうすると職場環境は活性化する

皆さん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

ただいま、福島県の歯科医院に訪問させて頂いておりました。

先日、大阪の歯科医院さんのところで、面白い取り組みをしていました。

私たちも、よくクライアントさんのところで提案していますが、

「ありがとう」プロジェクトです。

(「ありがとうカード」がずらっとスタッフルームに貼り付けてある)
戸澤良親の医療コンサル珍道中日記-ありがとうカード

「ありがとう」という言葉は、何気ないところで、発していますが、

こんな効果があると私は思います。

・職場全体の雰囲気が明るくなる


・コミュニケーションが取りやすくなる


・人を素直にさせる威力を持っている

「ありがとう」、「ごめんなさい」、「おはようございます」、「さようなら」・・・

このような基本的なコミュニケーション用語を発する数が多ければ多いほど、

人としての魅力が高まり、

人としての成長が早まります。

リッツカールトンホテルは、従業員同士の「ありがとうカード」の数が

賞与や昇給に反映したりもするシステムがあるそうです。」

船井総研でも、「ありがとうプロジェクト」は行っています。

皆様も、ぜひ、実践してみてください!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る