「朝令暮改」ではなく「朝礼朝改」

2009年11月01日 (日)

コラムテーマ:
異業種のノウハウ

こんにちは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

昨日の午前9時にNHKの「経済ワイドビジョンe 」という番組を見ておりました。

そこで、ショッピングビルの「ルミネ 」の会長の花崎淑夫さんが出ておられました。

「ルミネ」とは関東圏のJR駅ビルに隣接する、ショッピングビルです。

百貨店業界が減収減益の中(2008年度は全国の主要百貨店98社、6割が減収、4割弱が赤字だそうです。)

1999年度から10期連続で増収増益という業界でも好調企業です。

歯科業界に例えると、毎年、150%の増収増益を上げているというイメージでしょうか。

お話されていたポイントは「朝礼暮改ではなく、朝礼朝改を行うということ、もし良いとわかれば、その場で変更していく事が大事」だと。

例えば、1年間にビルの中に入っている店舗の2割を別の店舗に変えるということを行っているそうで、通常の百貨店では考えられないことです。

印象に残ったのは、「わざわざ来店いただくに足るようなサービスを提供できているか」ということだけを考えて改善をされてきたそうです。

他社と同じことをしていては同じ結果になりますが、それを上回るスピードで改善ができれば、先んじて顧客の評価を得られるということではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

ページのトップへ戻る